やがて君になる(第1巻)初回特典と感想。百合としても恋愛漫画としても優秀作。特典小冊子もすごい!!

仲谷鳰先生の「やがて君になる」(第1巻)を紹介します。
先生の初連載初単行本作品のようです。
※第2巻の記事はこちら、第3巻の記事はこちらになります。

やがて君になる (1) (電撃コミックスNEXT)
仲谷鳰
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015-10-24)
売り上げランキング: 123

初回特典

やがて君になる 特典
(作者的にも個人的にも豪華メンバーである)小冊子でした(メロンブックス購入特典)。
現在も残っているか不明ですが、ぜひとも手に入れて欲しいレベルの特典です。(詳細については後述)

仲谷鳰『やがて君になる』
4pリーフレットでした(とらのあな購入特典)

内容紹介

好きを知らない少女が出会う、一筋縄ではいかない――女の子同士の恋愛
恋する気持ちがわからず悩みを抱えるは、先輩・燈子が告白を受ける場面に出会う。
誰からの告白にも心を動かされないという燈子に共感を覚えるだが、やがて燈子から思わぬ言葉を告げられる。
「君のことが好き」

Amazonより引用

感想

主人公である1年生の小糸侑の、「好き」という感情は理解できるものの、それを実感できない、というキャラ付けがなかなかに斬新な印象を受けました。

自分は「好き(特別)」という感情を実感したい、と願っている主人公が初めて同じような境遇にいると思っていた先輩で生徒会長候補(作中で生徒会長に)の七海橙子
やがて君になる002
その橙子はあっけなく「好き(特別)」を知ってしまい、侑は「ずるい」と感じる

また侑は、(少なくとも現時点では)、実は「好き(特別)」を実感していないと思い込んでいる、もしくはその感情を理解していないだけ、というわけではないようです。

侑には色々なイベントが起こりますが、そのたびにどこか冷めた態度や感想を持ちます。

これは、特別を知ってからドギマギしている橙子と、反対にそれに対する侑の態度が超クールで、物凄く温度差を感じます。

そして細かい感情表現や伏線の張り方など、非常に丁寧に描写されており、百合漫画としてだけではなく恋愛漫画としても優秀な印象を受けます。
やがて君になる001
主人公である小糸侑の設定は結構重くありながらも、細かいフォローが入っているの後味の悪さを感じることはありません。

ただ気になった点としては、橙子の特別を知る瞬間がちょっと唐突に感じた点ですね。
とはいえこの展開、スパッと一目惚れのように描写するか、逆にもっと時間を掛けた描写にするといった他のやり方も、しっくりとくる展開が想像できないのも事実なんですよね。

そういう意味ではこの展開がベストだったのかなぁ・・と悩んでしまいます。
この違和感が後に何らかの形で繋がれば、面白いですね。

2巻予告や作中の意味深な発言といった伏線が散りばめられており、今後の展開が気になり非常に期待が高まる作品です。

特典小冊子ついて

作者の名前の「鳰」について

「鳰」という字は今作の作者の名前なんですが、みなさん読めますか?
特典冊子に寄稿されている方の一人である南方純先生が作画担当されている「悪魔のリドル」という漫画の主要人物にもこの名前があり、
悪魔のリドル1001
鳰(にお)と、紹介されています(悪魔のリドル第2巻より引用)。
ちなみに仲谷鳰先生も
やがて君になる あとがき
と、言っています。てかちゃうんかいな。

小冊子の豪華過ぎる面々

ちなみにこの小冊子
やがて君になる 特典001
仲谷鳰先生以下8人で構成されていますが、(個人的には)物凄いメンバーです。

ついでなので、この特典冊子(やがて君になれ)のメンバーを軽く紹介します(巻数は現時点)と、
商業で描かれている方は

伊藤ハチ先生缶乃先生はタイトルからも百合漫画って感じですが、中身も完全に百合です。
平尾アウリ先生は読んだことあるのがこの2作品です。
他にも何作か出版されており、現在は「推しが武道館いってくれたら死ぬ」をいうタイトルの漫画を描かれており、この作品は百合っぽいようです。
深山おから先生はどことなくラノベっぽいタイトルですがオリジナル作品です。
この作品は(異性愛という意味で)普通の恋愛漫画にカテゴライズされると思います。

原作原案で漫画作画を担当されている方は

どちらもアニメ化された作品で、ご存知の方もいるかと思われますが、殆ど男性キャラが登場しない作品です。
漫画の方でも前者では全く、後者では2人のみしか男性キャラは登場しません。
ちなみに少し前の作品ですが、南方純先生のオリジナル作品である「南波と海鈴」も百合漫画です(今の南方純先生の絵柄は気の強そうな感じですが、当時は優しそうな雰囲気のする絵柄です。どちらも好みな絵柄です)。
新品で入手しにくそうなのが難点ですね(特に1巻)。

