おすすめのレンタルサーバーはどれ?21サービスを徹底比較!

最近は、個人でブログを立ち上げたり、Webサイトを構築してネット上に公開する人が増えてきたため、レンタルサーバーという言葉もかなり一般的になってきたのでしょうか。

ここでレンタルサーバーについて良く知らないという方のために、簡単に説明しておきます。

レンタルサーバー(レンサバ)は、Webサーバーやメールサーバーといった機能を搭載してインターネット網に常時接続されている貸し出し用のサーバーのことを表します。同時に多数のアクセスがあった場合でも動作が遅くならないように、個人で利用するパソコンよりもはるかに高性能なソフトウェアやハードウェアを搭載しています。

おそらく、この記事をお読みの方は、「WordPressでブログを作ってみよう」「ブログを立ちあげてアフィリエイトをやってみよう」という方がほとんどかと思います。

そして、レンタルサーバーと一口に言っても様々なサービスがあり、さらにプランも細分化されているため、どれを選んだらいいか分からないという方もたくさんいらっしゃるかもしれません。

そこで、本記事では人気の高いレンタルサーバー21社を比較し、どのレンタルサーバーがおすすめかを導き出したいと思います。

レンタルサーバー選びにお困りの方はぜひ最後までご覧ください。

レンタルサーバーを選ぶうえでの比較ポイント

レンタルサーバーはたくさんあって、どうやって選べばいいかよくわからないという方もたくさんいらっしゃるかと思います。

そのうえ、各社のホームページには様々な特徴やメリットが書いてあり、ますますわかりにくい状況です。ところが、見ておくべきポイントは意外と少ないのです。

以下に、重要なポイントを示します。

  • サーバーの種類
  • ディスク容量
  • ドメイン数
  • データベース(MySQL)
  • 転送量

これだけです!

基本的には上記の5点を抑えておけばいいでしょう。

B子
意外と簡単かも!?
C子
それでは各項目について順番に見ていきましょう。

サーバーの種類

共有サーバー(ホスティング)

共有画像出典:さくらのナレッジ

複数のユーザーが、1つのサーバーを共有して使う方式です。
1台のサーバー内の領域を複数に分け、それぞれの領域にユーザーがドメイン設定をして利用するというサービスです。

そのため、比較的安価に利用できるのですが、個別の細かな設定やカスタマイズを行うことはできません。

住宅でいうと、マンションのようなイメージです。

本記事で紹介するのは、すべて共有サーバーです。

専用サーバー(ハウジング)

専用

ユーザーひとりひとりにサーバーマシンを丸々1台を貸出しする方式です。

ユーザーごとにサーバーが1台割り当てられるために、他のユーザーの利用状況によって、サーバーの処理速度が低下することはなく、常にサーバーが持つ最大の処理能力を利用することが可能です。

ただし、共有サーバーと比べるとコストは高くなります。
また、セキュリティなどの設定も各自で行う必要があるため、サーバー管理者には高度な知識と技術力が必要となります。

住宅でいうと一軒家のイメージですね。

VPS(Virtual Private Server)

VPS

1台の物理サーバー上に仮想のコンピューターを何台も起動する方式です。

共有サーバー方式と、専用サーバー方式の良い点を併せ持っています。
管理者権限が付与される自由度の高い専用サーバを、従来的な専用サーバよりも大幅に安い価格で利用することができます。

性能的には共有サーバーと同等です。

ディスク容量

lgi01a201403291300

サーバー内に割り当てられるハードディスクの容量です。
契約によって上限が決まっていて、そこまでの容量内であれば自由にデータを保存できます。

動画のアップロードをメインとしたホームページでもない限り、容量はあまり意識する必要はありません。

文字がメインで、時々画像を挿入するような一般的なページ構成であれば、1GB~5GBの容量で十分事足りるのではないでしょうか。

ドメイン数

201610200001

複数のドメインを設定できるサーバーであれば、サーバー1契約にで複数のホームページを運用することができます。

1つの管理画面からいくつものサイト管理を行うことができるため便利です。

データベース(MySQL)

