ツアー・オブ・カリフォルニア2017全まとめ! 概要・コース・出場選手・歴代勝者について全部まとめました

2016年5月14日~20日(現地時間)、ツアー・オブ・カリフォルニアが開催されます。

この記事ではツアー・オブ・カリフォルニア2017の概要、スケジュール、コース、出場チームと出場メンバーについて紹介いたします。

アイキャッチ画像はcatenacycling.comより引用させていただきました。

ツアー・オブ・カリフォルニア2017概要

概要

サンフランシスコをスタートし、アメリカ西海岸などを経由しながら、ロサンゼルスへと向かうステージレース。2006年に第1回大会が行われました。
2009年までは例年2月に開催されていたましたが、2010年以降は5月に変更。

開催時期が5月に変更されてからは、ツール・ド・フランスへの出場を定めている選手がジロ・デ・イタリアに参加せず、カリフォルニアに参加するケースが多くなってきています。

各賞について

アムジェン・リーダージャージ(個人総合時間賞)

総合1位の選手に与えられる賞です。
最終日にこのジャージを着ている選手が総合優勝となります。

ヴィジット・カリフォルニア・スプリントジャージ(ポイント賞)

ステージ途中の中間スプリント地点において加算されたポイントの合計が1位の選手に与えられます。

レクサス・キング・オブ・マウンテンジャージ(山岳賞)

山岳ポイントで加算された山岳ポイントの合計が1位の選手に与えられます。

タグホイヤー・ベストヤングライダージャージ(新人賞)

25歳以下の選手が対象で、対象の選手の中で総合タイムの合計の少ない選手に与えられます。

レースのスケジュールとコース

5月14日~20日(現地時間)の8日間で行われ、休息日はありません。

5月14日 第1ステージ

勝者:マルセル・キッテル

第1ステージ詳細記事

コースマップ

コースプロフィール

5月15日 第2ステージ

勝者:ラファル・マイカ

第2ステージ詳細記事

コースマップ

コースプロフィール

2級と3級の山岳ポイントはそれほど厳しくありませんが、超級のポイントは比較的長い上りのため、かなり厳しそうです。

5月16日 第3ステージ

勝者:ペーター・サガン

第3ステージ詳細記事

コースマップ

コースプロフィール

5月17日 第4ステージ

勝者:エヴァン・ハフマン

第4ステージ詳細記事

コースマップ

コースプロフィール

5月18日 第5ステージ

勝者:アンドリュー・タランスキー

第5ステージ詳細記事

コースマップ

コースプロフィール

5月19日 第6ステージ(個人タイムトライアル)

勝者:ジョナサン・ディベン

第6ステージ詳細記事

コースマップ

湖の周りがコースとなっています。個人TTなので、風の影響を大いに受けそうですね。独走力のある選手はここでライバルに大きく差をつけることができるかもしれません。

コースプロフィール

5月20日 第7ステージ

勝者:エヴァン・ハフマン

第7ステージ詳細記事

コースマップ

コースプロフィール

出場チームと出場メンバー

クイックステップフロワーズ(QST)

1.マルセル・キッテル(ドイツ)
2.ジャック・バウアー(ニュージーランド)
3.エンリク・マス(スペイン)
4.ファビオ・サバティーニ(イタリア)
5.マクシミリアン・シャッハマン(ドイツ)
6.セネク・スティバール(チェコ)
7.マッテーオ・トレンティン(イタリア)
8.マーティン・ベリトス(スロバキア)

BMCレーシングチーム(BMC)

11.ブレント・ブックウォルター(アメリカ)
12.トム・ボーリ(スイス)
13.ジャンピエール・ドラッカー(ルクセンブルク)
14.マルティン・エルミガー(スイス)
15.フリーリス・ヘルツ(オランダ)
16.サムエル・サンチェス(スペイン)
17.ミヒャエル・シェアー(スイス)
18.マイルズ・スコットソン(オーストリア)

ボーラ・ハンスグローエ(BOH)

21.ペーター・サガン(スロバキア)
22.エリク・バスカ(スロバキア)
23.マチェイ・ボドナール(ポーランド)
24.ミカエル・コラー(スロバキア)
25.ラファル・マイカ(ポーランド)
26.ジェイ・マッカーシー(オーストリア)
27.パヴェル・ポランスキー(ポーランド)
28.ユライ・サガン(スロバキア)

キャノンデール・ドラパック プロサイクリングチーム(CDT)