残る柊ゆたか先生こずみっく先生のお二方も百合同人やpixivでは百合を投稿されています。
ちなみに柊ゆたか先生は艦これのアンソロ佐世保鎮守府編の第6巻の表紙を描かれています。
この6巻は非常に好みの表紙です。

改めてこの冊子のメンバー、なかなか凄いですね。
百合漫画(もしくは同人)の作者ばっかりです(深山おから先生も同人で百合を描かれています)。
各作者1ページずつではありますが、非常に個性が出ています。
当然と言えば当然ですが、この手のゲストを呼ぶ際にはある程度はその作品に適したゲストを呼びと思いますが、ここまで固めてきた小冊子は記憶にないですね。

まとめ

小冊子のメンバーに少しビビッてしまい、長文を取ってしまいました。
純粋に紹介と感想を読みたかった方には申し訳ありません。
今作は

  • 温度差のある百合漫画が読みたい人に
  • 百合だけじゃなくて普通の異性愛にも通じる恋愛漫画も読みたい人に
  • なんだかブレイクしそうな雰囲気のある漫画を読んでみたい人に

おススメです。

俺からは以上です。

悪魔のリドル 公式 設定資料集
悪魔のリドル
売り上げランキング: 93,674
艦隊これくしょん -艦これ- 電撃コミックアンソロジー 佐世保鎮守府編 (6) (電撃コミックスNEXT)
柊ゆたか ビリー 伊藤黒介
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 11,453

参考になりましたら
いいね!お願いします


漫画・映画・アニメ

【漫画】須賀達郎先生『帷子しずくはリードしたい!』(第1巻)初回特典・感想~幼馴染みと野球の組み合わせは正義………~
須賀達郎先生の『帷子しずくはリードしたい!』(第1巻)の感想です。 須賀達郎は今作以外にも『マックミラン高校女子硬式野球部』(及び『マックミランの女子野球部』)や『2年2組のスタジアムガール』といった萌えと野球を融合させた漫画を多数手掛けております。 なお、須賀達郎先生の『マックミラン高校女子硬式野球部』は、私のランキングの一つである「野球漫画のおすすめはやっぱりこれ!独断と偏見のベスト25!」で第11位でした。 須賀達郎 泰文堂 初回特典 イラストカードでした(とらのあな購入特典) 作品紹介 厳つい見た目に反して気弱な性格が弱点のプロ野球選手、帷子ユウリ。 プロ入りしてから伸び悩んでいたユウリは、幼馴染の"しずく"とケッコンすることに。 ところが、しずくはユウリをぐいぐい引っ張る""女房役""だった…! ? Amazonより引用 東京スピードワゴンズの選手である帷子ユウリ<かたびら>と、その新妻であるしずくの野球×ラブコメ作品です。 幼馴染み二人のイチャつきっぷりが見ていて眩しい作品 感想 野球と、そして可愛い幼馴染み! 作

続きを読む

【漫画】あららぎあゆね先生『リンナ警部は呼吸ができない』(全3巻)初回特典・感想 ~ラブコメで駆け抜けた名作~
【漫画】19名の作者が作る『エクレア bleue あなたに響く百合アンソロジー』完全レビュー~百合を愛するすべての人に~
【漫画】青辺マヒト先生『悪舌のモルフォ』(第1巻)初回特典・感想~美少年×元美少年の物語~
【漫画】山本崇一朗先生『恋文-山本崇一朗短編集-』初回特典・感想~ああ、素晴らしき山本崇一朗ワールド~

「漫画・初回特典の紹介とレビュー」記事をもっと見る

漫画・初回特典の紹介とレビュー 人気記事

【漫画】金沢真之介先生『クノイチノイチ!』(第1~2巻)初回特典・感想 全くノ一が激怒するであろう問題作
【漫画】白正男&山戸大輔先生『テコンダー朴』(第2巻)感想 差別と戦い続ける主人公が感動的な作品
「ふだつきのキョーコちゃん」「からかい上手の高木さん」魅力溢れる山本崇一朗作品のレビュー。
【漫画】小虎先生『圧勝』(第1巻)初回特典・感想 1巻ではヒロインを好きになれるかに懸かってくる作品
【漫画】田村茜先生「モブ子の恋」(第1巻)感想、この作品に出てくる人達の優しさで現実世界を包み込んで欲しい
スイッチウィッチ1~3巻(茂木清香)心の襞を鋭く突く衝撃作。(グロ注意)
素晴らしき山本崇一朗ワールド『からかい上手の高木さん』『あしたは土曜日』他 ノスタルジックツアーにようこそ。
【漫画】小鳩ねねこ『肉女のススメ』(第1巻)初回特典と感想。肉食う性的な女子作品。
【漫画】イチヒ先生『おとなのほうかご』(第1巻)初回特典・感想 絶妙に残念な男女の物語
【漫画】寺井赤音先生『あまちんは自称♂』初回特典・感想 うーん…酷い!(褒め言葉)