1024080005

WordPressは投稿した記事の内容や、各種設定などを保存するためのデータベースとして、MySQLを利用しています。

ですから、利用するレンタルサーバーがMySQLに対応していないとWordPressを使うことはできません。

また、WordPressは1つのサイトに対し、1つのMySQLを構築します。
つまり、レンタルサーバーで定められているMySQL数の上限が、WordPressで作ることのできるサイト数の上限となります。

転送量

1220112220

転送量の目安を大幅に超えた状況が続くと、サーバー側から警告を受けることになります。

ですが、警告が来た時点で、転送量を減らす措置を実施すれば、特に何かペナルティを受けるということはありません。

ただし、そのまま何も取らずに放置した場合は、アカウント停止などの処分を受けることになります。

目安として、1日に1,000PVくらいのアクセスがあると、転送量は1GB程度になります。

レンタルサーバー比較(最安値プラン)

今回紹介する全21サーバーの比較表です。
この表では各サーバーの最も安価なプランを掲載しています。

価格は全て税込みで計算しています。

サーバー会社 初期費用 年間費用 合計 ディスク
容量
ドメイン数 My SQL 転送量目安
レンタルサーバーミニム ¥1,188 ¥792 ¥1,980 1GB 1個 1個 1GB/日
99円レンタルサーバー ¥2,000 ¥1,180 ¥3,180 15GB 無制限 0個
ロリポップ ¥1,620 ¥1,296 ¥2,916 10GB 20個 0個 40GB/日
リトルサーバー ¥994 ¥1,944 ¥2,938 20GB 無制限 1個
TOK2プロフェッショナル ¥1,000 ¥2,472 ¥3,472 無制限 1個 1個
minipop ¥3,780 ¥3,240 ¥7,020 25GB 5個 1個 無制限
MixHost ¥0 ¥6,221 ¥6,221 10GB 無制限 無制限
ギガレンタルサーバー ¥0 ¥8,980 ¥8,980 80GB 無制限 無制限
JETBOYレンタルサーバー ¥0 ¥9,800 ¥9800 20GB 無制限 10個 無制限
KAGOYA Internet Routing ¥0 ¥10,368 ¥10,368 100GB 無制限 0個 120GB/日
お名前.comレンタルサーバー ¥0 ¥10,780 ¥10,780 200GB 無制限 50個 無記載
エクスクラウド ¥3,240 ¥11,583 ¥14,823 200GB 20個 20個 無制限
GMOクラウドレンタルサーバー ¥5,400 ¥12,096 ¥17,496 200GB 60個 30個 無制限
WADAXレンタルサーバー ¥3,240 ¥12,456 ¥15,696 20GB 1個 1個
wpXレンタルサーバー ¥5,400 ¥12,960 ¥18,360 30GB 10個 10個 50GB/日
エックスサーバー ¥3,000 ¥16,200 ¥19,200 200GB 無制限 50個 70GB/日
WebARENA SuiteX ¥0 ¥17,640 ¥17,640 300GB 10個 3個 無制限
ヘテムル ¥4,266 ¥19,440 ¥23,706 256GB 無制限 100個 120GB/日
エックスサーバーX2 ¥6,480 ¥23,328 ¥29,808 100GB 無制限 無制限
FUTOKAレンタルサーバー ¥6,000 ¥25,661 ¥31,661 10GB 10個 無制限 無制限
シックスコア ¥6,000 ¥29,808 ¥35,808 50GB 5個 5個 70GB/日

サーバー会社名をクリックすると、各サーバーの特徴に移動します。

B子
レンタルサーバーミニムがダントツで安いね!
A子
最安プランだとMySQLが0個でWordPressが使えないものも多いのですね
C子
気になるサーバーはありましたか?次の章で各サーバーの全プランと特徴について確認していきましょう。

