※本稿は一般/公務員試験/行政書士試験向けに平易化して説明した文章です。専門性・正確性を保証するものではございませんので、ご留意ください。 問題はこの占有権 A:ただ、占有権、ちょっと分かりにくいんですよね。何故分かりにくいかというと、条文がアレだからなんです。 第180条 占有権は、自己のためにする意思をもって物を所持することによって取得する。 B子・C子:(´・ω・`)(´・ω・`) A子:日本語が拙い気がしますよね。自己のために「何を」するのか、目的語を明記すべきではなかったのかと思ったりします。 C子:所有権と同じではないんですか? A子:近いように感じますよね。ただ、所有権との違いを明確にすることで、占有権が何なのか、はっきりと分かってくるかと思います! 所有権との絶対的な違い A子:所有権というのは、原則として、1つのものにつき1人しか権利が与えられないという原則があるんですね。共有持分という概念もありますが、基礎の基礎として、所有権は1人だ、という風に考えて下さい。 ...