ジーニーのガウル「GAURL」はあまり意味がない?導入は慎重に!

※このページ、検索から飛ばされてますねww 神の力が働いているようで。

→最新記事:ジーニーのガウル、導入しても儲からない。儲かるのはジーニーだけ!もお楽しみください。

Googleのプログラムポリシーにそぐわない不適切なコンテンツへの広告対応策として提供されているサービス「(ジーニー)」

あのイケハヤさんも一応紹介しており、一部の間では認知されているASPです。

私もそのセーフティな仕組みに惚れ込みGAURLを2015年9月から使用してきましたが、あえなく、Google Adsenseの広告配信が停止されてしまいました。

じゃあ意味ないじゃん!?って思うかもしれませんが、どうなんでしょう。

導入については私の体験なども参考にしながら検討してみてください。

ジーニーについて

まずジーニーについてですが、展開しているサービスが独自広告および、グーグルパートナーの二つがあります。

前者はジーニーが広告主になっているもので、後者はグーグル・アドセンスをメインに使用するものです。

GAURL(ガウル)という機能は、このグーグルパートナーの機能で使われています。

ジーニー独自のテクノロジー「GAURL(ガウル)」で、ポリシーセーフにAdSenseを配信サイトコンテンツ上のキーワードをURL単位で自動解析し、ポリシーセーフにAdSenseを配信する独自開発技術「GAURL(ガウル)」で、AdSenseアカウントの安定運用と収益最大化を両立することができます。
万一、Googleからのアカウント警告が発生した場合にも、サポートデスクが即時対応します。

(GenieeHP)

GAURLの概要

GAURLGeniee HPより

端的に言えばアドセンス広告停止のリスクを免れることができるものです。

イケダハヤトさんのHPでは、

たとえばGoogle Adsenseは「ビール」について書いてはいけないんですが、Geniee君はブログ記事に「ビール」という文字が含まれていたら、自動でAdsense以外の広告を出してくれちゃうんです!すごい!

(まだ東京で消耗してるの?

と説明されています。ジーニーの説明も概ね上記のような感じで、プログラムポリシーに抵触するおそれのある単語を含む記事などについては、自動でアドセンス以外の広告を出すという、なかなか考えられた仕組みです。

つまり

  • 酒・タバコ・ポルノ・他社への誹謗中傷などポリシー違反のおそれがある記事:Geniee独自広告
  • それ意外のセーフティコンテンツ:Google Adsense

こういった広告の表示分けをしてくれるようです。

実際こういったシステムおかげで、アカウント停止になった顧客は0件という実績もあります。(2015年6月時点の情報)

その他メリット

それ以外にもメリットが有ります。まず一点はグーグルとのやり取りの仲介をしてくれるところです。

広告停止に関する申し立てなどを認定パートナーであるジーニー側からからしてくれるので、一個人がやるよりはまだ信頼性が高いように思います。

そして警告もジーニーが仲介されますので、担当者から改善のため具体的な指示をいただくことできるます。

もう一点はアドセンスの数を増やすことができます。

ガウル導入により手数料がいくらか取られますから、その分Googleアドセンスの広告数を増やすことができます

しかし規約上、担当者の言うとおりの配置にしなければならないため、広告が逆に多すぎて見栄えが悪くなり、訪問客に悪印象を与えかねてしまわないというデメリットも有しています。

(このことが原因で、すぐにジーニーをやめているユーザーも散見されます)

私は配信停止になりました。

ihan

残念ながらジーニーが完全というわけではなく、現に私のアカウントは配信停止の憂き目にあいました。

こちらではなくジーニーの方に警告がきており、担当から指摘された記事を削除したにも関わらず、配信停止。しかも配信停止の原因となったURL例が、削除したものと同じでした。

なんらかの連絡ミスを感じるところであり、これならば素直にグーグルからの警告メールを受けていたほうが停止にならなかったのでは?とも思ってしまうところです。

(ちなみにグーグルから直接警告が来ることもあれば、ジーニーに直接警告が行くこともあるようで、仕様がよくわかりません)