各サーバーの特徴

それでは各サーバーの特徴についてみていきましょう。

レンタルサーバーミニム



プラン GoGo! GoGoプラス! ミニマム ミディアム マキシマム プロ
年間費用 ¥792 ¥881 ¥2,220 ¥2,832 ¥4,068 ¥11,100
初期費用 ¥1,188 ¥1,188 ¥494 ¥494 ¥494 ¥494
ディスク容量 1GB 1.5GB 3GB 6GB 15GB 50GB
ドメイン数 2 3 30 100 150 300
MySQL 1 2 6 10 20 30
WordPress
転送量 1GB/日 1GB/日 1GB/日 1GB/日 1GB/日 1GB/日
  • WordPressなどを簡単にインストール
  • 月額59円(3年契約時)から利用可能

3年契約時には最安値のGoGo!プランを、月額59円という格安料金で利用することが可能です。

また、MySQLも利用可能なので、WordPressの運用にも使えます。

転送量に関しては、1日1GBと比較的厳しめの数値になっていますので、画像などを多用するホームページ(グルメブログや旅行ブログ)などにはあまり向かないかもしれません。

A子
初心者の方が練習用にホームページを作るのには向いてそうですね

99円レンタルサーバー



プラン エコノミー エコノミーDB エコノミーDB+ パワーユーザー200 パワーユーザー10G
年間費用 ¥1,180 ¥2,380 ¥3,580 ¥5,980 ¥7,180
初期費用 ¥2,000 ¥2,000 ¥2,000 ¥2,000 ¥2,000
ディスク容量 15GB 15GB 15GB 20GB 50GB
ドメイン数 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
MySQL 0 1 3 無制限 無制限
WordPress ×
転送量目安 100MB/日 100MB/日 100MB/日 200MB/日 3GB/日
  • 月額99円から利用できる
  • 安心の国内データセンター

業界最安値となる月額99円から利用できるレンタルサーバーです。

料金は安いですが、独自ドメインを利用することが可能です。
また、ドメイン数は無制限なので、複数サイトを運営することもできます。
ただ、ディスク容量はあまり多くないのと、転送量の目安が100MB/日となっているため、大規模なサイトを運営するのはあまり向いていないかもしれません。

B子
中高生がお小遣いでホームページを作るのにもいいかも?

ロリポップ


プラン エコノミー ライト スタンダード エンタープライズ
年間費用 ¥1,296 ¥3,240 ¥6,480 ¥25,920
初期費用 ¥1,620 ¥1,620 ¥1,620 ¥1,620
ディスク容量 10GB 50GB 120GB 400GB
ドメイン数 20個 50個 100個 無制限
MySQL 0 1 30 100
WordPress ×
転送量目安 40GB/日 60GB/日 100GB/日 無制限
  • 独自技術によってWordPressが安定・高速化されている
  • サポート体制が充実している

2001年に開始したサービスで、レンタルサーバーの中では老舗になります。

以前は、「遅い」「重い」とそれほどいい評判ではなかったのですが、2015年10月に「サーバー環境の改善と革新的な技術の導入」宣言が出されてからは、サーバーの定期的な刷新や新技術の積極導入によって、ユーザーの満足度が上がっているようです。

サポート体制が充実しているのが特徴で、専門スタッフによる電話、メール、チャットという3つの方法が用意されています。

画像を多用した分かりやすいマニュアルも用意されているため、初心者でも安心して利用できるのではないでしょうか。

A子
コンピューターやネットに詳しくなくても使いこなせそうですね

リトルサーバー



プラン ミニ リトル ビッグ ヘビー
年間費用 ¥1,944 ¥3,240 ¥5,573 ¥51,581
初期費用 ¥994 ¥994 ¥994 ¥994
ディスク容量 20GB 60GB 120GB 500GB~
ドメイン数 無制限 無制限 無制限 無制限
MySQL 1 5 10 無制限
WordPress
  • ドメインを持っていなくてもサイト運営ができる
  • バックアップも万全

最安プランでもMySQLに対応しているため、月額162円からWordPressによるサイト運営を行うことができます。

どのプランを選択しても、独自ドメインによるホームページ、メールアドレスは無制限に利用可能です。

また、数日分のバックアップが標準で行われているため、何度でも無料でファイルの回復や復旧を行うことができます。

B子
バックアップがあればうっかりデータを消してしまっても安心だね!

