ツール・ド・フランス 2016 全まとめ!概要・コース・出場選手・歴代勝者について全部まとめました。

2016年7月2日(土)、第103回ツール・ド・フランスがスタートします。
世界最大のロードレースということで、楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。

本記事では観戦時に役立つ情報をご紹介いたします。

また当サイトでは大会開催期間中、毎日レース展開を追い、結果を掲載いたしますのでぜひご覧ください。

Contents

ツール・ド・フランス概要

概要

1903年に第1回大会が行われました。当時は1ステージの平均距離が400kmもあるなど過酷な大会でした。
2度の大戦による中断を挟んで、今年で103回目の大会となります。

毎年7月上旬に開催され、23日間(うち2日は休養日)かけてフランス全土(時には周辺国も)を周ります。
オリンピックやサッカーワールドカップに次ぐ規模の大会です。
2010年には186か国で放映されるなど、他のサイクルロードとは影響力や注目度も桁違いです。

またレースを観戦しながら、フランスの美しい風景も楽しむことができるのが本大会の特徴です。

各賞について

マイヨ・ジョーヌ(個人総合時間賞)

enjeux_maillot_jaune

総合1位の選手に与えられる賞です。
最終日にこのジャージを着ている選手が総合優勝となります。

マイヨ・ヴェール(ポイント賞)

enjeux_maillot_vert

ステージ途中の中間スプリント地点やゴール地点において加算されたポイントの1位選手に与えられます。

マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ(山岳賞)

enjeux_maillot_a_pois

山岳ポイントで加算された山岳ポイントの1位の選手に与えられます。

マイヨ・ブラン(新人賞)

enjeux_maillot_blanc

25歳以下の選手が対象で、対象の選手の中で総合タイムの合計の少ない選手に与えられます。

ドサール・ルージュ(敢闘賞)

enjeux_dossard_combativite-antargaz

審査員の主観に基づいて、そのステージで最も果敢な動きをした選手に与えられます。
最後まで逃げていた選手や、逃げを決めた選手に与えられることが多いのいが特徴。

通常、選手がつけているのは白地に黒文字のゼッケンですが、敢闘賞を獲得した選手には赤地に白抜き数字のゼッケンが与えられます。

レースのスケジュールとコース

モンサンミシェルからスタートし、途中スペインやスイスを経て、最終日にパリ・シャンゼリゼ通りでゴールする3,535kmのコースです。

※コースマップやコースプロフィールはツール・ド・フランス公式HPより引用しています

 7月2日 第1ステージ 平坦

勝者:マーク・カヴェンディッシュ

コースマップ

01

コースプロフィール

01

7月3日 第2ステージ 平坦

勝者:ペーター・サガン

コースマップ

02

コースプロフィール

02

7月4日 第3ステージ 平坦

勝者:マーク・カヴェンディッシュ

コースマップ

03

コースプロフィール

03

7月5日 第4ステージ 平坦

勝者:マルセル・キッテル

コースマップ

04

コースプロフィール

04

7月6日 第5ステージ 山岳

勝者:グレッグ・ヴァンアーベルマート

コースマップ

05

コースプロフィール

05

7月7日 第6ステージ 平坦

勝者:マーク・カヴェンディッシュ

コースマップ

06

コースプロフィール

06

7月8日 第7ステージ 山岳

コースマップ

07

コースプロフィール

07

7月9日 第8ステージ 山岳

コースマップ

08

コースプロフィール

08

7月10日 第9ステージ 山岳

コースマップ

09

コースプロフィール

09

7月11日 休息日

7月12日 第10ステージ 丘陵

コースマップ

10

コースプロフィール

10

7月13日 第11ステージ 平坦

コースマップ

11

コースプロフィール

11

7月14日 第12ステージ 山岳

コースマップ

12

コースプロフィール

12

7月15日 第13ステージ 個人TT

コースマップ

13

コースプロフィール

13

7月16日 第14ステージ 平坦

コースマップ

14

コースプロフィール

14

7月17日 第15ステージ 山岳

コースマップ

15

コースプロフィール

15

7月18日 第16ステージ 平坦

コースマップ

16

コースプロフィール

16

7月19日 休息日

7月20日 第17ステージ 山岳

コースマップ

17

コースプロフィール

17

7月21日 第18ステージ 個人TT

コースマップ

18

コースプロフィール

18

7月22日 第19ステージ 山岳

コースマップ

19

コースプロフィール

19

7月23日 第20ステージ 山岳

コースマップ

20

コースプロフィール

20

7月24日 第21ステージ 平坦

コースマップ

21

コースプロフィール

21

出場チーム

※出場メンバーやゼッケン番号は確定次第、追加いたします。

以下、画像はJSPORTSより引用させていただいております。

チームスカイ

2016tdfsky

  • クリストファー・フルーム(英国)
  • セルヒオ・エナオ(コロンビア)
  • バシル・キリエンカ(ベラルーシ)
  • ミケル・ランダ(スペイン)
  • ミケル・ニエベ(スペイン)
  • ウォートル・プールス(オランダ)
  • ルーク・ロウ(英国)
  • イアン・スタナード(英国)
  • ゲラント・トーマス(英国)

