兵庫県姫路市の山林脇の路上で、人の頭蓋骨が見つかりました。警察官が捜索したところ付近で大腿骨の一部も見つかり、県警が身元の確認を進めています。 概要 2月19日午前9時ごろ、姫路市下手野で散歩中の男性から「人骨のようなものが落ちている」と110番通報があった。 警察によると、山林脇の路上の真ん中あたりで、性別不明の人の頭蓋骨が見つかり、さらに警察官が付近を捜索したところ、20メートルほど離れた場所で大腿骨の一部も見つかったという。 頭蓋骨は斜面を転がり落ちてきたとみられているが、周囲で衣服や所持品などは見つかっておらず、警察は身元の確認を急ぐとともに、事件性があるのかどうかについても調べる方針。 ソース:MBS 事件発生場所 兵庫県姫路市下手野 画像出典:MBS ストリートビュー 人骨が見つかった現場は、「びんぐし山荘」という宿泊施設に続く細い道で、あまり人通りはないようです。 ネット上の反応 引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487562858/ 7:...