TOK2プロフェッショナル



プラン サブドメイン 独自ドメイン
年間費用 ¥2,472 ¥3,472
初期費用 ¥0 ¥1,000
ディスク容量 無制限 無制限
ドメイン数 1 1
MySQL 1 1
WordPress
  • ホームページ容量無制限
  • サイト管理がしやすいcPanel

月額206円で容量無制限のサーバーを利用することができます。
音楽ファイルや動画ファイルなど容量の多いコンテンツを扱う場合でも容量制限の心配をしなくていいため安心です。

C子
サーバーコントロールパネルにはcPanelという有名ソフトが利用されています

minipop



プラン ミニ ビック
年間費用 ¥3,240 ¥6,480
初期費用 ¥3,780 ¥3,780
ディスク容量 25GB 50GB
ドメイン数 5 10
MySQL 1 5
WordPress
転送量目安 100GB/月 200GB/月
  • アダルトサイトの運用が可能
  • 400種類のCMS自動インストールに対応

本社がアメリカにあるということで、アダルトサイトの運営が可能なのが特徴です。
ただし、アメリカの法律に抵触しないことが前提です。

また、400種類ものCMS(コンテンツマネージメントシステム)に対応。
CMSはWebサイトを管理・更新できるシステムのことで、専門的な知識がなくても簡単にサイトの管理・更新ができるソフトのことです。WordPressもCMSの一部と言えます。

機能は豊富なのですが、ディスク容量を含め、サーバーのスペックはそれほど高くはないので、小規模なサイト運営に向いています。

B子
CMSを極めるならminipop!

MixHost



プラン エコノミー スタンダード プレミアム ビジネス ビジネス
プラス
年間費用 ¥6,221 ¥12,701 ¥25,661 ¥51,581 ¥77,501
初期費用 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0
ディスク容量 10GB 20GB 40GB 60GB 80GB
ドメイン数 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
MySQL 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
WordPress
転送量目安 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
  • ドメイン数、転送量は無制限
  • データ保存領域は全プランSSD

料金プラン表を見ればお分かりいただけますように、全プランでドメイン数やMySQLの数に制限がありません。ですから、ディスク容量が許す限り何個でもサイトを運用することが可能です。

また、サーバーにはアクセス速度の速いSSDが採用されているため、アクセスが集中するなどの負荷がかかっても、読み込みが遅くなりにくいです。

A子
ドメイン数やMySQL数は無制限ですが、ディスク容量がそこまで大きくないので実際はそんなに設置できないかもしれません

ギガレンタルサーバー



プラン スーパー ウルトラ ギャラクシー アルティメット ディスク容量無制限
年間費用 ¥9,698 ¥16,178 ¥29,138 ¥55,058 ¥12,701
初期費用 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0
ディスク容量 80GB 120GB 200GB 300GB 無制限
ドメイン数 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
MySQL 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
WordPress
転送量目安 180GB/月 360GB/月 360GB/月 720GB/月 180GB/月
  • ドメイン数、MySQLが無制限

