京都府大山崎庁の配管工事現場で土砂崩れが発生し、作業員の男性2人が巻き込まれました。 2人はドクターヘリで病院に搬送されたということですが、意識不明の重体となています。 概要 1月20日午前10時ごろ、京都府大山崎町円明寺の工事現場で土砂が崩れ、作業をしていた10代と50代の男性作業員2人が巻き込まれた。 京都府の乙訓消防組合消防本部によると、2人はドクターヘリで病院に搬送されたが、いずれも意識不明の重体だという。 現場では下水管を埋めるため、深さ2.5メートル、幅1メートルわたって地面が掘られていて、20日は4人で土の壁を固める作業にあたっていたという。 ソース:NHK 事件発生場所 京都府乙訓郡大山崎円明寺 画像出典:NHK  ...