三重県津市での土地の陥没による家屋傾斜問題の経緯・概要・一審・二審判決等について。開発許可を出す側が悪いのか??

2015年11月27日、新築家屋が市道の陥没や家屋の傾斜で住めなくなったとして、津市が一審で積水ハウスと住民に約7,700万円支払うよう命じられた訴訟の控訴審判決(名古屋高裁)が出ます。

最近大きな話題になった横浜のマンション傾斜問題にも通じる内容でもあり、その裁判の行方が注目されます。

この裁判はかなり興味深いです。私なりに調べた点があり、不足点もあるかと思いますが、ご参考ください。

※二審判決についても追加しました。

概要

20151126tsu

2006年1月にAさんは積水ハウスと三重県津市が開発を許可した分譲地に新築住宅を建てる契約を締結。3月に全額を支払いました。

2006年7月に市道と住宅の一部に半径15m、深さ3mもの陥没事故が発生。
しかし積水ハウスは事故発生後も工事を進め住宅を引き渡しています。

住宅の引き渡し後も何度か陥没は発生し、家が傾く事態にまで発展。Aさんは引越しを余儀なくされました。

Aさんは、「陥没の起きた地区では、過去に磨き砂の採掘が行われており、陥没の危険がある空洞域が広がっていることは公知の事実。堅固な地盤まで支持杭を延ばすなど、不同沈下が起きないように配慮すべき義務があった」として、積水ハウスを提訴しました。

津市の調査検討委員会は11月、7か所のボーリング調査などを公表し、「軟弱な地盤の上に盛り土、造成したことが陥没の大きな要因」と結論付けています。

(参考:住宅が危ない!様)

この後住民と積水ハウスは和解しました。
しかし積水ハウスは、トラブルの責任は、陥没の危険があるのに宅地開発を許可した市にあるとして、津市に対して損害賠償を求めて提訴しました。

考えられる原因

開発者側の問題

  • 陥没発生後も工事を進めていること。
  • 軟弱な地盤であることは知っていたが、支持杭を伸ばすなどの対策を取らなかったこと。

市側の問題

  • 軟弱な地盤であり、陥没を予見しながら、その確認・指導が不十分なまま開発を許可したこと。

各者主張

開発者側の主張

  • 開発許可をした方が悪く、住民との和解に生じた費用は市が弁償するべき。

市側の主張

  • 陥没を予見するのは不可能であり、開発は施工会社の責任で行うべき。

一審判決

2014年3月6日 津地裁

津市内で住宅の土地と道路が陥没したのは、市が地盤の状況を十分確認せずに開発を許可したためだとして、積水ハウスが市に8,230万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、津地裁は2014年3月6日、市に7,770万円の支払いを命じました。

坪井宜幸裁判長は「開発許可は50年、100年の長期的視点で危険性を慎重に見極めることが必要」と、市の安全確認が不十分だったことを指摘しています。

開発許可をした市側の敗訴というのは、市としては意外な結果だったのではないでしょうか。津市はこの後控訴し、現在に至ります。

2015年横浜マンション傾斜問題との比較

20151126sekisui1

マンションと住宅という性質はありますが、根本原因は支持杭の施工が不十分であったという点で同じです。
ただし開発を許可する行政としては、本件の市道等陥没問題のように予見できる可能性がないとも言い難い状況ではあります。
しかし、積水ハウスは陥没事故が起きているにも関わらず、そのまま工事を進めています。

その時点で工事をやめて市を提訴するならまだしも、住宅を施主に引き渡しているわけですから、最終的責任は積水ハウスにあるようにも見えます。

見解

市の指導が不十分だったとしても、積水ハウスは工事中に陥没事故を起こしていることから問題は把握していたはずです。その時点で支持杭を延長するなどの措置を取れば、住民が住めなくなる事態には発展しなかったでしょう。

そういった施工不良が確実に存在したにもかかわらず、開き直って市を提訴するというのは近年の社会通念からすればなかなか考えにくいです。

もしこのまま市が敗訴と言うことになれば、今後宅地開発などに対する行政の許可や指導は厳しいものとなり、宅地開発は非常にやり難くなる恐れがあります。

今日もマンション傾斜関係のニュースが報じられており、影に隠れている(隠されている?)ような気もしますが、注視したいところです。

追記:二審判決は市の勝利!

