君死ニタマフ事ナカレ(第1巻)初回特典と感想。作画最高!原作最強!?

原作にはヨコオタロウ先生、作画には森山大輔先生、倉花千夏先生が制服デザイン原案をされている「君死ニタマフ事ナカレ」(第1巻)を紹介します。
第2巻の紹介はこちらです。

ヨコオタロウ(横尾太郎)先生の代表作には

そして森山大輔先生の代表作には

などがあります。
先生の短編集などの紹介はこちらです

倉花千夏先生は

などをされており、豪華キャスト勢揃い、といったような作品です。

君死ニタマフ事ナカレ(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)
ヨコオ タロウ
スクウェア・エニックス (2015-10-24)
売り上げランキング: 744

特典

君死ニタマフ事ナカレ 特典
クリアファイルでした(メロンブックス購入特典)

内容紹介

超能力が科学によって解明された日本。
その力を軍事利用すべく「特殊能力高等学校」が設立され、戦う意味も知らぬまま戦場へと駆り出される生徒達。

飛び交う銃弾、希望の見えない敗走、友人達の死。
生と死が邂逅する戦場で、少女の手を取った一人の少年。
その先にあるのは希望か、それとも―――。

少年少女ダーク戦場ロマン、開戦。

裏表紙より引用

流し読みなら満点。

設定と描写は完璧なので、正直言えば、流し読みするだけなら満点に近い評価です。
ヨコオタロウ先生の設定から繰り広げられる、森山大輔先生が描写する可愛い女の子やイケメン集団のグロい展開。

「誰が、どういう行為をして、その結果どうなった」と読み解く必要がないぐらい、自然に物語の中で配置され、描写されています。

圧巻の作画。

森山大輔先生の作画は圧巻の一言。

文字を見ずに絵だけで見ていても、内容の見やすさ・わかり易さは他の作品よりも頭一つ抜けていると言えるでしょう。
君死ニタマフ事ナカレ002
(比較的マイルドな一コマ)

まあ細かい話、銃撃などを受けた時に人体がそんな弾け飛び方するのか、という疑問が発生したりもしますが、それは漫画的な表現で全く問題ないかと思います。

設定の妙味!

そしてヨコオタロウ先生の設定も面白いです。

戦争行為を禁止している日本が採用した苦肉の策として、銃砲を持たない特殊能力を持った若者が民間人的な扱いで紛争地域にNGOとして派遣される、と。

現実にありそうでないような設定で、多くの読者層の方が興味をそそらられるのではないでしょうか。

ちょっと作画頼みになりすぎたかも?

しかし本作の内容に関しては、どうも作画に頼りすぎなのではないか?と感じてしまいます。

漫画家としてもイラストレーターとして上手い森山大輔先生ですから、文字を読まなくても内容が理解できるレベルです。

そのため、直感的な感じでストーリーが進んでゆくため、内容が淡々としているようにも感じてしまいます。

要は絵だけ追い掛けても、「そこで何が起こっているのか、そのキャラはどういう心境なのか」が理解できてしまうのです。

これはひとえに突出した描写力の賜物ですが、一方で、文字に頼る部分が大きいであろう、状況の背景や未来に対する説明が(回想シーンや妄想シーンで補うことも可能ですが)付け辛くなっているように感じます。

物語開始直後に訳も分からず戦闘が開始され、途中でわずかに「なぜそうなったのか」の説明が入るものの、決定的な説明は全くないままに話が展開されます。読者には見えている必要がある未来のイメージが皆無です。

描写力に頼りすぎ、ストーリーの核となるべき部分に対する説明が及んでいない点が、内容としては若干不満の残る点です。

(むしろ世界観の説明に関しては作中より、裏表紙、またはAmazonの商品紹介の方が詳しいような状況です・・・)

そもそも気になる点が・・

下のコマを参考にしてください。

君死ニタマフ事ナカレ001

銃砲を持たない特殊能力を持った若者(主人公)の一コマですが・・

「………なんで日本刀なんて持ってるの?何か理由あるの?」

まあ彼女は近距離の戦闘要員なのでこの手の武器の携行は良いとしましょう。
しかし、派遣された若者の中には索敵や遠距離要員も存在します。そんな彼らが帯刀しているというのはどうしても違和感があります。

「銃は狙う・引き金を引く・発射される、という3動作が必要だが、ナイフだと狙う・切る、の2動作で済む」とは、しばしば格闘漫画などで説明がされるように、接近戦ではナイフ(刀)は意義があるかもしれません。

そうかんがえるとなおのこと、接近戦を想定としない彼らに帯刀させる意味はないですよね。

また、設定上彼らは「戦闘集団ではない」とされていますが、統一された服装を着て、堂々と武器を腰に付けてて、指揮系統は明確である集団が非戦闘集団であると主張するのは、いくらなんでも無理があり過ぎます。
彼らは物語の開始直後から帯刀・抜刀しており、ひとたび気になり始めたら、首をかしげて立ち止まってしまいます。

