【Xperia X Performance】ドコモ、au、SB版それぞれの通信スペックを比較!買うならドコモがベター!?

2016年6月中旬より、NTTドコモ、au、ソフトバンクよりソニーモバイルのXperia X Performanceが発売される予定です。本体の大きさやスペックなどは3キャリアで共通ですが、対応している通信スペックや電池の持続時間は違いがあります。

sov33_detail_00

最大限のパフォーマンスで使うならどのキャリア版を購入するのが良いのか、3キャリアそれぞれで販売されるXperia XPの通信スペックを比較して検証してみます。

Xperia XPの3キャリア仕様比較

比較表

3キャリアそれぞれのスペックを表にまとめました。

キャリア ドコモ au ソフトバンク
モデル名 SO-04H SOV33 502SO
通信方式 第4世代 FDD-LTE FDD-LTE FDD-LTE
TD-LTE TD-LTE TD-LTE
第3世代 W-CDMA W-CDMA(海外のみ) W-CDMA
第2世代 GSM GSM GSM
通信速度 受信最大 375Mbps 370Mbps 262.5Mbps
送信最大 50Mbps 25Mbps 37.5Mbps
国内LTE対応周波数 2.6GHz × ×
2.5GHz ×
2GHz
1.7GHz ×
1.5GHz × ×
900MHz × ×
800MHz ×
700MHz ×
対応バンド数 6 4 4
国内3G対応周波数 2GHz
900MHz × ×
800MHz ×

※未定の項目は判明後に追記

各キャリアで違いが見られる通信スペックと電池の持続時間のみまとめています。

その他の詳しいスペックにつきましては、「Xperia X Performance」の特徴と、「Z5」「Z3 」とのスペック比較。でご確認ください。

通信方式は各キャリア横並び

3キャリアのモデルとも、FDD-LTE、TDD-LTEに対応していて横並びです。(→FDD-LTEとTDD-LTEの違いについて)

auはW-CDMAの3Gサービスを国内で提供していないため非対応となっています。
しかし、ハードウェア的には対応しているので、海外ではW-CDMAを利用した国際ローミングが利用できます。

受信最大速度はドコモ,auが370Mbps超え

受信最大速度はドコモが375Mbps、auが370Mbpsとなっており、ドコモ版が僅かですが最速。
一方、ソフトバンク版は262.5Mbpsと少々見劣りするスペックです。

送信速度に関してもドコモ版が最も速く、50Mbpsに対応しています。

対応周波数はドコモが圧倒

対応周波数につきましては、ドコモ版が6つ、au、ソフトバンク版が4つとなっています。
対応している周波数が多いほど、空いている電波を掴みやすいため、混雑しやすい都市部ではドコモ版の方が速い通信速度を発揮できる可能性が高いです。

結論:購入するならドコモ版?

通信速度に関してはドコモ版とau版が370Mbsを超えていて優秀です。
ただ、前述したとおり、ドコモ版の方が対応している周波数帯が多いため速度は出やすいかもしれません。

わざわざ違約金を払ってキャリアを移動するほどではないかもしれませんが、Xperia X Performanceを最大のパフォーマンスで利用したいという方はドコモ版を選択するのが良さそうです。

folder

PayPalで買える中国大手サイト、「GearBest」の激安クーポン一覧です。毎日更新しています。

クーポン適用は絶対的にお得!

※GearBestでの購入方法はこちら、当サイトメインレビュー対象のXiaomiカテゴリはこちら

▼クーポンの使い方を動画にしてみました▼

  • アカウント登録方法はこちら
  • 購入方法をじっくりご覧になりたい方はこちら

の記事をご覧ください。

保証規定について

主な保証は

  • 3日間の初期不良保証(送料GearBest負担)
  • 45日間返金保証(送料購入者負担)
  • 1年間修理保証(送料GearBest負担)

と充実!詳細は以下の公式ブログをご参考ください。

http://gearbestjapan.com/gearbest-service/

【おまけ】Xiaomiレビュー一覧

過去にレビューした一覧です。Xiaomiカテゴリはこちらからご覧ください。

★★★★★★

  • ノートブック「Xiaomi Mi Notebook Pro」→記事へ
    i7モデルを10万円台で買えればコスパ最強間違い無し、性能も抜群でおすすめ。

★★★★★

  • Bluetootheイヤフォン「Mi Sports Earbuds Mini 」→記事へ
    BTイヤフォンの決定版です!
  • 体重計「Mi Smart Scale 2」→記事へ
    スマホ必須になりますが骨組成など10項目の検査が出来る最強体重計です。
  • 空気清浄機「Pro Air Purifier for Home」→記事へ
    でかいですが空気清浄力はすさまじいです。こちらもスマホ連動で楽しめます。
  • スマートウォッチ「AMAZFIT Bip」 →記事へ
    歩数や心拍計、睡眠時間などを計測できる素晴らしい時計です。液晶表示付きですが、体感的に30日充電なしでつかえそうなバッテリーの持ちの良さも◎。

★★★★

  • シーリングライト「Philips LED」→記事へ
    取り付けが特殊ですがPhilipsだけあって照度は素晴らしい。スマホ連動で楽しめます。
  • イヤフォン「Xiaomi Piston 2 or 3」→記事へ
    シャオミはイヤフォンで日本では名前を挙げましたが、Piston2~3は最高傑作に近いかと思います。
  • 電動歯ブラシ「Oclean SE」→記事へ
    スマホ連動での4万振動/分の圧倒的実力。価格も安いのが魅力的。

★★★

  • スマートバンド「Mi Band2」→記事へ
  • スマートバンド「Mi Band Pluse」→記事へ
  • イヤフォン「XiaoMi Iron Ring Earphones」→記事へ
  • イヤフォン「Xiaomi Piston 3」→記事へ

スマホ

【四面楚歌】ファーウェイのスマホなど全製品、Amazonで販売中止。「OSに重大な懸念」
1: 記憶たどり。 ★ 2019/05/23(木) 21:16:46.24 ID:BgIsBqk+9 https://www.phileweb.com/news/mobile_pc/201905/23/1487.html Amazon.co.jpで、ファーウェイのスマートフォンやタブレットなどの販売が事実上停止された。 Amazonには、ファーウェイ商品のみを扱う特別なストアページがあり、Amazonが商品の販売を直接行っていた。 そのページ自体はまだ存在しているが、そこからスマートフォン「P30」やスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」、 タブレットやノートPCなどの詳細ページへ行くと、ほぼ全てが「現在在庫切れです。この商品の再入荷予定は立っておりません」 と書かれ、購入できない。ただし、一部旧製品には、外部業者が販売しているものもある。 さらに、P30 liteなど一部製品の詳細ページには、「本製品はOS(オペレーションシステム)等についての重大な懸念が発生しています。 本製品に関するお問い合わせはメーカーコールセンターまでお問

続きを読む

【断末魔】情強気取りだったファーウェイスマホニキって息してるの?
【米帝対抗】ファーウェイから非Androidの完全オリジナルOSキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
【もはや戦争】Google、HuaweiにAndroidサービスの停止を決定w何もかも使えなくなるwwwww
【朗報】グーグルさん、ついに最強スマートフォンを出してしまう apple窮地【Pixel 3a】

「Android」記事をもっと見る