1: 2017/05/22(月) 17:17:22.43 ID:CAP_USER9 海上自衛隊舞鶴地方総監部は22日、補給艦「ましゅう」で業務中、部下の女性隊員を殴ったとして、同艦所属の男性海曹長を停職5日の懲戒処分にした、と発表した。 総監部によると、海曹長は昨年10月19日午前7時ごろ、女性隊員への指導の際、顔を殴ってけがを負わせた。 海曹長は同年9月1日朝にもこの女性隊員に同様に暴行し、「過去にも同じ指導をしたことから激高してしまった」と話したという。 森田哲哉艦長は「服務指導を徹底させ、再発防止に努める」とコメントを出した。 配信 2017年05月22日 12時20分 京都新聞 http://kyoto-np.jp/politics/article/20170522000057 ましゅう型補給艦は、海上自衛隊が運用する補給艦の艦級。建造費は約430億円。 なお本型は、2015年にいずも型ヘリコプター搭載護衛艦が就役するまでは最大の自衛艦であった。 ウィキペディア 反応まとめ via:【海自】「激高し...