全プラン、設置可能ドメイン数やMySQL数は無制限です。
転送量やディスク容量の許す限り、いくらでもサイトを増やすことが可能です。

ただ、サーバーパネルが複雑なため、どちらかというと中級者以上の方に向いているサーバーと言えそうです。

C子
転送量も比較的大きいため、サイトの数が増えても安心です

JETBOYレンタルサーバー



プラン ミニ ファースト スタンダード プレミアム
年間費用 ¥10,584 ¥21,384 ¥32,184 ¥42,984
初期費用 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0
ディスク容量 20GB 40GB 80GB 120GB
ドメイン数 無制限 無制限 無制限 無制限
MySQL 10 20 40 60
WordPress
転送量目安 無制限 無制限 無制限 無制限
  • 24コアCPU・メモリ64GBの高性能サーバー
  • NGINX & PHP7 & SSDデータベース採用

SSDを搭載した高性能なサーバーによって、Webアクセスのレスポンスが高いのが特徴です。

標準でキャッシュ機能を有するNGINX が搭載されているため、同時に大量のアクセスがあった場合にも速度が落ちにくくなっています。

A子
サポートの対応が迅速で丁寧という評価もあるようですね

KAGOYA Internet Routing



プラン S11 S21 S31
年間費用 ¥10,368 ¥20,736 ¥31,104
初期費用 ¥0 ¥3,240 ¥3,240
ディスク容量 100GB 200GB 300GB
ドメイン数 無制限 無制限 無制限
MySQL 0 10 20
WordPress ×
転送量目安 120GB/日 160GB/日 200GB/日
  • 安心の自社データセンター
  • アダルトサイトの運営も可能

発電施設を備えた免振・耐火構造の自社データーセンターを利用しているため、災害発生時にもサービスを継続することができるようになっています。
そのため、特にビジネス用途で利用したい方に人気があるようです。

また、アダルト系コンテンツが禁止されていないため、規約や日本国内の法律に違反しない範囲でアダルトサイトの運営を行うことが可能です。

ただ2012年9月、2016年9月と大規模な個人情報流出事件が起きており、運営会社のセキュリティ体制には疑問が残ります。

B子
個人情報が漏れてしまうのはちょっと不安かも……

お名前.comレンタルサーバー



プラン SD-11 SD-12
年間費用 ¥10,780 ¥21,560
初期費用 ¥0 ¥0
ディスク容量 200GB 400GB
ドメイン数 無制限 無制限
MySQL 50 無制限
WordPress
  • 稼働率99.99%以上の安定稼働
  • 24時間365日無料電話サポート

ドメイン取得でお馴染み、お名前.comを運営するGMOインターネット株式会社が運営するレンタルサーバーです。

日本国内の、防火・防災・停電対策を完備したデータセンターで管理されていて、安定度が高いことが特徴です。

また、年中無休の無料電話サポートがあるため、分からないことがあればすぐに問い合わせが可能。技術的な知識がない初心者の方でも安心して利用することができます。

C子
数多くのキャンペーンも行っているのでタイミングによってはかなり安く契約できます

エクスクラウド



プラン Lite Basic Pro
年間費用 ¥11,583 ¥20,196 ¥32,076
初期費用 ¥3,240 ¥3,240 ¥3,240
ディスク容量 200GB 400GB 600GB
ドメイン数 20 180 無制限
MySQL 20 120 無制限
WordPress
転送量目安 無制限 無制限 無制限
  • 24時間365日、有人によるハードウェアの監視・復旧体制完備
  • サーバー管理ツール「PLESK」を標準搭載

年中無休で有人によるハードウェアの監視が行われているため、万が一のサーバーダウンが起こっても速やかに回復することが期待できます。

plesk-control-panel画像出典:NTC Hosting

サーバー管理ツールはPLESKを利用することができます。
PLESKは世界中で利用されている人気ツールで、複数のサイトを高度に管理・運営することができます。

B子
難しそうだけどPLESK使いこなせたらかっこいいね

GMOクラウドレンタルサーバーiCLUSTA+



プラン ミニ レギュラー プロ
年間費用 ¥12,105 ¥18,274 ¥30,612
初期費用
ディスク容量 200GB 400GB 600GB
ドメイン数 60個 90個 120個
MySQL 30 60 120
WordPress
転送量目安 無制限 無制限 無制限
  • サーバーがクラスター化されている

