『ロボットのモモちゃん』(全1巻)初回特典と感想。よしだもろへ先生にしては大人しめの完結作。

よしだもろへ先生の「ロボットのモモちゃん」(全1巻)を紹介します。
よしだもろへ先生と言えば、アニメ化もされた「いなり、こんこん、恋いろは。」(全10巻)が有名ですね。

ロボットのモモちゃん (ヤングジャンプコミックス)
よしだ もろへ
集英社 (2015-11-19)
売り上げランキング: 6,086

初回特典

ロボットのモモちゃん 特典
イラストカードでした(とらのあな購入特典)

商品紹介

宇宙船の不時着で地球に降り立った宇宙最強のロボット兵器「モモ」。
生まれたばかりのモモには目に映るもの全てが不思議で、新鮮で。
高すぎる戦闘性能と純粋無垢な好奇心から様々なトラブルを起こしながらも、モモは人間の気持ちを少しずつ学び、成長していく──。

Amazonより引用

感想:打ち切りなのか、 狙った完結なのかどっちだろう。

端的に言えば、無感情な女の子が段々と表情豊かになっていく作品です。
ただ、話の内容と設定には大きな乖離があり、設定に関しては非常に荒っぽい作りであるのは間違いないです。

宇宙最強のロボットである「モモ」ですが、そもそも最強以前に兵器という感じすらも皆無に近いです。
恐らくは唯一の存在としての「最強」という設定にしたのかと思われますが、宇宙戦争に終止符を打つ最高傑作にしては鉄棒をへし折ったり、木を引き抜いたりする程度では説得力に欠けます。

とは言え、小動物を撫でてるつもりが圧死させたり(アゲハチョウは強く握ってしまってましたが)、クラスメイトの手を握りつぶしたり(前の席の男の子の頭を吹き飛ばしたりはしましたが)、そんなシーンが見たい作品ではないので、難しいところではありますが。

もっと話を展開させようとしたものの、止むに止まれぬ事情があったため連載終了となったのかは単行本から判断付きませんが、読んでいてもそこまで話を広げるような雰囲気は感じられませんでした。

個人的には、単純ではありますが、不時着したロボットと地球人の異星間交流、みたいな感じでも良かったのではないでしょうか、とも思います。

展開はいい感じっす

設定はともかく、話の展開は悪くはなかったです。
ロボットのモモちゃん002
優しいタッチはさすがよしだ先生。
モモの感情が顔に出た一コマなどはかなり破壊力があります。

純粋なモモが地球(と言うか日本の片田舎)の文化に触れるシーンも見応えはあり!
ロボットのモモちゃん004
ちなみに昆虫を飼育する文化のない国ではクワガタもゴキブリも同じような存在みたいですね。なるほど。

ロボットのモモちゃん001
クラスメイトとの心温まる交流も非常に多く描かれており、喜びや楽しさだけではなく、悲しいといったマイナスの感情も知るようになるなど、読んでいてほんわかする作品ではあります。

まとめ

設定が大きすぎたため、展開とは少々ちぐはぐな印象を受けた今作ですが、ハートフルコメディとして考えれば比較的コンパクトにまとまっています。

  • 可愛いロボットが見たい人に
  • ハートフルコメディ作品を1巻で読み切りたい人に

おススメかと思います。

  • よしだもろへ先生ファンの方

に関しては、うーん、どうでしょう。先生のテイストは確かにあるのですが、現在上巻が発売された「色は匂へど」はもちろん、「いなり、こんこん、恋いろは。」よりもだいぶ大人しい印象を受けました。

先生の雰囲気にあまり期待しすぎると、肩透かしを食らう可能性がありますのでそこは注意してください。
ロボットのモモちゃん003
ただ個人的には、先生には、このようなほのぼの系が似合っているような気がします。

俺からは以上です。


 

いなり、こんこん、恋いろは。 (10) (カドカワコミックス・エース)
よしだ もろへ
KADOKAWA/角川書店 (2015-05-02)
売り上げランキング: 14,690
いなり、こんこん、恋いろは。 Blu-ray BOX
KADOKAWA / 角川書店 (2016-01-29)
売り上げランキング: 4,218
色は匂へど 上 (KCx)
色は匂へど 上 (KCx)

posted with amazlet at 15.11.23
よしだ もろへ
講談社 (2015-11-06)
売り上げランキング: 39,984


メディア

【漫画】鬼龍駿河先生『カントリー少女は都会をめざす!? 』(第1巻)感想~田舎女子高生のほのぼのとした日常~
鬼龍駿河先生の『カントリー少女は都会をめざす!? 』(第1巻)の感想です。 鬼龍駿河先生は今作以外には、『乙女ループ』『乙女ループ・乙』があります。 鬼龍駿河 芳文社 (2018-09-13) 作品紹介 ローカルJK、魂の叫び!! 関西のとある町に住む八重は都会に憧れ、見るもの全てを都会に変換するJK。 集団を見れば都会の行列に、大阪出身の同級生を神格化。 こんなに憧れているのにいつも畑の砂が舞う中通学。 普通の友人の日常を八重の都会妄想がぶち壊す!? 都会に憧れる地方女子高生の八重と、地方女子高生の八重よりも田舎から転校してきたみなちゃん、そして大阪出身で八重の憧れの人である大河さんの女子高生3人の日常を描いた作品です。 左がみなちゃんで、右が都会に憧れる八重ちゃん 感想 地方女子高生の日常(?) 都会に行ったことがない八重の、日々都会への溢れんばかりの羨望と妄想をするその姿が可愛い。 八重よりも田舎から転校してきたみなちゃんの、八重がたまに口走ったりする「地方のあるある」を共感する場面もありつつ、大河さんの都会感にも共感。 大

続きを読む

【漫画】黒谷知也先生『三護さんのガレージセール』感想~ガレージセールでつながるコミュニケーション~
【漫画】氷川翔先生『万代かなめは遊びたい』(第1巻)感想~ああ、懐かしの玩具たちよ~
【漫画】円山晃先生『私立浜茄子中高等学校男子寮の戸惑い』(第1巻)感想~男子校への圧倒的な信頼感~
【漫画】七尾ナナキ先生『ピウイ~ふしぎないきもの~』感想~ふしぎなふしぎな生き物~

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

【漫画】横槍メンゴ先生『めがはーと』感想 愛と命をめぐる、読み切り作品集
『君死ニタマフ事ナカレ』(第2巻)初回特典と感想。絶賛期待中の迷走作!?(あるいはその逆)
【漫画】黒谷知也先生『三護さんのガレージセール』感想~ガレージセールでつながるコミュニケーション~
スイッチウィッチ1~3巻(茂木清香)心の襞を鋭く突く衝撃作。(グロ注意)
君死ニタマフ事ナカレ(第1巻)初回特典と感想。作画最高!原作最強!?
【漫画】仲谷鳰『やがて君になる(やが君)』第2巻、感想・評価・レビュー(+特典)相変わらずレベルが高い!
【漫画】白正男&山戸大輔先生『テコンダー朴』(第2巻)感想 差別と戦い続ける主人公が感動的な作品
【漫画】寺井赤音先生『あまちんは自称♂』初回特典・感想 うーん…酷い!(褒め言葉)
【漫画】小虎先生『圧勝』(第1巻)初回特典・感想 1巻ではヒロインを好きになれるかに懸かってくる作品
【漫画】くま先生の『オークが女騎士を育成してみた』(第1巻)初回特典・感想 可能性を秘めた作品に期待