こういった疑問がいくつかあり、これらの謎設定が謎なままであったことが、私にはどうしても気になってしまい、いまいち物語に入り込めなかったかなと思います。

説明不足な状況から挽回出来たら名作になるとは思いますが、その前に読者がどこまで付いてくるでしょうか。

まとめ

最後はちょっと辛口になりました。

ヨコオタロウ先生か森山大輔先生、どちらかまたはどちらとものファンであれば2巻以降も購入を検討するでしょうが、そうでなければ、主要そうな人物がバンバン犬死するショッキングな漫画だなあという出オチで興味が終わってしまう可能性が高いと思います。

第2巻の発売は11月25日決定しており、(特に森山大輔先生のファンである)私は絶対に購入するものの、どうしても決定打に欠ける印象がある漫画だったな、というのが第1巻の感想です。
個人的に一番のマイナスポイントはあとがきがなかったことですね。
森山大輔先生のあとがきは大好きなのに、ガッカリ感は異常でした。

そんな感じで

  • ヨコオタロウ先生か森山大輔先生のファンである方
  • 主要そうな美少女・イケメンが簡単に犬死する系の漫画が見たい方

には、おススメできるかと思います。
2巻も読み終わり次第紹介したいと思います。

俺からは以上です。

森山大輔短編集 魔法医猫といばら姫 (電撃コミックスNEXT)
森山大輔
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015-11-26)
売り上げランキング: 4,377
どらっぐ おん どらぐーん ウタヒメファイブ 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス (2013-12-19)
売り上げランキング: 100,521
ドラッグ オン ドラグーン 死ニ至ル赤 (1) (ヤングガンガンコミックス)
映島 巡 ZET
スクウェア・エニックス (2013-12-19)
売り上げランキング: 60,879

参考になりましたら
いいね!お願いします


漫画・映画・アニメ

【漫画】須賀達郎先生『帷子しずくはリードしたい!』(第1巻)初回特典・感想~幼馴染みと野球の組み合わせは正義………~
須賀達郎先生の『帷子しずくはリードしたい!』(第1巻)の感想です。 須賀達郎は今作以外にも『マックミラン高校女子硬式野球部』(及び『マックミランの女子野球部』)や『2年2組のスタジアムガール』といった萌えと野球を融合させた漫画を多数手掛けております。 なお、須賀達郎先生の『マックミラン高校女子硬式野球部』は、私のランキングの一つである「野球漫画のおすすめはやっぱりこれ!独断と偏見のベスト25!」で第11位でした。 須賀達郎 泰文堂 初回特典 イラストカードでした(とらのあな購入特典) 作品紹介 厳つい見た目に反して気弱な性格が弱点のプロ野球選手、帷子ユウリ。 プロ入りしてから伸び悩んでいたユウリは、幼馴染の"しずく"とケッコンすることに。 ところが、しずくはユウリをぐいぐい引っ張る""女房役""だった…! ? Amazonより引用 東京スピードワゴンズの選手である帷子ユウリ<かたびら>と、その新妻であるしずくの野球×ラブコメ作品です。 幼馴染み二人のイチャつきっぷりが見ていて眩しい作品 感想 野球と、そして可愛い幼馴染み! 作

続きを読む

【漫画】あららぎあゆね先生『リンナ警部は呼吸ができない』(全3巻)初回特典・感想 ~ラブコメで駆け抜けた名作~
【漫画】19名の作者が作る『エクレア bleue あなたに響く百合アンソロジー』完全レビュー~百合を愛するすべての人に~
【漫画】青辺マヒト先生『悪舌のモルフォ』(第1巻)初回特典・感想~美少年×元美少年の物語~
【漫画】山本崇一朗先生『恋文-山本崇一朗短編集-』初回特典・感想~ああ、素晴らしき山本崇一朗ワールド~

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

【漫画】金沢真之介先生『クノイチノイチ!』(第1~2巻)初回特典・感想 全くノ一が激怒するであろう問題作
【漫画】白正男&山戸大輔先生『テコンダー朴』(第2巻)感想 差別と戦い続ける主人公が感動的な作品
【漫画】寺井赤音先生『あまちんは自称♂』初回特典・感想 うーん…酷い!(褒め言葉)
「ふだつきのキョーコちゃん」「からかい上手の高木さん」魅力溢れる山本崇一朗作品のレビュー。
懲役339年(全4巻)感想。漫画と言うには勿体無い、映画のような作品だった。
素晴らしき山本崇一朗ワールド『からかい上手の高木さん』『あしたは土曜日』他 ノスタルジックツアーにようこそ。
君死ニタマフ事ナカレ(第1巻)初回特典と感想。作画最高!原作最強!?
【漫画】植野メグル『はじめてのギャル』(第1巻)初回特典・感想・レビュー。「からかい上手」なギャルはいかが?
【漫画】佐倉色先生『とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話』(全1巻)感想 そして”ねとらぼ”との確執は続く…
【漫画】僕男先生『バレーの球語』(第1巻)初回特典・感想 表紙にだまされるな、これは熱い