懲役339年(全4巻)感想。漫画と言うには勿体無い、映画のような作品だった。

伊勢ともか先生のデビュー作である「懲役339年」(全4巻)を紹介します。
3巻までのレビューはこちらをご覧ください。

懲役339年(4) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2015-08-12)
売り上げランキング: 473

あらすじ

神の教えである「教典」を真理とする、転生や生まれ変わりが信じられている、ある国のお話。
この国では、大罪を犯した者が刑期を残したまま獄死すれば、その生まれ変わった者が魂を浄化するために再び収監される。
とある罪により懲役339年という刑期を科せられたハロー・アヒンサーは319年の刑期を残して獄死。
この物語はハロー・アヒンサーの魂を受け継ぐ、何人かのハローアヒンサーを中心として描かれていく。

感想

色々な視点から見ることの出来る作品

教義や出展など不明ながら「教典」を中心に描かれており、様々な角度からこの作品を読むことが出来ます。
例えば、初代から最後のハロー・アヒンサーを追い掛けて読み解いてもいいです。
他にはアーロックとその日記の意義を追い掛けてもいいかも知れません。

コンパクトにまとめられた作品4巻でこれでもか、という感じに人物の動きや世界観を盛り込んでいます。
「魂は受け継がれる」という意味を理解できる作品かも知れません。
盛り込み過ぎに思えながら、それでも食傷気味にならないのは、話の根幹に「教典」がしっかりと刻み込まれているからでしょう。
読み終わった後には、「心に残る壮大な映画を見た」ような感覚になります。
読んでいた、ではなく、観ていた、そんな表現が相応しいかもしれません。

気になった点

序盤は仕方ない側面もあるのですが、2代目と3代目の話があまりにもサラッと流れたのは気になりました。
「掴み」の部分であるので、あまり内容をてんこ盛りにし過ぎれなかったのでしょうが、とても勿体なく感じました。
アーロックとハロー・アヒンサーの関係は、もう少し掘り込んで欲しかったです。

Kidle版に注意

ちなみにこの作品にはB-SIDEというオマケ四コマが入っているのですが、最終巻である第4巻はページの都合からかカバー裏に入っています。
Kindle版にはこのカバー裏が入っていないようなので注意が必要です。

お気に入りのキャラ

ミョンドとディスコ

作中では数少ない、神を信じてるキャラ二人が出会うことはなかったですが
敬虔な信者であるミョンド
懲役339年005
そして狂信的な信者であるディスコ
懲役339年001
「教典」が本当に信じられていた世界なら、ここまで翻弄されることはなかったかも知れません。

法皇ユースティティア8世と6代目ハロー・アヒンサー

懲役339年002
操り人形みたいな幼かった二人が、終盤で一気に成長した展開は心に来るものがありました。
やはり最後はこの二人で締めてくれました。

オレンジマン

4代目ハローから出てくる、今作の敵です。
皇憲隊でありながら神を信じていない
鉄仮面のような無表情なキャラでしたが、
懲役339年003
最期は感情をむき出しにしてハロー達に襲い掛かります。
懲役339年004
自分の理解者が倒すべき相手という、まるで主人公のような設定でした。
彼もまた、ハロー・アヒンサー達と同じように「教典」に振り回された犠牲者と言えるでしょう。

現代の二人

懲役339年005
色々な考え方が出来ると思いますが、物語が終わった後の余韻の中でこんな話を最後に持ってくるとは。
生まれ変わりが否定されるような話の展開だったのに、生まれ変わりがあるようなことを仄めかすエピローグでした
物語の、本当の意味での締めの話でした。

素晴らしくまとめられたこの作品、みなさまも是非一度「観られて」はいかがでしょうか。

懲役339年(1) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2014-08-18)
売り上げランキング: 587
懲役339年(2) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2014-12-12)
売り上げランキング: 575
懲役339年(3) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2015-04-10)
売り上げランキング: 495

参考になりましたら
いいね!お願いします


メディア

【漫画】ラムネ村シュワ太先生『ギャル☆クリ!』(第1巻)初回特典・感想~ギャルと汚部屋のハイブリッド作(ある意味閲覧注意)~
ラムネ村シュワ太先生の『ギャル☆クリ!』(第1巻)の感想です。 ラムネ村シュワ太先生の初単行本作品なようです。 ラムネ村 シュワ太 講談社 (2018-06-08) 初回特典 イラストカードでした(メロンブックス購入特典) 作品紹介 パンツが見えてもノープロブレム! そんなスーパールーズなギャルと、ギャル嫌いのメガネ君がなぜか一緒に共同生活。 しかも、彼女の住む家は、カオスそのもののゴミ屋敷だった……。 “お掃除(クリーニング)男子meetsモンスターギャル”ラブコメ、ピカッとスタート!! 俺はギャルが嫌いだ。 ガサツで無遠慮、羞恥心のカケラも無い。 ほら今だってパンツが見えてるっつーの! なのに、なんで俺がアイツと同じ家に住むことに!? しかも、このゴミ屋敷を片付けろだと。 なんの罰ゲームだよ、コレ!! Amazonより引用 ギャルが苦手で嫌いな主人公の加地大輔が、借金の関係から同級生でギャルの家賀千里子の家に転がり込むことから物語が始まります。 ギャルが苦手な主人公の加地大輔 感想 ギャルと汚部屋 皆さん、汚部

続きを読む

【漫画】コハラモトシ先生『死神見習! オツカレちゃん』(第1巻)感想~頑張っても報われない、そんなあなたにこそ読んで欲しい作品~
【漫画】中川ホメオパシー先生『なかよし番外地』(全1巻)初回特典・感想~強面二人組が織りなす、なかよし物語~
【漫画】鯨川リョウ先生の『マルセイ!!』(第1巻)初回特典・感想~ギリギリを攻める、その意気込み~
【漫画】須賀達郎先生『帷子しずくはリードしたい!』(第1巻)初回特典・感想~幼馴染みと野球の組み合わせは正義………~

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

【漫画】ミウラタダヒロ『ゆらぎ荘の幽奈さん』(第1巻)初回特典と感想。
スイッチウィッチ1~3巻(茂木清香)心の襞を鋭く突く衝撃作。(グロ注意)
【漫画】小西幹久『リィンカーネーションの花弁』(3~4巻)初回特典と感想。
会社の奴には絶対知られたくない(全1巻)狂気と正気の描写の狭間で一体何が起こるのか!
ハッピーシュガーライフ(第1巻)初回特典および感想。『TARITARI』執筆陣の気鋭の新作!アンバランスさがやみつきになる!
加藤片『良い祖母と孫の話』(全1巻)の感想記事。全ての家族に届けたい、渾身の作品
【漫画】季月えりか『千恋*万花』(第1巻)初回特典と感想。よい宣伝漫画。
【漫画】白正男&山戸大輔先生『テコンダー朴』(第2巻)感想 差別と戦い続ける主人公が感動的な作品
【漫画】横槍メンゴ先生『めがはーと』感想 愛と命をめぐる、読み切り作品集
【漫画】寺井赤音先生『あまちんは自称♂』初回特典・感想 うーん…酷い!(褒め言葉)