モビスターチーム

2016tfdmov

  • ナイロ・キンタナ(コロンビア)
  • アレハンドロ・バルベルデ(スペイン)
  • ウイネル・アナコナ(コロンビア)
  • イマノル・エルビティ(スペイン)
  • ヘスス・エラダ(スペイン)
  • ゴルカ・イサギレ(スペイン)
  • ヨン・イサギレ(スペイン)
  • ダニエル・モレノ(スペイン)
  • ネルソン・オリベイラ(ポルトガル)

アスタナプロチーム

2016tdfast

  • ファビオ・アルー(イタリア)
  • ビンチェンツォ・ニーバリ(イタリア)
  • ヤコブ・フグルサン(デンマーク)
  • アンドレイ・グリフコ(ウクライナ)
  • タネル・カンゲルト(エストニア)
  • アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン)
  • ディエゴ・ローザ(イタリア)
  • ルイスレオン・サンチェス(スペイン)
  • パオロ・ティラロンゴ(イタリア)

ティンコフ

2016tdftnk

  • アルベルト・コンタドール(スペイン)
  • ペーター・サガン(スロバキア)
  • マチエイ・ボドナル(ポーランド)
  • オスカル・ガット(イタリア)
  • ロベルト・キセロフスキー(クロアチア)
  • ロマン・クロイツィゲル(チェコ)
  • ラファウ・マイカ(ポーランド)
  • マッテーオ・トザット(イタリア)
  • ミカエル・ヴァルグレン(デンマーク)

20160701TDF201605

サガンは髪の毛切らないのでしょうか?(汗

AG2R・ラモンディアル

2016tdfalm

  • ロマン・バルデ(フランス)
  • ヤン・バークランツ(ベルギー)
  • ミカエル・シェレル(フランス)
  • サミュエル・デュムラン(フランス)
  • ベン・ガスタウアー(ルクセンブルク)
  • シリル・ゴチエ(フランス)
  • アレクシス・グジャール(フランス)
  • ドメニコ・ポッゾビーボ(イタリア)
  • アレクシス・ブイエルモーズ(フランス)

チームロットNL・ユンボ

2016tdftlj

  • ウィルコ・ケルデルマン(オランダ)
  • ジョーシ・ベネット(ニュージーランド)
  • ディラン・フルーネウェーゲン(オランダ)
  • ベルチャン・リンデマン(オランダ)
  • ポール・マルテンス(ドイツ)
  • ティモ・ローセン(オランダ)
  • セプ・バンマルク(ベルギー)
  • ロベルト・ワーグナー(ドイツ)
  • マールテン・ワイナンツ(ベルギー)

トレック・セフレガード

2016tdftsf

  • バウケ・モレマ(オランダ)
  • ファビアン・カンチェッラーラ(スイス)
  • マルケル・イリサール(スペイン)
  • グレゴリー・ラスト(スイス)
  • フランク・シュレク(ルクセンブルク)
  • ピーター・ステーティナ(米国)
  • ヤスペル・スタイブン(ベルギー)
  • エドワルド・トゥンス(ベルギー)
  • アイマル・スベルディア(スペイン)

IAMサイクリング

20160701tdfiam

  • マティアス・フランク(スイス)
  • ステフ・クレメント(オランダ)
  • ジェローム・コッペル(フランス)
  • マルティン・エルミーゲル(スイス)
  • ゾンドルホルスト・エンガー(ノルウェー)
  • レト・ホーレンシュタイン(スイス)
  • リー・ハワード(オーストラリア)
  • オリビエ・ナーセン(ベルギー)
  • ハーリンソン・パンタノ(コロンビア)

キャノンデールプロサイクリングチーム

2016tdfCPT

  • ピエール・ローラン(フランス)
  • マッティ・ブレシェル(デンマーク)
  • ローソン・クラドック(米国)
  • アレックス・ハウス(米国)
  • クリスティアン・コーレン(スロベニア)
  • セバスティアン・ラングベルト(オランダ)
  • ラムナス・ナバルダウスカス(リトアニア)
  • トムイェルテ・スラフテル(オランダ)
  • ディラン・ファンバールレ(オランダ)

BMCレーシングチーム

20160701tdfbmc

  • リッチー・ポート(オーストラリア)
  • ブレント・ブックウォーター(米国)
  • マルクス・ブルクハルト(ドイツ)
  • ダミアーノ・カルーゾ(イタリア)
  • ローハン・デニス(オーストラリア)
  • アマエル・モワナール(フランス)
  • ミヒャエル・シャール(スイス)
  • グレッグ・バンアーベルマート(ベルギー)
  • ティージェイ・バンガーデレン(米国)

