沖縄県恩納村で、反対車線を走っていた大型バイクに軽乗用車をわざとぶつけたとして、無職の男が逮捕されました。バイクに乗っていた男性は右足を骨折する大けがを負いました。 概要 殺人未遂の容疑で逮捕されたのは、沖縄県浦添市の無職・武田豊容疑者(39)。 1月3日午後1時40分ごろ、恩納村の国道58号で軽乗用車を運転中、故意に反対車線に入り、対向してきた大型バイクに車を衝突させ、ツーリング中の自営業の男性(45)に右足骨折の重傷を負わせた疑い。 男性は約10人のツーリング集団の先頭を走っていた。目撃者が110番通報し、駆け付けた署員が武田容疑者を現行犯逮捕した。 取り調べに対し武田容疑者は「バイクにイライラした。ぶつからないと気が済まなかった」と容疑を認めているという。 ソース:産経ニュース 自動車の運転で、殺人未遂容疑という珍しいケースですが、被害者が死に至る可能性が高いと予見される行為のため、自動車運転過失致死傷罪ではなく本罪状を適用したと考えられます。 対向車同士の事故ということから、相対速度は(お互いが60km/hの場合)120k...