31.アンドリュー・タランスキー(アメリカ)
32.アルベルト・ベッティオール(イタリア)
33.ネイサン・ブラウン(アメリカ)
34.ブレンダン・キャンティ(オーストラリア)
35.ローソン・クラドック(アメリカ)
36.テイラー・フィニー(アメリカ)
37.トームス・スクウィンシュ(ラトビア)
38.ウァウテル・ウィッパート(オランダ)

チームカチューシャ・アルペシン(KAT)

41.アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー)
42.ティアゴ・マシャド(ポルトガル)
43.マルコ・マティス(ドイツ)
44.ミカエル・モルコフ(デンマーク)
45.ニルス・ポリッツ(ドイツ)
46.ヨナタン・レストレポ(コロンビア)
47.マッツ・ヴーツ・シュミット(デンマーク)
48.リック・ツァベル(ドイツ)

トレック・セガフレード(TFS)

51.ジョン・デゲンコルブ(ドイツ)
52.マルコ・コレダーン(イタリア)
53.グレゴリー・ダニエル(アメリカ)
54.クーン・デコルト(オランダ)
55.ルーベン・ゲレイロ(ポルトガル)
56.マルケル・イリサール(スペイン)
57.キール・レイネン(アメリカ)
58.アイマル・スベルディア(スペイン)

チームロットNL・ユンボ(TLJ)

61.ロベルト・ヘーシンク(オランダ)
62.ジョージ・ベネット(ニュージーランド)
63.クーン・ボウマン(オランダ)
64.フロリス・ディティール(ベルギー)
65.ベルトイヤン・リンデマン(オランダ)
66.ダーン・オリヴィエ(オランダ)
67.アントワン・トルーク(オランダ)
68.アレクシー・ヴェルミューラン(アメリカ)

コフィディス、ソリュシオンクレディ(COF)

71.ニコラ・エデ(フランス)
72.ヨアン・バゴット(フランス)
73.ギヨーム・ボナフォン(フランス)
74.マティアス・ルテュルニエ(フランス)
75.ルイス・マテマルドネス(スペイン)
76.ステファヌ・ロセット(フランス)
77.ジョレフ・スープ(フランス)
78.ヨナス・ヴァンヘネヒテン(ベルギー)

ラリーサイクリング(RLY)

81.ロブ・ブリトン(カナダ)
82.マッテオ・ダルシネ(カナダ)
83.アダム・フォス(カナダ)
84.エヴァン・ハフマン(アメリカ)
85.コリン・ジョイス(アメリカ)
86.セップ・クス(アメリカ)
87.ダニー・ペイト(アメリカ)
88.エリック・ヤング(アメリカ)

チームスカイ(SKY)

91.エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)
92.イアン・ボズウェル(アメリカ)
93.ジョナサン・ディベン(イギリス)
94.オウェイン・ドゥール(イギリス)
95.タオ・ゲオゲーガンハート(イギリス)
96.ピーター・ケノー(イギリス)
97.ダビ・ロペスガルシア(スペイン)
98.ダニー・ファンポッペル(オランダ)

UAEチームエミレーツ(UAE)

101.アンドレア・グアルディーニ(イタリア)
102.シモーネ・コンソンニ(イタリア)
103.クリスティアン・ドゥラセック(クロアチア)
104.フィリッポ・ガンナ(イタリア)
105.マルコ・クンプ(スロベニア)
106.ヴァガールステイク・ラエンゲン(ノルウェー)
107.ユスフ・ミルザアルハマディ(アラブ首長国連邦)
108.フェデリーコ・ズルロ(イタリア)

チームサンウェブ(SUN)

111.セーアンクラーウ・アナスン(デンマーク)
112.ロイ・クルフェルス(オランダ)
113.ヨハネス・フローリンガー(ドイツ)
114.クリス・ハミルトン(オーストラリア)
115.レナルト・ホフステデ(オランダ)
116.サム・オーメン(オランダ)
117.ラモン・シンケルダム(オランダ)
118.マイク・トゥニセン(オランダ)

アスタナプロチーム(AST)

121.マッティ・ブレシェル(デンマーク)
122.ローレン・デヴリーゼ(ベルギー)
123.ダニイル・フォミニフ(カザフスタン)
124.アーマン・カミシェフ(カザフスタン)
125.トルルスエンゲン・コルシェッツ(ノルウェー)
126.リカルド・ミナーリ(イタリア)
127.ルスラン・トルウアイエフ(カザフスタン)
128.アルチョム・ザハロフ(カザフスタン)

ディメンションデータ(DDD)