2015年11月27日 名古屋高裁

市側が逆転勝訴 名高裁、津の陥没訴訟控訴審

名古屋高裁は27日、市などに約4600万円の賠償を命じた一審判決を取り消し、造成業者のみに約150万円の支払いを言い渡した。

判決理由で孝橋宏裁判長は「宅地開発が進められた半田地区で同規模の陥没が発生していないことなどを考慮すれば、市は陥没を予見できず、道路管理のミスも認められない」として市の責任はないと指摘。一方、一帯は明治時代ごろから行われていた鍋や釜を洗うための「磨き砂」の採掘跡地で、造成業者が説明しなかったのは違法だとした。

住民と積水ハウスは市などに約5100万円の賠償を求めて提訴し、昨年3月の一審・津地裁では市側が敗訴した。付近で別に起きた陥没をめぐっても積水ハウスは市を訴えており、津地裁は市に約3100万円の賠償を命じ、現在、名古屋高裁で係争中。

津市の前葉泰幸市長は「開発行為は都市計画法などに基づき、適切に許可しており、道路管理に瑕疵(かし)がないとの市の主張が認められた」とのコメントを出した。

積水ハウス広報部は「何ら非難されるべき点のない市民が大きな損害を負った本件で、市の責任が全く認められないのは非常に遺憾。判決文を精査した上で対応を検討する」としている。

(出典:中日新聞

二審は積水ハウスの敗訴となりました。

妥当な判決だと思いますが、積水ハウスの広報部の発言が奇妙です。自社の責任を市民を盾に、あくまで市になすりつける態度はいかがなものかと。これ以上ボロを出さなくても良いのでは・・?

相変わらず全く話題になっていないのも不思議です。

参考になりましたら
いいね!お願いします


ニュース

【爆破予告】〈反応など〉何者かが旭川市内の学校に対し15:34に爆破予告か 一斉下校 爆発情報はなし[2/22]
https://twitter.com/NewsDigestWeb/status/966531769435529216 https://twitter.com/szspecart/status/966562364924379136 https://twitter.com/Riitan180425/status/966563117458051074 https://twitter.com/hassi_0426/status/966564926461427713 http://twitter.com/3jsb_misaki36/status/966513940178993152 http://twitter.com/3jsb_misaki36/status/966515676188884993 http://twitter.com/3jsb_misaki36/status/966515731713089536 http://twitter.com/3jsb_misaki36/status/966516382924865536 http://twitter.com

続きを読む

【タイーホ】「怖いシールあげるよ」小学女児に話しかけた男、警察に検挙される/西東京市
【ATM18億不正引出】ついに主犯格判明! 「関東連合」元メンバーに逮捕状
【事案】「年寄りを舐めるな」JCをビンタ一発で形勢逆転
【人情の街】ひったくり失敗…女性転倒けが 強盗致傷容疑で男子高校生逮捕/大阪

「その他事件」記事をもっと見る

その他事件 人気記事

【ATM18億不正引出】ついに主犯格判明! 「関東連合」元メンバーに逮捕状
【森田めぐみ容疑者(43)】病室で現金50万円を盗んだとして看護師の女が逮捕
【日常】北九州市小倉南区のコンビニに刃物男。「金を出せ」と脅すも店員に一喝され逃走
【奥村義彦容疑者(37)】今の気持ちは「最高っす」と逮捕された心境を語る。キャバクラぼったくりで、篠塚康幸容疑者ら3人が逮捕。
【淡路島】ホテルでカップルがろうそくに火をつけたまま寝て火事に。宿泊客約100人が避難
中山直樹容疑者(52)ED治療薬を無許可で所持したとして医療関連会社社長が逮捕。
【古賀慎一朗容疑者(22)】下関市の「あおり運転」で会社員を逮捕、”暴行容疑”で
【京橋警官発砲】「銃刀法で捕まらない刃渡りだ」警察権力に立ち向かった井手尾浄太くんに賞賛の声も(まとめ)
【星野敬太郎容疑者(47)】妻への暴行容疑で元WBAミニマム級チャンピオンが逮捕 現役時代は「日本の切り札」との異名も
【大阪・日本橋1丁目】ゲーム店に3人組スプレー強盗 「やってる?」と店員に話しかけ顔面に噴射、20万円奪って逃走[18/2/21更新]