1: 2017/10/21(土) 14:35:10.27 ID:CAP_USER9 長年ひきこもっていた場合、いきなり就労するのは難しい。 民間企業に問い合わせても、門前払いされるケースがほとんどだろう。 就労を実現するため、自治体などではさまざまな支援制度を用意している。 どこに、どうやって申請・説明すればいいのか。ひきこもり家庭のマネープランを手伝っているファイナンシャルプランナーの浜田裕也氏が解説する――。 ■44歳ひとりっ子の長男 ひきこもり生活はすでに約30年 秋が深まりつつある頃、一本の電話がかかってきました。着信を見ると以前ご相談を受けた、埼玉県南部にお住まいのIさん(70)からでした。 「先生、お久しぶりです。Iです。前回のご相談では大変お世話になりました。実は困ったことになりまして……」 「えっ、どうされましたか? 」 Iさん宅を初めて訪問したのは2カ月前のことでした。 30年ほど前、ひとりっ子の長男が高校2年だった時、勉強についていけなくなり、学校を休みがちになりました。 結局、出席日数や定...