131.ベンジャミン・キング(アメリカ)
132.ニコラス・ドゥガール(南アフリカ)
133.ベルンハルト・アイゼル(オーストラリア)
134.タイラー・フィラー(アメリカ)
135.レイナールド・イョンスファンレンスブルク(南アフリカ)
136.ラックラン・モートン(オーストラリア)
137.マーク・レンショー(オーストラリア)
138.スコット・スウェイツ(イギリス)

ユナイテッドヘルスケア プロフェッショナルサイクリングチーム(UHC)

141.グレゴリー・ヘンダーソン(ニュージーランド)
142.ハニエルアレクシス・アセベド(コロンビア)
143.ジョナサン・クラーク(オーストラリア)
144.ダニエル・イートン(アメリカ)
145.ダニエルアレクサンデル・ハラミリョ(コロンビア)
146.ギャヴィン・マニオン(アメリカ)
147.トラヴィス・マケイブ(アメリカ)
148.タナー・プット(アメリカ)

チーム ノボノルディスク(TNN)

151.ロマン・ジウ(フランス)
152.ヨーナス・ヘンッタラ(フィンランド)
153.ダビ・ロサノ(スペイン)
154.ハビエル・メヒヤス(スペイン)
155.アンドレア・ペロン(イタリア)
156.シャルル・プラネ(フランス)
157.マルティン・フェルスホール(オランダ)
158.クリス・ウィリアムズ(オーストラリア)

ジェリーベリー ピービー マキシス(JBC)

161.ユリシーズ・アルフレド・カスティージョ (メキシコ)
162.シーン・ベネット(アメリカ)
163.ジョシュア・ベリー(アメリカ)
164.ジョーダン・チェーン(カナダ)
165.ジェイコブ・ラス(アメリカ)
166.タイラー・シェルダン(アメリカ)
167.セルゲイ・ツヴェトコフ(ルーマニア)
168.ベン・ウルフ(アメリカ)

過去5年間の総合優勝者・山岳賞・ポイント賞 獲得者

 

年度 総合優勝 山岳賞 ポイント賞
2016 ジュリアン・アラフィリップ エヴァン・ハフマン ペーター・サガン
2015年 ペーター・サガン ダニエル・オス マーク・カヴェンディッシュ
2014年 ブラッドリー・ウィギンス ウィル・ルートイ ペーター・サガン
2013年 ティジェイ・ヴァン・ガーデレン カーター・ジョーンズ ペーター・サガン
2012年 ロベルト・ヘーシンク セバスチャン・サラス ペーター・サガン

イタリアではジロ・デ・イタリアが開催中ですが、個人的にはツアー・オブ・カリフォルニアの方が面白いレース展開が期待できると感じています。

少し前にサガンが出場しないかも、という噂を耳にしたのですが、出場するようですね。
どういう作戦で総合優勝を狙っていくのか楽しみです。

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【台湾】太魯閣(たろこ)渓谷で落石事故、日本人サイクリストが意識不明の重体 「太魯閣国際ヒルクライム」中止
1: 2017/09/09(土) 23:38:38.46 ID:CAP_USER9 台湾で落石事故、日本人が重体 景勝地の渓谷 朝日新聞:2017年9月9日23時08分 http://www.asahi.com/articles/ASK996SY5K99UHBI01J.html 台湾東部・花蓮県の観光地、太魯閣(タロコ)渓谷で9日、落石事故があった。 3人が巻き込まれ、病院に搬送された。 地元報道によると、1人は日本人男性で、頭を強く打って意識不明の状態という。 男性は静岡県の30代で、自転車でツーリングをしていたという情報もある。 現場は切り立った渓谷の景観で知られる。   現地報道資料では、静岡県の白井寬之さんと報じています。 また、太魯閣渓谷では2013年から本件も含め5件の事故が発生していたようです。 なお9月10日(本日)、MAXXIS太魯閣国際ヒルクライム2017が開催予定でしたが、中止となりました。 出場予定であったサイクリスト(モデル)の日向涼子さんが以下のツイートをし

続きを読む

【自転車/漫画】弱虫ペダルのルールっておかしくね?
【TOJ2017】ツアー・オブ・ジャパン堺ステージの現地観戦レポート レースは生が一番!
【ツアー・オブ・カリフォルニア’17】第7ステージ(最終)のレース展開と結果について ハフマンが2勝目!総合優勝はジョージ・ベネット!
【ツアー・オブ・カリフォルニア’17】第6ステージのレース展開と結果について 個人TTはジョナサン・ディベンが制する

「'17ステージ」記事をもっと見る

'17ステージ 人気記事

記事が見つかりませんでした。