チームディメンションデータ

2016tdfddd

  • マーク・カヴェンディッシュ(英国)
  • ナトナエル・ベルハネ(エリトリア)
  • エドワルド・ボアソンハーゲン(ノルウェー)
  • スティーブン・カミングス(英国)
  • ベルンハルト・アイゼル(オーストリア)
  • レイナルト・ヤンセバンレンスブルク(南アフリカ)
  • セルジュ・パウエルス(ベルギー)
  • マーク・レンショウ(オーストラリア)
  • ダニエル・テクレハイマノット(エリトリア)

チームジャイアント・アルペシン

20160701tdftga

  • ワレン・バルギル(フランス)
  • ロイ・クルフェルス(オランダ)
  • ジョン・デゲンコルプ(ドイツ)
  • トム・ドゥムラン(オランダ)
  • シモン・ゲシュケ(ドイツ)
  • ゲオルグ・プライドラー(オーストリア)
  • ラモン・シンケルダム(オランダ)
  • ローレンス・テンダム(オランダ)
  • アルベルト・ティンメル(オランダ)

FDJ

2016tdffdj

  • ティボー・ピノ(フランス)
  • ウイリアム・ボネ(フランス)
  • マテュー・ラダニュース(フランス)
  • ステーベ・モラビート(スイス)
  • セドリック・ピノー(フランス)
  • セバスティアン・ライヒェンバッハ(スイス)
  • アントニー・ルー(フランス)
  • ジェレミー・ロワ(フランス)
  • アルチュール・ビショー(フランス)

ボーラ・アルゴン18

2016tdfboa

  • エマヌエル・ブフマン(ドイツ)
  • シェーン・アーチボルド(ニュージーランド)
  • ヤン・バルタ(チェコ)
  • チェーザレ・ベネデッティ(イタリア)
  • サム・ベネット(アイルランド)
  • バルトシュ・フザルスキー(ポーランド)
  • パトリック・コーンラット(オーストラリア)
  • アンドレアス・シリンガー(ドイツ)
  • パウル・フォス(ドイツ)

チーム・カチューシャ

2016tdfkat

  • ホアキン・ロドリゲス(スペイン)
  • ヤコポ・グァルニエーリ(イタリア)
  • マルコ・ハーラー(オーストリア)
  • アレクサンダー・クリストフ(ノルウェー)
  • アルベルト・ロサダ(スペイン)
  • ミケール・モルコフ(デンマーク)
  • ユルヘン・バンデンブルック(ベルギー)
  • アンヘル・ビシオソ(スペイン)
  • イルヌール・ザカリン(ロシア)

ランプレ・メリダ

20160701tdflam

  • ルイ・コスタ(ポルトガル)
  • 新城幸也(日本)
  • マッテーオ・ボーノ(イタリア)
  • ダビデ・チモライ(イタリア)
  • クリスティヤン・ドゥラセク(クロアチア)
  • ツガブ・グルマイ(エチオピア)
  • ルイ・メインティス(南アフリカ)
  • ルカ・ピベルニク(スロベニア)
  • ヤン・ポランツ(スロベニア)

2016tdflam2

新城幸也選手!元気そうでなによりです。

ロット・ソウダル

2016tdflts

  • アンドレ・グライペル(ドイツ)
  • ラルス・バク(デンマーク)
  • トーマス・ドヘント(ベルギー)
  • イェンス・デブースル(ベルギー)
  • トニ・ガロパン(フランス)
  • アダム・ハンセン(オーストラリア)
  • グレッグ・ヘンダーソン(ニュージーランド)
  • ユルフン・ルーランツ(ベルギー)
  • マルセル・ジーベルク(ドイツ)

ディレクトエネルジー

2016tdfDEN

  • ブライアン・コカール(フランス)
  • シルバン・シャバネル(フランス)
  • アントワンヌ・ドゥシュヌ(カナダ)
  • ヨアン・ジェヌ(フランス)
  • ファブリス・ジャンデボズ(フランス)
  • アドリアン・プティ(フランス)
  • ロマン・シカール(フランス)
  • アンジェロ・チュリック(フランス)
  • トマ・ボークレール(フランス)

エティックス・クイックステップ

2016tdfeqs

  • マルセル・キッテル(ドイツ)
  • ジュリアン・アラフィリップ(フランス)
  • イイヨ・ケイセ(ベルギー)
  • ダニエル・マーティン(アイルランド)
  • トニー・マルティン(ドイツ)
  • マキシミリアーノ・リチェセ(アルゼンチン)
  • ファビオ・サバティーニ(イタリア)
  • ペトル・バコッチュ(チェコ)
  • ジュリアン・ブルモート(ベルギー)

