漫画家先輩(第1巻)の初回特典と感想。もはや本人の自虐漫画!!?

今回はもう何本目の作品になるか分からない松林悟先生の「漫画家先輩」を紹介します。

内容自体は綺麗に終わっており、更にナンバリングもされていませんが、作者のサイトを見る限りでは現時点で15話(1巻は9話まで収録)掲載されており、完結しているわけではないようです。
良かった………。

※未確認ですが電子書籍版では単行本よりも話数が多いようです(単行本では1~9話収録です)

漫画家先輩【電子特別版】<漫画家先輩> (ドラゴンコミックスエイジ)
KADOKAWA / 富士見書房 (2015-10-09)
売り上げランキング: 9,482

特典

漫画家先輩 特典
4Pリーフレットでした(とらのあな特典)

内容紹介

町田太郎、漫画家としてパッとしないまま早10年。大学漫研に絵画教室、居酒屋、ファミレスと、現世を彷徨う先輩の約束の地は…駐車場バイト!?
奇才・松林悟の現実と虚構、恍惚と不安が交差する現代の特異点!!

Amazonより引用

感想

架空の漫画家である町田太郎(32)の創作話なのか、作者である松林悟先生の実体験に基づく実話なのかは不明ですが、かなり熱が入ってます(どう考えても実体験な感じですが)

そしてこの作者においては非常に珍しく(というか初めて?)ロリキャラが出てきません。
出てくる女性キャラは大学生か社会人です。

内容としてはダメ漫画家である町田太郎が、無条件でチヤホヤされたくて母校の漫研に顔出してみたものの、誰も知らなくて、唯一名前を知ってくれていた人には
漫画家先輩003
(恐らくデビュー作だけの)一発屋と思われたり、
漫画家先輩002
(恐らくデビュー作以外では)1巻完結ばかりやっていたせいで、漫画の描き方もそうなってしまったり。
あとは鬱になったと思ってメンタルヘルスに通ってみたり、意気揚々としてエントリシート出したら2時間後にお祈りメール貰ったり。
漫画家先輩001
担当から得意分野を禁止されて、更にダメ出しを食らう。
そんな松林悟町田太郎の活躍が見られる漫画です。

松林悟先生のデビュー作である「ロリコンフェニックス」以来、大半の作品は購入していましたが、今作はさすがにハイテンションギャグが少なめに感じました。

まぁ担当から「ロリ・マッチョ・セクハラ禁止令」が出されたのかも知れませんね。
しかしと言っても、自虐ネタが多いにも関わらず暗い話はほぼなく、笑える話ばかりなので読んでいて気分が悪くなるといったことはありません。

漫画家や漫画家を目指している方には更に面白く感じるかも知れません。

あとがき&まとめ

一世を風靡した(かも知れない)「ロリコンフェニックス」から既に10年近く経ってるんですね。
そのタイトルと内容ゆえに人に公言しておススメできる作品ではなかったですが、個人的にはテンポの良いギャグは凄く好きでした。

当時は所持してることを公言できませんでしたが。

ちなみにカバーの帯には蛭子能収氏が寄せ書きをされています。
私の中の印象ではバスに乗り継いでいるタレントとして上書きされてしまっていますが、本業は不条理漫画を描く漫画家ですよね………。

いかんせん紙媒体では殆ど絶版されている為、本屋に並んでいる印象が皆無なことと、本人自体が面白すぎるおっちゃんであるせいで、どうしても漫画家と言う印象があまりありませんね。

そんなこんなで、今作は

  • ロリが登場しない新しい松林悟の作品を見てみたい方に
  • 漫画家を目指している方に

おススメかも………知れません?
今までの松林作品と雰囲気は違いますが、作者の作品が好きなら十分楽しめる内容かと思います。

作品がかなり多いので、個人的に好きだった作品を上から3つ挙げます。

ロリコンフェニックス(1)<ロリコンフェニックス> (ドラゴンコミックスエイジ)
KADOKAWA / 富士見書房 (2012-09-01)
売り上げランキング: 9,984
魔王さまのペロペロ計画<魔王さまのペロペロ計画> (角川コミックス・エース)
KADOKAWA / 角川書店 (2013-09-12)
売り上げランキング: 7,708
廃人様のエンドコンテンツ<廃人様のエンドコンテンツ> (角川コミックス・エース)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-09-01)
売り上げランキング: 6,610


メディア

【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
中村ひなた先生の『やさしいヒカリ』(第1巻)の感想です。 中村ひなた先生は今作以外では、主にイラストを描かれていたようです。 中村 ひなた 講談社 (2018-11-07) 作品紹介 例えば、どこか遠くで暮らすとしたら――。 息つく暇のない生活を送るサラリーマン・三宅が再就職で行き着いたのは、穏やかに時間が流れる月輪島。 女子高生が案内人の、新たな暮らしが始まる! 潮風薫るリラックス・ドラマ開幕!! 激務のサラリーマン生活を辞めた主人公の三宅飛鳥が、離島の簡易郵便局の局長をする為に月輪島に行くことから物語が始まります。 月輪島の簡易郵便局へ転職した主人公の三宅 感想 優しい時間の流れ 物語冒頭では激務で死にかけている主人公・三宅の描写があり、それ以降は非常にゆったりとした流れで描かれています。 ほのぼのとした話が中心に描かれており、三宅とヒロインの女子高生である日和子との掛け合いがホンワカとします。 三宅とヒロイン(?)の日和子 第1巻では簡易郵便局での話はあまりなく、基本的には島民との交流を中心に描かれています。 その描写の中

続きを読む

【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~
【大好物】ずっと男の子だと思ってたのに、お前女だったのか!
【漫画】多田乃伸明先生『鬼の又鬼のアモ』(第1巻)感想~濃厚な和風テイストのするファンタジー作品~
【漫画】詩原ヒロ先生『オンラインの羊たち』(第1巻)感想~現代へのノスタルジーを感じよう~

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

『流れ星に願うほど僕らは素直じゃない』(1巻)感想。挑戦的な作品!?
春の包帯少女(全4巻)佐藤ミト 著 を読んだ感想について。
【漫画】森つぶみ先生『月曜から金曜の男子高校生』(第1巻)初回特典・感想
【漫画】横槍メンゴ先生『めがはーと』感想 愛と命をめぐる、読み切り作品集
【漫画】金沢真之介先生『クノイチノイチ!』(第1~2巻)初回特典・感想 全くノ一が激怒するであろう問題作
【漫画】七尾ナナキ先生『ピウイ~ふしぎないきもの~』感想~ふしぎなふしぎな生き物~
スイッチウィッチ1~3巻(茂木清香)心の襞を鋭く突く衝撃作。(グロ注意)
【漫画】岡本健太郎先生原作、さがら梨々先生漫画『ソウナンですか?』(第1巻)初回特典・感想 そうなんです!
【漫画】きただりょうま先生『ド級編隊エグゼロス』(第1巻)初回特典・感想
【漫画】岡本倫先生原作、横槍メンゴ先生作画『君は淫らな僕の女王』(第2巻)初回特典・感想 絶妙なバランスで成り立っている奇作