クラスタという名称の通り、サーバーがクラスタ化されているのが特徴です。
クラスタ化とは、複数のマシンを相互に接続して、1つのサーバーのように見せかける技術の事を表します。

0icplus_tech01-2画像出典:iCLUSTA+

マシンが故障したり、負荷が大幅に高くなった場合でも、他のマシンによって継続処理を行うことができるため、耐障害性、安定性がとても高いです。

2012年1月以降の稼働率は100%。万が一、サーバーが停止してアクセスできない状態に陥った時は、その時間に応じて利用料金を返金してもらえるSLA(サービス品質保証)も付帯しているため、商用サイトの利用にも適しています。

A子
絶対にサーバーを停止したくないという方はiCLUSTA+が良さそうですね

WADAXレンタルサーバー



プラン ブロンズTypeB シルバー
TypeS
ゴールド
Type-G
プラチナ
Type-P
年間費用 ¥14,256 ¥23,328 ¥33,696 ¥46,656
初期費用 ¥3,240 ¥3,240 ¥3,240 ¥3,240
ディスク容量 20GB 50GB 100GB 150GB
ドメイン数 1個 10個 20個 30個
MySQL 1 10 20 30
WordPress
  • ストレージは全てSSD
  • 高いセキュリティ性能

データ保存領域、データベース保存領域のすべてがSSDなので、レスポンスの高い快適なサーバー環境を利用することができます。

セコムが提供するセキュリティ診断サービスや不正侵入検知防御、ウイルスチェックなど高度なセキュリティ対策が標準で付帯しているため、セキュリティに詳しくない方でも安心して使えるのも特徴です。

B子
iPhoneを利用している方は、「WADAX App」というアプリからサーバー上の各種操作を簡単に行うことができるよ~

wpXレンタルサーバー



プラン
年間費用 ¥18,360
初期費用 ¥5,400
ディスク容量 30GB
ドメイン数 10個
MySQL 10
WordPress
転送量目安 50GB/日
  • WordPress専用サーバー
  • 独自のWordPress高速化システム

WordPressに特化した珍しいタイプのレンタルサーバーです。

独自のWordPressキャッシュプログラムが稼働しているため、キャッシュ系のプラグインを入れなくても、デフォルトでサイトの表示が速いのが特徴です。

C子
標準で高速化の仕組みが取り入れられているため、知識不要で高速なWordPress環境が手に入ります

エックスサーバー



プラン X10 X20 X30
年間費用 ¥16,200 ¥29,160 ¥55,080
初期費用 ¥3,240 ¥3,240 ¥3,240
ディスク容量 200GB 300GB 400GB
ドメイン数 無制限 無制限 無制限
MySQL 50 70 70
WordPress
転送量目安 70GB/日 90GB/日 100GB/日
  • 価格の割にサーバースペックが高い

24コアCPU搭載の高性能サーバーを手軽に利用できるのがエックスサーバーの特徴です。
ディスク容量は200GB~となっており、他のサーバーと比較しても多めの容量が確保されています。

サーバー管理パネルは高機能ですが分かりやすく、直感的な操作が可能なので、初心者の方から中級者くらいの方まで幅広く対応できるかと思います。

A子
ちなみに、LH MAGAZINEもエックスサーバーを利用しています。

WebARENA SuiteX



プラン スタンダード メールプレミアム100 メールプレミアム200
年間費用 ¥17,640 ¥58,060 ¥116,121
初期費用 ¥0 ¥5,400 ¥5,400
ディスク容量 300GB 400GB 400GB
ドメイン数 10個 20個 20個
MySQL 3 3 3
WordPress
転送量目安 無制限 無制限 無制限
  • NTTグループのビジネスレンタルサーバー
  • セキュリティ対策が充実

