1: 2017/07/27(木) 09:31:31.27 ID:CAP_USER9 今年になってカジュアル衣料専門店チェーン、しまむらの業績にブレーキがかかり、2期連続最高益更新の業績見通しに黄信号が点滅している。 会社は要因として天候不順や個人消費の低迷などを挙げるが、その陰に構造的な要因があるのではないかという見方もある。 それはしまむらのビジネスモデルの問題なのか? それともネット通販やフリマアプリなどの「新勢力」が現れ、衣料品販売のマーケットに変化が起きているからなのか? しまむらの連結業績の推移 http://www.sbbit.jp/article/image/33839/570_bit201707251342382649.jpg ●見通しは2ケタ増益だが第1四半期は2ケタ減益 しまむらといえば、小売業の中でも好調な専門店チェーンの「勝ち組」代表格として知られてきた。主力ストアブランドの「ファッションセンターしまむら」は全国に1378店舗あり、「ユニクロ」の834店舗(5月末現在)を数で上回る。 それ以外の業態には、ファッシ...