ハッピーシュガーライフ(第1巻)初回特典および感想。『TARITARI』執筆陣の気鋭の新作!アンバランスさがやみつきになる!

「カミヨメ」といったオリジナル作品のほか、アニメ作品である「TARI TARI」のコミカライズといった原作ありの作品なども手掛けている鍵空とみやき先生。
その鍵空とみきや先生の「ハッピーシュガーライフ」(第1巻)を紹介します。

ハッピーシュガーライフ 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)
スクウェア・エニックス (2015-10-22)
売り上げランキング: 639

初回特典

ハッピーシュガーライフ 特典
イラストカードでした(メロンブックス購入特典)

商品紹介

真実の愛は、試されなければならない。

松坂さとうには、好きな人がいます。
一緒に暮らして愛を語り合うと、とても甘い気持ちになるのです。
きっとこれが「愛」なのね。彼女はそう思いました。
この想いを守るためなら、どんなことも許される。
騙しても犯しても奪っても殺してもいいと思うの。
『賭ケグルイ』の河本ほむら・尚村透が推薦する、戦慄の純愛サイコホラー第1巻。

Amazonより引用

感想

表紙からしてヤバい雰囲気が漂っている今作。
ハッピーシュガーライフ001
今作の主人公は、男をとっかえひっかえしている松坂さとうです。
この松坂さとうが愛を知ったことから始まる物語です。

松坂さとうはもっとこの愛というものを知りたいと思っているのに、周りが色々と邪魔をしてくる。
そんな妨害にもめげずに、健気にこの愛を育もうとする。
こう聞くと純愛ラブストーリーっぽいですが………純愛は純愛ですが、まさにヤンデレの思考をしています。

物語開始前から好きな相手と(強制的に)二人暮らしをしており、どういう経緯でそうなったのかは1巻の時点では明確にされていませんが、世間一般的な方法でないことは話の中からも推測されます。

作品紹介でサイコホラーと言われていますが、1巻では直接的なグロい描写は皆無です(中身不明の、血のしみ込んでいる得体の知れない袋は出てきますが)。

監禁・淫行条例違反・ストーカー・ロリコンなどどちらかと言えばインモラルな作品であり、サイコホラーの部分に期待しすぎるとちょっと肩透かしを食らう可能性があります。

ただこの作品の面白さは、主人公以外も(歪んだ)真実の愛を求めている点にあり、個性的なキャラが多く出てきて、心地よい気持ち悪さがあります。
世間一般的な純愛ではないかも知れませんが、純愛には違いなく、この描写はなかなか真に迫っています。
ハッピーシュガーライフ003
人を想う、その気持ちは誰よりも強い。
強いがゆえに歪んでしまうこともあるのでしょう。

1巻では設定や展開にはご都合主義的な甘さを感じる側面もありますが、2巻以降でそれらの説明や補足などの描写が入るかとは思います。

まとめ

鍵空とみやき先生の描くフワッとした絵柄と、ドギツイまでに純粋な求愛はまさに癖になるアンバランスの一言です。
今までの先生の作品はほのぼのとした心温まる作品ばかりでしたが、今作では正反対の内容となっています。
出版社的にはそれで購買者を騙し討ちするつもりはないようで、表紙や帯からもわかるようにしています。
これまでの鍵空とみやき先生の作品の印象で買ってしまった人からの反感を買うよりは、と考えたのかも知れません。
インパクトを損なってしまうのは勿体ない気もしますが、そのあたりの戦略は難しいところですね。
そんな今作ですが

  • ヤンデレの思考を読み解きたい人に
  • 可愛い絵柄で狂った展開が見たい人に
  • 純愛の意味を見失ってしまった人に

おススメ(?)な作品です。
第2巻は12月22日発売予定となっています。
俺からは以上です。

TARI TARI(1) (ガンガンコミックスJOKER)
EVERGREEN 鍵空 とみやき
スクウェア・エニックス (2012-07-21)
売り上げランキング: 100,604
カミヨメ(1) (ガンガンコミックスJOKER)
鍵空 とみやき
スクウェア・エニックス (2011-06-22)
売り上げランキング: 70,128
ボカロコミックSELECTION 青春ボカロ組曲 (電撃コミックスNEXT)
鍵空とみやき
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 108,316


メディア

【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
中村ひなた先生の『やさしいヒカリ』(第1巻)の感想です。 中村ひなた先生は今作以外では、主にイラストを描かれていたようです。 中村 ひなた 講談社 (2018-11-07) 作品紹介 例えば、どこか遠くで暮らすとしたら――。 息つく暇のない生活を送るサラリーマン・三宅が再就職で行き着いたのは、穏やかに時間が流れる月輪島。 女子高生が案内人の、新たな暮らしが始まる! 潮風薫るリラックス・ドラマ開幕!! 激務のサラリーマン生活を辞めた主人公の三宅飛鳥が、離島の簡易郵便局の局長をする為に月輪島に行くことから物語が始まります。 月輪島の簡易郵便局へ転職した主人公の三宅 感想 優しい時間の流れ 物語冒頭では激務で死にかけている主人公・三宅の描写があり、それ以降は非常にゆったりとした流れで描かれています。 ほのぼのとした話が中心に描かれており、三宅とヒロインの女子高生である日和子との掛け合いがホンワカとします。 三宅とヒロイン(?)の日和子 第1巻では簡易郵便局での話はあまりなく、基本的には島民との交流を中心に描かれています。 その描写の中

続きを読む

【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~
【大好物】ずっと男の子だと思ってたのに、お前女だったのか!
【漫画】多田乃伸明先生『鬼の又鬼のアモ』(第1巻)感想~濃厚な和風テイストのするファンタジー作品~
【漫画】詩原ヒロ先生『オンラインの羊たち』(第1巻)感想~現代へのノスタルジーを感じよう~

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

【漫画】横槍メンゴ先生『めがはーと』感想 愛と命をめぐる、読み切り作品集
『流れ星に願うほど僕らは素直じゃない』(1巻)感想。挑戦的な作品!?
【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
君死ニタマフ事ナカレ(第1巻)初回特典と感想。作画最高!原作最強!?
【漫画】いとまん『発症区』(第1巻)初回特典と感想。表紙詐欺だが内容上々!作者の成長にも期待したくなる作品
春の包帯少女(全4巻)佐藤ミト 著 を読んだ感想について。
【漫画】仲谷鳰『やがて君になる(やが君)』第2巻、感想・評価・レビュー(+特典)相変わらずレベルが高い!
【漫画】植野メグル『はじめてのギャル』(第1巻)初回特典・感想・レビュー。「からかい上手」なギャルはいかが?
【漫画】小虎先生『圧勝』(第1巻)初回特典・感想 1巻ではヒロインを好きになれるかに懸かってくる作品
【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~