ゴーストライター(第1巻)の感想。初連載にして注目の御影夏先生の正体とは?その実力はいかに!?

御影夏先生の初連載作品である「ゴーストライター」(第1巻)を紹介します。
初連載でありながら「注目の実力派作家」とあるのがミソですね(詳しくは後述!?)

ゴーストライター(1) (ヤンマガKCスペシャル)
御影 夏
講談社 (2015-11-06)
売り上げランキング: 3,036

商品紹介

ある日、「助けて」とわたしの手が書いた。
最強の幼なじみで送る極上の学園怪奇ストーリー!!!! 
美麗な画力と鋭いギャグセンスで注目の実力派作家・御影夏の初長編連載作!! 
幼なじみの高校生・伊勢太一伊勢よしのは、ある日から、人ならざる怪奇が見えるようになり、同時に不思議な能力にも目覚めてしまった。
しのの能力は、他人の心を書き写す、「ゴーストライター」と呼ばれるチカラだった……!!

Amazonより引用

感想

個性的な会話のキャッチボールを行う伊勢よしの、そしてそれに振り回される日々木太一の二人が主人公の物語です。
ゴーストライター001
右が伊勢よしの、左が日々木太一です。

絵柄そのものは独特であり古臭いなどの印象は持たないものの、幼馴染みの男女が二人で行動を共にするなどの人物設定、そして都市伝説などの舞台設定はどこかしら懐かしい印象を受けました。

幼馴染み感や色気は直接的な描写はないものの、そこはかとなくそれらを感じさせてくれるのはグッドです。

良くも悪くもですが、流し読みはしにくい作品ですね。
ヒロインである伊勢よしののおっとりとマイペースで特異な会話のペースが、そのまま作品に落とし込まれたような感じです。

内容に関してですが、設定というのか登場人物の目的意識がハッキリとしている反面、行動や心情などが意外と目まぐるしく動き回り、流し読みで大筋は理解できるものの読み終わった後に物足りなさを感じ再度読み直してしまう、そんな作品でした。

キャラや、出てきた人ならざる怪奇などの紹介は話の間に入っています。

1巻では舞台設定などの紹介であり、2巻以降で本格的に物語が動き出しそうです。
ちなみに今作は連載では、4週載せてその後1か月休載というペースとのこと。
巻末の予告によると2巻の発売は来年の春を予定しているようです。

著者に関して

御影夏先生ですが、作品を手に取ってすぐにどう見てもあの人だよな、と思いましたが、作中でも御影夏先生のpixivでも特に言及されていないので隠しているのかと思い、特に触れないでおこうと思っていました。

ただ大塚麗夏先生のpixivでは、別名義にしている理由を、「各方面に配慮した結果そうする事になりました。」と載せているので、御影夏で検索された場合に、できれば目に触れないで欲しいといった感じでしょうか。
出版社側の配慮でもあるのか、新人でも初単行本でもなく実力派作家や初連載単行本として売り出した、と言うことみたいです。

まとめ

仕方ないとは言え、1話読み切りではない為、成年誌の時のような1話ごとのインパクトはありません。
インパクトを期待すると肩透かしを食らう可能性が高いですが、実際には1巻全体で万遍なく作者と作者が作り出すキャラの個性を活かしているのはさすがだと感じました。
手探り状態なのかも知れませんが、個人的にはもう少しはっちゃけてしまってもいいとは思いますね。

この作品は

  • 都市伝説や民間伝承などの御伽噺が気になる人(オリジナルでもいいと思えることが前提)
  • 一風変わった会話術を見てみたい人に
  • 別名義作品のファンである方に!?

おススメかと思います。

俺からは以上です。

9デイズワンダー 1 (少年チャンピオン・コミックス)
福井 瞬 オオノ ヨウ
秋田書店 (2013-12-06)
売り上げランキング: 92,073
9デイズ ワンダー(4)(完結) (少年チャンピオン・コミックス)
福井瞬×オオノヨウ
秋田書店 (2014-10-08)
売り上げランキング: 78,154

参考になりましたら
いいね!お願いします


漫画・映画・アニメ

【漫画】須賀達郎先生『帷子しずくはリードしたい!』(第1巻)初回特典・感想~幼馴染みと野球の組み合わせは正義………~
須賀達郎先生の『帷子しずくはリードしたい!』(第1巻)の感想です。 須賀達郎は今作以外にも『マックミラン高校女子硬式野球部』(及び『マックミランの女子野球部』)や『2年2組のスタジアムガール』といった萌えと野球を融合させた漫画を多数手掛けております。 なお、須賀達郎先生の『マックミラン高校女子硬式野球部』は、私のランキングの一つである「野球漫画のおすすめはやっぱりこれ!独断と偏見のベスト25!」で第11位でした。 須賀達郎 泰文堂 初回特典 イラストカードでした(とらのあな購入特典) 作品紹介 厳つい見た目に反して気弱な性格が弱点のプロ野球選手、帷子ユウリ。 プロ入りしてから伸び悩んでいたユウリは、幼馴染の"しずく"とケッコンすることに。 ところが、しずくはユウリをぐいぐい引っ張る""女房役""だった…! ? Amazonより引用 東京スピードワゴンズの選手である帷子ユウリ<かたびら>と、その新妻であるしずくの野球×ラブコメ作品です。 幼馴染み二人のイチャつきっぷりが見ていて眩しい作品 感想 野球と、そして可愛い幼馴染み! 作

続きを読む

【漫画】あららぎあゆね先生『リンナ警部は呼吸ができない』(全3巻)初回特典・感想 ~ラブコメで駆け抜けた名作~
【漫画】19名の作者が作る『エクレア bleue あなたに響く百合アンソロジー』完全レビュー~百合を愛するすべての人に~
【漫画】青辺マヒト先生『悪舌のモルフォ』(第1巻)初回特典・感想~美少年×元美少年の物語~
【漫画】山本崇一朗先生『恋文-山本崇一朗短編集-』初回特典・感想~ああ、素晴らしき山本崇一朗ワールド~

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

【漫画】金沢真之介先生『クノイチノイチ!』(第1~2巻)初回特典・感想 全くノ一が激怒するであろう問題作
「ふだつきのキョーコちゃん」「からかい上手の高木さん」魅力溢れる山本崇一朗作品のレビュー。
【漫画】寺井赤音先生『あまちんは自称♂』初回特典・感想 うーん…酷い!(褒め言葉)
【漫画】白正男&山戸大輔先生『テコンダー朴』(第2巻)感想 差別と戦い続ける主人公が感動的な作品
懲役339年(全4巻)感想。漫画と言うには勿体無い、映画のような作品だった。
君死ニタマフ事ナカレ(第1巻)初回特典と感想。作画最高!原作最強!?
【漫画】田村茜先生「モブ子の恋」(第1巻)感想、この作品に出てくる人達の優しさで現実世界を包み込んで欲しい
素晴らしき山本崇一朗ワールド『からかい上手の高木さん』『あしたは土曜日』他 ノスタルジックツアーにようこそ。
【漫画】栗井茶『アオイココロが地球を割る(削る)』(第1巻)初回特典と感想。
【漫画】植野メグル『はじめてのギャル』(第1巻)初回特典・感想・レビュー。「からかい上手」なギャルはいかが?