今年7月、女性から現金などを盗ん疑いで大分市の男が逮捕されました。 事件概要 窃盗の疑いで逮捕されたのは、大分市の飲食店従業員・柴田裕司容疑者(26)。 警察によれば、柴田容疑者は今年7月、大分市内のビルで、会社員の三宮万葉さん(31)から現金や手提げバッグなど約6万円相当を盗んだ疑いが持たれている。 被害者の三宮さんは、同じ日の夜、現場近くの路上で遺体で発見、所持品なく、ビルから転落して亡くなったと推定されている。 ビル転落時間は午前8時6分から30分の間で、柴田容疑者の窃盗時間と同一時刻とされており、警察は関係を調べている。 なお柴田容疑者は、犯行容疑を否認しているという。 ニュースソース:NNN 容疑者について 柴田裕司(26) 住所:飲食店従業員 住所:大分市 その他SNSなど:同姓同名が多いため特定困難 事件発生場所について 大分県大分市都町2丁目5-21 salonModena内(推定)  ...