おまけにIT業界ゆえか電話応対力は低い。折り返しの連絡は3時間待っても来ません。結局こちらから電話したのですが、「誰ですか」といった感じで面倒そうに応対されます

じゃあ対応はちゃんとしてくれるのかというと、「翌日googlenに申し立てを行えるよう準備する」と連絡があったにもかかわらず、翌日確認すると終日不在、折り返しの連絡はない、そして何ら対応を行っていない、といったところで、どうも信頼性に欠きます。

「万一、Googleからのアカウント警告が発生した場合にも、サポートデスクが即時対応します。」とHPにありますが、残念ながらそのようなことはありませんでした。

結論:アカウント停止は救ってくれるかも?

ウェブ運営者によっては即アカウント停止、となってしまう方もいらっしゃるようです。(アカウント停止は配信停止のさらに厳しい措置です)

私の場合は今のところまだ配信停止なので軽傷だといえるでしょう。

ただ個人的にジーニーに感じるのは手際の悪さと広告配置のブサイクさです。(ちなみに収益最大化の努力をしてくださるようですが、特別なことがない限り連絡はありません)

ま、しかし、広告配信停止だったらまだなんとかなるレベルではあるので、それを救ってくれると考えると、ありがたいのかもしれません。

アカウント停止は死にますからね。。(´・ω・`)

 

以上参考いただき、「それでもガウルは魅力的だ!」と思う方はぜひどうぞ。

参考になりましたら
いいね!お願いします


ライフハック

【話題】5ちゃんねる、まとめルール変更で「アフィブログ死亡」の声も(まとめ)
1: 2017/11/26(日) 10:52:48.39 ID:CAP_USER9 http://www.bengo4.com/internet/n_7019/ 2017年11月26日 10時07分 ネット掲示板「5ちゃんねる」は11月12日、ルール違反をした「まとめブログ」運営者への対応を変更した。違反があった場合、DMCA(デジタルミレニアム著作権)侵害として申し立てるという。 5ちゃんが設けている「まとめブログ」の主なルールは、(1)ステマの禁止、(2)レスの捏造、改変の禁止(個人情報の伏せ字化などは可能)、(3)嫌儲板のまとめ禁止、(4)元スレへのリンクを貼ること。 ルールを守れば、コンテンツ使用を許諾する一方、無断使用は著作権侵害などになるとして、DMCA侵害として申し立てるとともに、民事・刑事による法的対応もとるとしている。 ネット上では、流入や広告がなくなる可能性があるため、「(リエイト)ブログ死亡」などと騒がれている。DMCAとは一体なんなのか。そもそもこのルールに従う必要はあるのだろうか。田中一哉弁護士に聞いた。 ーーD

続きを読む

【Google Adsense】11/9からads.txtを設置していないサイトに広告が表示されなくなったかも?【要修正】
まとめサイトでイラッとする瞬間(まとめ)
【まとめのパクリ】まとめサイト管理人なんやがマジで助けてほしいンゴ
【CF】クラウドファンディングしてみたけど、なんやこれ。。。

「ブログ論 ~全てはアクセス増のため~」記事をもっと見る

ブログ論 ~全てはアクセス増のため~ 人気記事

【まとめサイト】ワイまとめ管理人、月7万PVほど稼ぐも収益ゼロ
WordPressのリダイレクト問題の経緯と対策について。
おすすめのレンタルサーバーはどれ?21サービスを徹底比較!
【まとめのパクリ】まとめサイト管理人なんやがマジで助けてほしいンゴ
取得したドメインの設定ができない!その謎に迫ります。In Xserver
ブログは1年でどのくらいのPVになるか。当サイト及び他サイトの事例をまとめてみました。
【1分でできる】Naverまとめから除外してもらうための方法【まとめ拒否】
Google Adsenseの単価が低い時に気をつけたい3つの点とは。カスタムチャネルの文例も紹介。
もしもの『アフィリエイトチャレンジ』(1~4号)概要・ネタバレ・感想!真摯に取り組めば必ずためになる内容!
Googleアナリティクスのリアルタイムアクセスと1日のPV数との関係はどのくらい?