湊かなえ『ユートピア』概要・感想。「良くわからない作品は支離滅裂な作品より恐ろしい」

今回は湊かなえさんの『ユートピア』のご紹介です。

「善意は悪意より恐ろしい」これが本作のキャッチコピーとされています。

ユートピア

概要

海辺の美しい街「鼻崎町」で出会った女性たちによって展開されるストーリー。

仏具屋の妻である堂場菜々子の娘久美香は交通事故で足が不自由になったが、友達想いである相葉光稀の娘、彩也子の作文がきっかけとなり、基金を設立。外から越してきた陶芸家星川すみれが主となり、翼をかたどった陶器「クララの翼」を広く販売することに。

その中で起こる様々な嫉妬や羨望などの泥々とした思いの交差、5年前の殺人事件、誘拐事件など重苦しい世界が背景にありながら、とある真実をもとに、話が収束してゆく。

というのが概要です。

これだけでも思惑の交差が甚だしいのがわかりますね。なにしろ足を悪くした娘と「クララの翼」を作る人が全くの別人なんですから、すでに話のもつれ具合が見えてきそうです。

ただまあなんというか、純粋にミステリーを楽しみたい人向けではないですね。

極論を言えば作品内で誰も人は死なず、登場人物らの閉塞感マックスの感情の吐露が続く、パッと気持ちの冴えない作品だなという感じでした。

登場人物の名前がややこしい

本書の登場人物は名前もキャラ性向も似たり寄ったりで、誰が誰か区別するのが難しいです。

足を悪くしている娘が久美香、そのお友達が彩也子、とご丁寧に漢字三文字で整えている。その母がそれぞれ菜々子光稀ですから、親子関係でも名前の使い方に統一感がありません。

あと、相葉光稀 を「こうき」って読んで男の人だな…と思ったらもうややこしい。それを防ぐために登場人物解説があるんですが、どうせならフリガナを振ったらどうなんだろうなと正直思います。

こういうのって感想としては邪道なんですかね…… そういう不親切さって別に誰も気にならないんでしょうか。

人の妬み嫉みってそこまで激しいのか

仮にも人の不幸を支えようとする行為について、掲示板では四方八方で批判の的に晒されている、という状況ですが、今ではあまりそういった「学校裏サイト」のような小コミュニティの掲示板は時代遅れで、今やほとんど機能していないのではないかと思います。

クララの翼」という名前の付け方からしてみても、久美香が何故歩けないかの原因が推察できるようなものですが(作中ではメンバーも後からそれに気づいた、としていますが)、それにしても、外部の人間らは、そこまで善行をいたぶるものなのか、他人にそこまで執念を燃やし尽くせるものなのか、その過剰性に疑問を感じます。

仮にそれほどまでに人間の嫉妬が烈しいのであれば、『人生の楽園』に出てる人なんて、もはや街にいられたもんじゃあないですね。

人間感情の負の部分を引き出しすぎて、逆に不自然に思えます。

オチは

一方本作のオチは考えようによってはなかなか深いものではあります。本書を覆う謎も、ゆるやかに全て解明してくれるのは流石といったところです。

タイトルと絡めて本作を考えると、「ユートピア」の在り処は一体どこにあるのか、哲学的にさえなれることでしょう。

筆者の巧さがどこにあるかというと、気持ちが沈むばかりのストーリーの多重層の中で消去法的に見えてくる希望を演出するところにあるのではないかと思います。

結びに

もともと湊かなえさんの作品は男女によって好みがよく分かれるように思います。私は『告白』『少女』『夜行観覧車』と初期作品しか読んでいません。

「イヤミス」(嫌な気持ちになるミステリ)と語られる彼女の作品ですが、個人的にはそこまでのめり込める分野ではないようです。

しかし、「ユートピア」とはどこにあるのか? をより現実路線の思考で考えてゆくのであれば、この本が一つの道標になるような、そんな気もします。


ユートピア

ユートピア

posted with amazlet at 16.01.03
湊 かなえ
集英社
売り上げランキング: 2,682

【革新】あの脳機能改善教材が復活

新聞各紙・メディアで紹介され、老若男女問わず様々な方に注目されている、

知力革命教材、レボリューシナプス。

作者の奥様の、末期くも膜下出血からの奇跡の回復(エピソードはこちらから)のエッセンスが詰まった教材であり、ご高齢の方だけでなく、受験勉強をされる学生などにも圧倒的な支持を得ています。

メディア

【若者の本離れ】読書時間ゼロ…高校生31%、大学生48%wwww
1: プティフランスパン ★ 2019/03/09(土) 22:03:56.52 ID:mAiV2ts+9 大学生の48%が読書時間ゼロ 小学校では読んでいたのに中→高→大と進む本離れ 2019.03.08 http://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/4995 全国大学生活協同組合連合会(全国大学生協連)が2月に発表した「第58回学生生活実態調査」では、1日の読書時間が「0分」という大学生が半数近くに上った。高校時代に読書をしていない人の多くが大学に入っても本を読まない傾向にあるという。 ◇ 大学生の26.7%は1日60分以上読書 調査は、2018年秋に行われ、30大学の10980人の回答を集計した。読書時間の平均は1日30.0分で、前年の調査より6.4分増えた。48%の人が読書時間「0分」だった一方で、読書時間が60分以上の人が26.7%いる。 読書をする人としない人で分かれているのが現状だ。0分の人を除いた平均時間は、60.3分だった。 ◇ 書籍に使うお金は月に2000円未満 1か月に書籍

続きを読む

【悲報】SAO、韓国人を悪者に描いてしまい在日発狂
【(´・ω・`)知らんがな】ラノベ『女勇者に自分の性奴隷にならないとパーティを追放すると脅され』 不適切発言で打ち切り
【謎】コンビニの本コーナーにある「日本海軍の秘密兵器」など太平洋戦争本って誰が買ってるのん(´・ω・`)?
【小説】お前らドストエフスキー読んだことある? 日本の若い世代でも知的にすぐれた層は

「本の感想」記事をもっと見る

本の感想 人気記事

【悲報】なろう作家さん、Amazonの☆1レビューに憤慨、業務妨害罪としての法的手段を検討か(まとめ)
河野裕『いなくなれ、群青』感想。何を捨て、何に捨てられたのだろうか
朝井リョウ『世にも奇妙な君物語』あらすじ・感想。これは…………すごい!!
「火花」感想・考察。「向こう側」への人間の羨望がここにある。
中田永一『私は存在が空気』概要・感想。好き嫌いが分れる「とりあえず」作品。
【読書感想】三秋縋『三日間の幸福』の感想。”幼馴染属性殺し”「ノルウェイの森」(ネタバレ注意)
【名文集】なろう小説にありがちな失敗wwwwwwwwww
【書籍】タイトルを手がかりに空想読書会を繰り広げるハルキストがいるらしい
【朗報】「自軍300、敵軍5000の戦闘で9割勝てる戦術」のなろう小説がガガガ文庫から書籍化決定!!
【朗報】なろう作家さん、異世界の厳しさに打ちのめされて無事死亡(まとめ)