コフィディス、ソリュシオンクレディ

2016tdfcof

  • ダニエル・ナバーロ(スペイン)
  • ボルット・ボズィッチ(スロベニア)
  • ジェローム・クザン(フランス)
  • ニコラ・エデ(フランス)
  • アルノー・ジャネソン(フランス)
  • クリストフ・ラポルト(フランス)
  • シリル・ルモワン(フランス)
  • ルイスアンヘル・マテ(スペイン)
  • ジョフレ・スープ(フランス)

オリカ・バイクエクスチェンジ

2016tdfoge

  • サイモン・ゲランス(オーストラリア)
  • ミヒャエル・アルバジーニ(スイス)
  • ルーク・ダーブリッジ(オーストラリア)
  • マテュー・ハイマン(オーストラリア)
  • ダリル・インピー(南アフリカ)
  • クリストファー・ユールイェンセン(デンマーク)
  • マイケル・マシューズ(オーストラリア)
  • ルベン・プラサ(スペイン)
  • アダム・イエーツ(英国)

オリカ・グリーンエッジから名称が変更されました。

フォルチュネオ・ヴィタルコンセプト

2016tdffvc

  • エドゥアルド・セプルベダ(アルゼンチン)
  • ベーガル・ブレアン(ノルウェー)
  • アントニ・ドラプラス(フランス)
  • ブリス・フェイユー(フランス)
  • アルマンド・フォンセカ(フランス)
  • ダニエル・マクレー(英国)
  • ピエールリュック・ペリション(フランス)
  • クリスアンケル・セーレンセン(デンマーク)
  • フロリアン・バション(フランス)

過去5年間の総合優勝者・山岳賞・ポイント賞・新人賞 獲得者

年度 総合優勝 ポイント賞 山岳賞 新人賞
2015年 クリス・フルーム ペーター・サガン クリス・フルーム ナイロ・キンタナ
2014年 ヴィンチェンツォ・ニバリ ペーター・サガン ラファウ・マイカ ティボー・ピノー
2013年 クリス・フルーム ペーター・サガン ナイロ・キンタナ ナイロ・キンタナ
2012年 ブラッドリー・ウィギンス ペーター・サガン トマ・ヴォクレール ティジェイ・ヴァン・ガーデレン
2011年 カデル・エヴァンス マーク・カヴェンディッシュ サムエル・サンチェス ピエール・ローラン

前哨戦のドーフィネでも圧倒的な力を発揮し優勝したフルーム。

ライバルのコンタドールやアルの調子がそんなに良さそうではなかったため、フルームのライバルになるのはキンタナ、ポートでしょうか。
キンタナはツール直前まで母国コロンビアで自主調整していたため、調子が気になるところですね。

私個人としては、ティボー・ピノやロマン・バルデ、ジュリアン・アラフィリップあたりの選手の活躍に期待!

B子
あれ?実は2012年から勢力図が変わってない……!?
A子
ティボー・ピノの逃げ切りに燃えたのもその年ですよね
C子
今年は新星が現れるでしょうか。ニバリの完全勝利にも期待……(ボソッ

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【スポーツ】ツール・ド・フランスで農家が干し草を置いたり羊を放つなどレースを妨害
1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) 2018/07/25(水) 14:32:06.15 ID:AvJs6Une0 BE:329591784-PLT(12100) 【AFP=時事】24日に行われたツール・ド・フランス(2018 Tour de France)の第16ステージ(カルカソンヌから バニェールドリュション、218キロメートル)で、現地の農家が大会の進行を妨害し、憲兵隊が使用した催涙ス プレーが選手の目や口に入るアクシデントがあった。レース主催者は農家の行動を非難している。 この日のツールでは、スタートから26キロメートルほどの地点で、農地の縮小に抗議するオード(Aude)県の 農家が干し草の束を道に置いたり、50頭ほどの羊を放ったりしてレースを妨害した。 http://www.afpbb.com/articles/-/3183640?cx_part=top_latest 以下、反応 2: 名無しさん@涙目です。(東京都) 2018/07/25(水) 14:33:22.88 ID:huH1lcMy0 東京オリンピック反対派がマ

続きを読む

【ツール’16】第21ステージ(最終)の結果について。グライペルが最終ステージで今大会初勝利!フルームは2年連続3度目のマイヨ・ジョーヌを獲得!
【ツール’16】第20ステージの結果について。ヨン・イサギレ雨のダウンヒルで快走しステージ勝利!
【ツール’16】第19ステージの結果について。ロメン・バルデが今大会フランス人初勝利を果たす!
【ツール’16】第18ステージ(個人TT)の結果について。クリス・フルームがドゥムランに圧勝!マイヨ・ジョーヌを盤石にする

「’16ツール」記事をもっと見る

’16ツール 人気記事

記事が見つかりませんでした。