NTTグループのNTTPCが運営するビジネス向けのレンタルサーバーです。

18年以上の長きにわたって運営されていて、企業からの導入実績も多数あります。
主に法人向けとして展開されていますが、個人で利用することも可能です。

不正侵入自動検知による自動防御が標準搭載されていたり、Web改ざん検知を5ページ分無料で利用できたりするなど、セキュリティ対策が充実しているのが特徴です。

B子
NTTというと何となく安心感があるよね~

ヘテムル



プラン
年間費用 ¥19,440
初期費用 ¥4,266
ディスク容量 256GB
ドメイン数 無制限
MySQL 100
WordPress
転送量目安 120GB/日
  • オールSSDで高速アクセス
  • カラーミーの開店が無料

簡単インストール機能を使えば76秒以内にWordPressを始めることができます。ストレージはデータベース・サーバーも含め、すべてSSDです。

そのため、アクセスが集中しても、サイトの表示速度が低下しにくいという特徴があります。

ECサイト『カラーミー』を運営するGMOペパボが提供するレンタルサーバーなので、ヘテムルのユーザーはカラーミーショップを無料で開店することができます。

サイト運営と、物販を同時に行いたい方にはコストの圧縮ができて良いかもしれません。

C子
ディスク容量は256GBで固定です。将来的にディスク容量が足りなくなっても増やすことができない点には注意が必要です。

エックスサーバーX2



プラン スタンダード アドバンスド
年間費用 ¥23,328 ¥48,012
初期費用 ¥6,480 ¥6,480
ディスク容量 100GB 200GB
ドメイン数 無制限 無制限
MySQL 無制限 無制限
WordPress
転送量目安 無制限 無制限
  • ディスク容量以外は無制限
  • エックスサーバーの上位版

ディスク容量以外は制限がないという自由度の高いサーバーです。

ただ、さらに上位にあたるシックスコアや、下位のエックスサーバーと比較すると中途半端なポジションで、それほどメリットは見出せません。

B子
ディスク容量がエックスサーバーと変わらない点が少し残念かなぁ

FUTOKAレンタルサーバー



プラン スタンダード プレミアム
年間費用 ¥25,661 ¥35,770
初期費用 ¥6,480 ¥6,480
ディスク容量 10GB 20GB
ドメイン数 10個 20個
MySQL 無制限 無制限
WordPress
転送量目安 無制限 無制限
  • アダルトサイトの運用可能
  • ウイルス対策が標準装備

数少ないアダルトサイトの運営が可能なレンタルサーバーです。

国内サーバー完備なのでデータ転送が速く、また転送量の制限もないため、アダルト動画サイトの運営を行うことも可能です。

全サーバリソースのウイルススキャンが定期的に行われるため、ウイルスによってサーとのデータが破壊されたり、データが流出したりする心配がありません。

A子
公式にアダルトサイト対応が謳われていますね

シックスコア



プラン S1 S2 S3 S4
年間費用 ¥29,808 ¥53,136 ¥76,464 ¥99,792
初期費用 ¥6,480 ¥6,480 ¥6,480 ¥6,480
ディスク容量 50GB 100GB 150GB 200GB
ドメイン数 5個 10個 25個 40個
MySQL 5 10 15 20
WordPress
転送量目安 無制限 無制限 無制限 無制限
  • 性能と安定性の高さに特化している
  • エックスサーバーX2の上位版

サーバー1台あたりの収容ユーザーが少ないため、ハイスペックサーバーの性能を目いっぱい享受することができるのが特徴です。

サーバーの性能が高いため、CGIなどを多用した動的ホームページでも、速度の低下が起こりにくいです。

大型のECサイトなどの運用にも耐える性能を有していますが、個人で使うには性能を持て余してしまうかもしれません。

C子
国内最高峰スペックのサーバーを利用できますよ

おすすめのレンタルサーバーは?

ここまで21種類のレンタルサーバーサービスを見てきましたが、お目当てのサーバーは見つかりましたか?

