サーマン(第1巻)の感想。まさかヒューマンドラマだったとは。

佐々木昇平先生の3作品目である「サーマン」(第1巻)を紹介します。
物語開始直後から下ネタ全開で下品、そして非常にクドい絵柄、その上重くエグい話の設定と展開。
読み始めは出オチ漫画かと思ってしまいますが、意外としっかりしたストーリーが入っています。

サーマン(1) (ヤンマガKCスペシャル)
佐々木 昇平
講談社 (2015-09-04)
売り上げランキング: 51,104

概要

ちょっぴりマザコンにして、どっぷりな汁ダク中学生・鈴木星恩(スズキ・シオン)君は、お母さんの再婚をきっかけに、埼玉から秋田にお引っ越しをするコトに‥‥。
おバカな仲良しグループとの別れを惜しみつつ、新たな中学へと転校したのだが‥‥。
案の定、その学校の悪ガキからイジメられ&ドツカれ、散々な日々を過ごすハメに[中略]。
それから3年の時が流れ、高校生になった星恩は、ある日、川原でとんでもない化け物と遭遇す!!!

Amazonより引用

感想

この作品は、益多部(旧姓;鈴木) 星恩<ますたべ しおん>が秋田の川原で遭遇した秋田弁の半魚ボーイを中心として物語が展開されていきます。
サーマン004
(どう見てもRPGに出てくるモンスターです)

主人公シオンに「サーマン」と名付けられた半漁ボーイですが、重い境遇でありながら名付けられたことを非常に喜んでいます。「お前」と言われたら「オラ名前サーマンだよ」と何度も言うなど、非常にピュアなバカです。

シオンや、そのシオンをいじめている伊東銀二もサーマン同様に重い境遇を持っています。

シオンと伊藤銀二は、険悪な関係でありましたが、サーマンのお陰で打ち解けていくなど青臭い思春期らしい描写もあり、今作の内容はさながらヒューマンドラマ的でもあります。

サーマン002
方言や地元の民話なども絡めており、なかなか人情味溢れたテイストともなっています。

先行作ツナマン!との対比

サーマン ツナマン
名前 サーモン+人間 ツナ(マグロ)+人間
性格 下から、温和 上から、攻撃的
絵柄 写実系 萌系
キモさ MAX ただのマグロ

まとめ

  • エログロに興味のある方
  • 秋田弁を喋る鮭に惹かれる方
  • 絵柄に比してヒューマンドラマという変化球を求めたい方に

絵柄が濃く、下ネタも多く、サーマンは一度見たら脳裏にこびりつくキモさと、なかなかハイレベルな作品になっていますが、内容は至ってまともです。こういった異色の?作品を求められる方にはオススメではないでしょうか。

俺からの感想は以上です。

参考:佐々木先生の過去作品

簡潔ながら佐々木昇平先生の過去作品にもふれておきましょう。

革命戦士 犬童貞男(1) (ヤンマガKCスペシャル)
佐々木 昇平
講談社 (2012-02-06)
売り上げランキング: 97,736
ガキジャン(1) (ヤンマガKCスペシャル)
佐々木 昇平
講談社
売り上げランキング: 180,905
艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(8) (ファミ通クリアコミックス)
コミッククリア編集部
KADOKAWA/エンターブレイン
売り上げランキング: 40,815
艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(10) (ファミ通クリアコミックス)


メディア

【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
中村ひなた先生の『やさしいヒカリ』(第1巻)の感想です。 中村ひなた先生は今作以外では、主にイラストを描かれていたようです。 中村 ひなた 講談社 (2018-11-07) 作品紹介 例えば、どこか遠くで暮らすとしたら――。 息つく暇のない生活を送るサラリーマン・三宅が再就職で行き着いたのは、穏やかに時間が流れる月輪島。 女子高生が案内人の、新たな暮らしが始まる! 潮風薫るリラックス・ドラマ開幕!! 激務のサラリーマン生活を辞めた主人公の三宅飛鳥が、離島の簡易郵便局の局長をする為に月輪島に行くことから物語が始まります。 月輪島の簡易郵便局へ転職した主人公の三宅 感想 優しい時間の流れ 物語冒頭では激務で死にかけている主人公・三宅の描写があり、それ以降は非常にゆったりとした流れで描かれています。 ほのぼのとした話が中心に描かれており、三宅とヒロインの女子高生である日和子との掛け合いがホンワカとします。 三宅とヒロイン(?)の日和子 第1巻では簡易郵便局での話はあまりなく、基本的には島民との交流を中心に描かれています。 その描写の中

続きを読む

【漫画】尾高純一先生の原作、野田大輔先生の作画『それほど暇ではありません。』(第1巻)感想~愛媛県松山市の姉妹の日常を~
【大好物】ずっと男の子だと思ってたのに、お前女だったのか!
【漫画】多田乃伸明先生『鬼の又鬼のアモ』(第1巻)感想~濃厚な和風テイストのするファンタジー作品~
【漫画】詩原ヒロ先生『オンラインの羊たち』(第1巻)感想~現代へのノスタルジーを感じよう~

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

【漫画】横槍メンゴ先生『めがはーと』感想 愛と命をめぐる、読み切り作品集
君死ニタマフ事ナカレ(第1巻)初回特典と感想。作画最高!原作最強!?
【漫画】いとまん『発症区』(第1巻)初回特典と感想。表紙詐欺だが内容上々!作者の成長にも期待したくなる作品
『流れ星に願うほど僕らは素直じゃない』(1巻)感想。挑戦的な作品!?
【漫画】仲谷鳰『やがて君になる(やが君)』第2巻、感想・評価・レビュー(+特典)相変わらずレベルが高い!
【漫画】中村ひなた先生『やさしいヒカリ』(第1巻)感想~のんびりとした離島の田舎生活~
【大好物】ずっと男の子だと思ってたのに、お前女だったのか!
スイッチウィッチ1~3巻(茂木清香)心の襞を鋭く突く衝撃作。(グロ注意)
『君死ニタマフ事ナカレ』(第2巻)初回特典と感想。絶賛期待中の迷走作!?(あるいはその逆)
【漫画】岡本倫先生原作、横槍メンゴ先生作画『君は淫らな僕の女王』(第2巻)初回特典・感想 絶妙なバランスで成り立っている奇作