【サプリメント】おすすめのビタミンAサプリメントはこれだ!【徹底比較】

ここではAmazonで販売されている主要メーカーのビタミンAサプリメントの成分量やコスト、付加価値などの項目を比較しています。

また知っているようで知らないビタミンAの働きについてもまとめていますので、ぜひご覧ください。

ビタミンAとは

まずはビタミンA についての基礎知識を学んでいきましょう。

ビタミンA

ビタミンA(レチノール)は脂溶性のビタミンで、主に動物性食品に含まれています。
また、食品中には吸収時にビタミンAに変換されるプロビタミンAというものもあります。

プロビタミンAについて

それ自体にはビタミンAの活性はありませんが、小腸で吸収される際にビタミンAに変換されるものをいいます。
α-カロチン、β-カロチン、クリプトキサンチンがあります。

レチノールとβ-カロチン、摂りすぎても大丈夫なのは?

レチノールは油脂性なので摂った分はそのまま体内に蓄積されます。ビタミンAの過剰摂取は障害を引き起こすことも(後述)。
一方、β-カロチンは必要な分だけがビタミンAに変換され、余剰分は体外に排出されます。
そのため、ビタミンAを補給するのであれば緑黄色野菜などのβ-カロチンをメインにするといいでしょう。

ビタミンAの働き

  • 視覚を調整する
  • 皮膚や粘膜を正常に保つ
  • 免疫システムを正常に保つ
  • 体内を酸化から守る

などの働きがあります。

ビタミンAの摂取

1日に必要なビタミンA摂取量

1日に必要なビタミンA摂取量
男性 推定平均必要量 550μgRE
推奨量 750μgRE
上限量 3000μgRE
女性 推定平均必要量 通常 400μgRE
妊婦 450μgRE
授乳婦 700μgRE
推奨量 通常 600μgRE
妊婦 670μgRE
授乳婦 1020μgRE
上限量 3000μgRE

厚生労働省 日本人の食事摂取基準より

1μgREは動物性食品に含まれるレチノールの1μgに相当し、植物性食品に含まれるβ-カロチンの12μgに相当します。

不足すると・・

夜盲症、乾燥眼炎、成長不良、皮膚の異常などが起こります。

摂りすぎると・・

軽度であれば下痢や頭痛、嘔吐、発熱などの食中毒症状が起こることも。
重度であれば倦怠感や皮膚障害が起こります。

ビタミンAを多く含む食品

肝油、バター、牛乳、卵、にんじん、ほうれん草、春菊、うなぎ、レバーなどに多く含まれます。

ビタミンAはこんな方にオススメ!

20150925VA

  • 長時間パソコンに向かう方、夕方や夜間に目が見えにくくなる方
    ビタミンAは網膜で光を感じるのに必要なロドプシンという物質を合成するのに必要な栄養素です。
  • 授乳中の方
    ビタミンAは子どもの成長に必要な栄養素です。授乳中は1日の摂取推奨量が通常時の1.5倍程度になります。

ビタミンAのサプリメント比較

Amazonで販売されている主要メーカーのビタミンAサプリメント一覧です。なお実勢価格は税込みです。

2017年8月23日現在

メーカー 商品名 1日の服用量 ビタミンA含有量 実勢価格 1日当たりの値段
アサヒフード なし
大塚製薬 ネイチャーメイド ベータカロテン 140粒 2粒 300μgRE 740円 10.6円
小林製薬 なし
DHC ビタミンA 30日分 [ヘルスケア&ケア用品] 1粒 550μgRE 1,598円 53.3円
明治 なし

ディアナチュラビタミンC・E・A 30粒入り(30日分)のように、他のビタミンと一緒になった製品もありお勧めです。

大塚製薬 ネイチャーメイド ベータカロテン 140粒

ネイチャーメイド ベータカロテン 140粒

  • 良い点:70日分と大容量なので頻繁に買わなくていい。低コスト。
  • 気になる点:喉通りの良くないソフトカプセル。

DHC 天然ビタミンA 30日分

天然ビタミンA 30日分 [ヘルスケア&ケア用品]

  • 良い点:飲みやすいソフトカプセル。
  • 気になる点:値段が高い。

総評

単体で考えるとネイチャーメイド ビタミンA 150粒が安いです。

ただし、ビタミンエース(A/C/E)という言葉があるように、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEはそれぞれ相互に作用しながら最大限の効果を発揮します。
ですからビタミンA単体で摂取するというより、ディアナチュラビタミンC・E・A 30粒入り(30日分)のような製品の方が効率よく摂取することができるといえるでしょう。

