コーヒーを飲むと長生きできる?コーヒーの驚くべき健康への効果

2015年11月4日放送のNHK ためしてガッテンのテーマはコーヒーでした。

コーヒーについて非常に興味深い話がありましたので、ご紹介させていただきます。

コーヒーを飲むことで死亡リスクが減る

lgf01a201307231200

コーヒーを1日に3~4杯飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて心臓や脳血管、呼吸器の病気で死亡する危険性が減少するという研究結果が国立がんセンターや東京大学などの研究チームによって明らかになりました。

チームは1990年代に10都道府県に住んでいた40~69歳の約9万人を対象に2011年まで約19年間の追跡調査を行いました。

この調査によると、コーヒーを1日に「3~4杯飲む」と答えた人は、心臓病で死亡する危険性が「ほとんど飲まない」と答えた人に比べて36%低いということが分かりました。
また、同様に脳血管病は43%呼吸器病は40%低かったいうことです。

研究チームではこの結果について、コーヒーに含まれるクロロゲン酸(血糖値や血圧を調整)、カフェイン(血管の健康を保つ)の効果が考えられるとしています。

コーヒーを飲むと血管が柔らかくなる

ギリシャ・イカリア島の高齢者の場合

20151105coffee4
GoogleMap
より

ギリシャ・イカリア島はアテネから東へおよそ200キロの場所にあります。
人口8000人のうち、およそ100人が90歳以上です。
90歳以上の高齢者の割合はヨーロッパ平均の10倍となっており、長寿の島として有名です。

この島の人たちはよくコーヒーを飲みます。1日に3~4杯飲む人も多いようです。

2013年、イカリア島の長寿とコーヒーとの関係を示す論文(PDF)が発表されました

論文を発表した研究チームは島の高齢者142人に協力してもらい、コーヒーを飲む量を調査しました。
そしてそれぞれの血管の状態を詳しく調べた結果、コーヒーをよく飲む高齢者は血管が柔らかく保たれていることが分かりました

コーヒーを飲む量と血管の柔らかさ

20151105coffee1

このグラフは協力してもらった142人の1日に飲むコーヒーの量と血管の柔らかさの関係を示したものです。
FMDはFlow Mediated Dilationの略で血流依存性血管拡張反応検査といいます。
FMDの正常値は6%以上です。数値が高いほど血管が柔らかいです。

コーヒーを毎日450ml以上飲む人はFMDが6%を超えていて、正常値の範囲に収まっています。

血中のコレステロールも減らせる

001
マイナビより

日本大学 生物資源科学部の近藤春美専任講師が行った実験により、コーヒーに含まれるフェルラ酸という物質と血中のコレステロールが関係することが分かりました。

実験の概要

被験者8人にコーヒーを飲んでもらい、30分後に採血を行います。そうして採血した血液と、コーヒーを飲む前に採血した血液とで比較します。

その結果、コーヒーを飲んだ後は血中のコレステロール量が減っていることが分かりました。

なぜ?

コーヒーに含まれるフェルラ酸がコレステロールの処理能力を向上させるからだと考えられています。

血中コレステロールが増えると、血管の壁に入り込んでしまうことがあります。
するとマクロファージが現れて血管壁に入り込んだコレステロールを捕食してくれます。

これで一安心というわけではなく、マクロファージはコレステロールを捕食し過ぎると死んでしまいます
この死骸が溜まり、血管壁が盛り上がる現象が動脈硬化です。

しかし、コーヒーを飲んだ場合、コーヒーに含まれるフェルラ酸が血中に広がります。
コレステロールを捕食し過ぎて瀕死のマクロファージにフェルラ酸がくっつくことで、マクロファージは正常化され、再びコレステロールを捕食することができるようになる、という理由です。

※マクロファージは白血球の一部で、死んだ細胞や、体内に生じた変性物質、侵入した細菌などの異物を捕食して消化してくれる体内の掃除屋です。

コーヒーはどれくらい飲めばいいの?

次のグラフは国立がん研究所の調査によって分かった、コーヒーの摂取量と心臓病による死亡率の関係です。

 

20151105coffee2

全く飲まない人を1とした場合の比率で表しています。
このグラフから分かるように、コーヒーを3~4杯飲む場合に心臓病で死亡する最もリスクが低いということが分かります。

5杯以上の場合はデータ量が少ないので、はっきりとしたことはまだ分かっていませんが、飲み過ぎは良くないということかもしれませんね。

まとめ

  • コーヒーに含まれるフェルラ酸はマクロファージの救世主
  • コーヒーを飲むことで血管の柔らかさを保てる
  • 1日3~4杯のコーヒーが心臓病の死亡リスクを最も減らす

コーヒーを1日に3~4杯程度飲むだけで、病気での死亡リスクが減らせたうえに、コレステロールの処理能力も上がるのであれば実践しない手はないですね。

参考になりましたら
いいね!お願いします

コーヒー好きに朗報!ネスカフェのマシンが格安!

ネスカフェのコーヒーマシンがご家庭で格安で購入できるという、大変お得なサービスです。

編集部ではバリスタだけでなくスペシャルTドルチェ・グストなど3種類のマシンを愛用させていただいております。

毎月コーヒー粉を購入する必要はありますが、一般の価格よりも安く設定されているため、カフェインを常に求める私のような者にとっては、かえってコストが安くなりとてもありがたいです。

サービスが予告なく終了するといってはや一年経過しており、かなり好評のようです。

またネスカフェとタブレットを月額500円で使えるようにするサービスなど、各種展開も発展しています。

IOTとしてのネスカフェの将来性も楽しみで、機器のアップグレードはいつも無償で行えますので、このタイミングでネスカフェの最先端に触れておく、というのもいいかもしれません。

当サイトでも使い方・レビュー記事マシン分解などを行っています。(本当はイケナイのかもしれませんが)分解した中身もなかなか精巧に、考えられて作られていることがはっきりと分かり、マシンの性能としては本編集部でもお墨付きです。

よろしければ下部リンクから除いてみてください。

フード系

【ネスカフェアンバサダーの落とし穴】解約の返却費用が元払いだった件
ネスカフェのアンバサダーを解約すると、当然ではありますが機器(タマやスペシャルTなど)の返却の必要が生じます。 そのため向こうから伝票が送られてきます。これが着払いかなと思ったら驚くことなかれ、元払いなのです。 ということはですよ、3つ機械使ってて送料が5000円くらいだとしますよね?(私の場合隣の県でこの値段なので、もっと遠隔地の人の場合はさらに料金がかかるものと思われます) あれ?アマゾンとかドンキでそのまま買ったほうが得じゃね? ネスレ コーヒーメーカー ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ TAMA プレミアムレッド HPM9633PR posted with amazlet at 18.09.15 ネスレ 売り上げランキング: 139,741 Amazon.co.jpで詳細を見る 6500円くらいやで(´・ω・`) という不都合な真実です。 ライフハックして生きる、そんな難しさを感じられます。 もちろんぶっちゃけ返さなくても訴えられりすることはまず考えられないので放置でもいいとは思う

続きを読む

【飲料】日本中のカフェ憤死、日本で一番うまいコーヒーが札幌のイタリア料理屋に決定してしまう
【飲料】まさに薬!コーヒー飲むと肝臓にいい 肝疾患での入院リスクが2割も減る!
【飲料】気分転換の一杯 1位コーヒー、2位緑茶に続いて、3位が紅茶 紅茶は週に1回以上飲む人が約7割
【搾取】スタバに意識高い系バイトが集まり、意識低い系正社員が集まるワケ(反応まとめ)

「コーヒー~深遠なる味に惹かれて~」記事をもっと見る