広島県三次市の貯水池に重機が転落し、操縦していた男性が死亡しました。現場では貯水池の埋め立てが行われており、男性は池の水をかき出す作業を行っていたとのことです。 概要 4月27日午前8時20分ごろ、広島県三次市の貯水池で「重機が池で横転した」と作業員から119番通報があった。 消防が駆けつけ、重機を操縦していた重友基伸さん(40)を救出したが、搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。 現場では、メガソーラーを設置するために貯水池の埋め立てが行われていて、重友さんは水をかき出す作業をしていたという。警察は、重機が旋回する際にバランスを崩し、横転したとみて詳しい事故の原因を調べている。 ニュースソース:ANN 事故発生場所 広島県三次市君田町藤兼 画像出典:ANN 画像で見る限り、泥や草が多く沼のような印象を受けます。 ネット上の反応 via:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1493286504/ 3: 2017/04/27(木) 18:50:50.51 ID:...