参考になりましたら
いいね!お願いします

家族でサプリ補給!大容量で買うなら海外通販

国内サプリでは、家族で分けたいときなどは少し不便があるかもしれません。

そこで、今回は海外サプリをベースにして、目的別にご家族でも共有できる商品を、定評のある通販サイト「サプリンクス」からセレクトしてみました。

ビタミンを中心に、亜鉛で活力をし、アンチエイジングや脳への健康などをトータルに考えた構成となっています。

10,000円以上で送料無料なので、まとめ買いをしておくといいかもしれません。

マルチビタミン:すべての源、元気の滴

男性には「ADAM」

ビタミンから亜鉛、ノコギリヤシなど活力の全てが詰まっています。
120日分でお得サイズです。

女性には「スペクトロウーマン」

ビタミン類に加えミネラルやコエンザイムQ10・ヒアルロンなども含まれています。
女性特有の悩みに対応しているスーパーマルチサプリです。

カルシウム:骨の健康とストレス対策に

1粒にカルシウム500mg、マグネシウム250mgと大容量です。

DHA:脳機能を守りたいご家族に

1日で1,000mgも採れるというまさにメガ級のDHAサプリです。

亜鉛:味覚や飛蚊症、そして活力を得たい方

L-Optizincとは、通常亜鉛の吸収効率に差をつけた商品です。
吸収力が違いレビューなども高評価です。

アルギニン:特に運動するご家族へ!

フォルムだけで圧倒的存在感。
トレーニング時のコンディションサポート薬となるアミノ酸などが多量に含まれています。

国内ではやはりディアナチュラやDHCが優れていますが、一気に購入することで、送料などを抑えて安上がりになる可能性があります。
例えば今紹介した商品をすべて購入しても1万円を少し超え、送料無料でお得となります。

ご紹介しているサプリンクスはハワイからNYに支店を拡大したアメリカ式経営で、食品安全基準はクリアしています。(→サプリンクスおすすめの理由は?
日本語完全サポートなので、安心して海外からお取り寄せすることができます。

美容・健康

【サプリ】専門性の高さと価格の安さで他を圧倒 サプリンクスをおすすめしたい5つの理由
当サイトであらゆるサプリを紹介していますが、その中では海外サプリもあります。 海外サプリは様々なメリットとデメリットがありますが、その中で最大限のメリットを享受するのであればおすすめの販売サイトはサプリンクスとなります。 本記事では、海外サプリの危険性について述べた上で、サプリンクスの魅力を5つに凝縮しご紹介したいと思います。 海外サプリのメリットとデメリット ここでサプリンクスを勧めたい理由に入る前に、海外からサプリメントを購入することに対するメリット・デメリットを考えて見たいと思います。 メリット まず、海外購入するメリットについては主に二点あるかと思います。 まず一点目は、 価格が安い シンプルですがこれですね。アメリカンサイズ、といいますがサプリメントもつまるところ”食品”ですから、サイズが大きくて安い。 日本では手に入らない成分のサプリが手に入るのは大きいかと思います。 もう一点は 日本では手に入らない成分が手に入る これも大きいですね。ただこちらに関しては規制が徐々に強化されてきているので、この部分での強

続きを読む

【実験】男性機能に特化したサプリで効果のあるものはどれか?実際に4ケ月飲んでみた。
【サプリメント】男の自信!?おすすめのクラチャイダムサプリメントはこれだ!【徹底比較】
【ブルーベリーは実より葉】購入体験レビュー。美味しくて少し元気も出たよ(・ω・)
葉酸とはどんな栄養素?その働きと多く含まれる食品についてまとめてみた!

「サプリ比較」記事をもっと見る

サプリ比較 人気記事

【サプリメント】おすすめの亜鉛サプリメントはこれだ!【徹底比較】
【サプリメント】おすすめのビタミンB群サプリメントはこれ!【徹底比較】
【スマドラ】おすすめスマートドラッグ比較まとめ!摂取タイミングなども考えてみました
【サプリメント】おすすめのビタミンAサプリメントはこれだ!【徹底比較】
【サプリメント】おすすめのマルチビタミン&ミネラルサプリメントはこれだ!【徹底比較】
【サプリメント】おすすめのビタミンCサプリメントはこれだ!【徹底比較】
【サプリメント】おすすめのビタミンEサプリメントはこれだ!【徹底比較】
【サプリメント】おすすめのヒアルロン酸サプリメントはこれだ!【徹底比較】
【サプリメント】おすすめのマルチビタミンサプリメントはこれだ!【徹底比較】
【サプリメント】おすすめのシトルリンサプリメントはこれだ!【徹底比較】