まだ、決められない方もいらっしゃるかと思いますので、ここでは3つの観点からおすすめレンタルサーバーをご紹介いたします。

とにかく利用料金を抑えたい

年間利用料金を抑えて、ホームページ運営をしたいという方には、「レンタルサーバーミニム」がおすすめです。



12か月契約時には月額換算で165円(初期費用含む)という他社よりも大幅に安価な価格でサーバーを借りることができます。また、安くてもMySQLは1つ設置できるためWordPressの運用も可能となっています。

WordPressをたくさん設置したい

MySQL数が無制限でディスク容量の許す限りWordPressをインストールすることが可能なギガレンタルサーバーがおすすめです。



年間費用は8,980円と、1万円未満ながらディスク容量は80GBと比較的大きなスペースが用意されているので、小規模サイトから大規模サイトまで柔軟に運用することが可能です。

高性能なサーバーを利用したい

スペック至上主義!のあなたにはシックスコアがおすすめです。




最新の16コア(32スレッド)CPU+大容量96GBメモリ+超高速232Gbpsネットワークという強大なスペックのサーバーを利用することができます。今回紹介したレンタルサーバーの中では最も高価なサービスですが、使ってみれば、その快適さに納得できることでしょう。

参考になりましたら
いいね!お願いします


ライフハック

【IT】「まとめサイト」終焉の序曲か 老舗サイトが相次ぎ閉鎖の謎(まとめ)
1: ばーど ★ 2018/02/07(水) 23:54:47.90 ID:CAP_USER9 インターネットに散らばる情報をテーマごとに収集する「まとめサイト」。2000年代後半ごろから続々立ち上がり、現在に至るまで多くのネットユーザーが利用している。 しかし2018年に入り、老舗まとめサイトの閉鎖が相次いでいる。 ■突然の閉鎖発表、過去記事も全て削除 09年に開設されたまとめサイト「あじゃじゃしたー」の管理人は18年1月26日、ツイッターで突如「ブログ閉鎖です。移転もないし復活もしません。長い間ありがとうございました!」と発表した。現在、サイトは閲覧できない状態となっており、過去記事も全て削除されている。 それから約1週間後の2月3日、今度は06年開設のまとめサイト「ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS」 が更新の終了を報告。理由については「単純に更新時間の確保が難しくなってきた、というありふれたものです。我ながらフツーですが、終わるときはこんなものなんでしょう」と説明している。 ■まとめサイトに冬の時代? (略) 2018/2/ 7 1

続きを読む

【話題】5ちゃんねる、まとめルール変更で「アフィブログ死亡」の声も(まとめ)
【Google Adsense】11/9からads.txtを設置していないサイトに広告が表示されなくなったかも?【要修正】
まとめサイトでイラッとする瞬間(まとめ)
【まとめのパクリ】まとめサイト管理人なんやがマジで助けてほしいンゴ

「ブログ論 ~全てはアクセス増のため~」記事をもっと見る

ブログ論 ~全てはアクセス増のため~ 人気記事

【まとめサイト】ワイまとめ管理人、月7万PVほど稼ぐも収益ゼロ
【まとめのパクリ】まとめサイト管理人なんやがマジで助けてほしいンゴ
ジーニーのガウル「GAURL」はあまり意味がない?導入は慎重に!
アマゾンアソシエイトに承認されるまでに行った、いくつかの方法。
ブログは1年でどのくらいのPVになるか。当サイト及び他サイトの事例をまとめてみました。
WordPressのリダイレクト問題の経緯と対策について。
Google Adsenseの単価が低い時に気をつけたい3つの点とは。カスタムチャネルの文例も紹介。
もしもの『アフィリエイトチャレンジ』(1~4号)概要・ネタバレ・感想!真摯に取り組めば必ずためになる内容!
【SSL化】Amazon(amazlet it!)の画像リンクは、Search Regexで簡単に一括変換できます
Xserverを新サーバーに移行してみた備忘録(引っかかった点など)