【Xiaomi Notebook Pro】1月使った感想を正直に書く。ノーパソ好きの私には今のところ至高

Xiaomi Notebook Proを1月使った感想を正直に書いてみたいと思います。

スペックなどのレビュー・日本語Windowsn10導入記事はこちらです。

目立った欠点なし

少しだけ自己語りですが、当方のメインマシンは第6世代(Skylake)i5+GTX1060+メモリ16GB+NVMe512GB+4TBHDDの自作PCです。

昨年はマイニング用に13台分自作しましたが、そもそもノートパソコンの方がデスクトップ(自作)より好きというやや変わり種です。

まあそんな私の評価ですが・・・正直文句のつけどころがないです。

もはやサイズ的に大きいか小さいかの好みの問題かと思います。

キーボードはUS仕様ですが、記号の場所が配列と異なるだけで、それほど苦労することもありません。この記事も本機のキーボードで打っています。

普段使いする場合はキーボードを使いますが、出先などの作業ではこちらで全く問題ありません。

私5年ほどまえのMacbookしか使用したことがないので明言できませんが、おそらくキーボードの打ち心地などについてはそれほど大差はないものと考えます。

最高なのは給電ケーブル

USB Type-Cでノーパソを充電(給電)できるって凄くないですか? すごいですよね。

極論を言えば携帯と同じケーブルを使うことができるのですから驚きです。

ノーパソ持ち運びにデカいアダプタを必要としていたことを考えるとすごい進化です。

まあMacbookでType-Cは採用しているので、最先端を往く方には今更なのかもしれませんね。

ファンの音はたまにうるさい

2018年1月からの1月だけの使用になりますが、ファンの音が結構するときはします。

したがって夏場は結構騒音になること請け合い。その点はちょっと覚悟が必要なのかもと思います。

2画面からの作業も余裕

クリエイティブ作業をされる方はHDMI接続で2画面にして、ノーパソ最速のi7-8250Uの実力を愉しむことができます。

当方のほうなノンクリエイティブ系の方は、1画面でもWin10の2~4画面分割機能を使えば、分割して作業することができるので、疑似マルチディスプレイにすることも可能です。

リアリティ溢るるわが編集画面(´・ω・`)イヤン

解像度はフルHD(1920×1080)でワンランク上を求められる方には物足りないかもしれませんが、個人的には文字サイズを小さくしてもつぶれずに見えるので、特に不満はありません。

欲を言えば指紋認証

スマホの指紋認証機能が進化し過ぎているおかげで、ノーパソの指紋認証がどうしてもしょぼく感じます。

タッチパッドの右上のミニポッチをなぞらないといけない前時代的なアレですからそれはそれはめんどくさい。

いずれは顔認証モデルも普及していくかと思いますが、それにも期待したいところ、

結論、こういう人は買うべき

現行機種で価格とコスパが見合っており、最高におすすめといっていいでしょう。特に以下の方はぜひ。

  • PCはWindows派
  • 3年以上ノーパソ買い換えてない
  • いままでの充電コンセントが邪魔
  • 4画面操作で快適作業をしたい

ただここまで書いていて申し訳ないのですが、どうもGearBestでではi7モデルが売り切れになってるみたいでi5しかありませんね。i7版の購入ベスト価格は11万円以内かと考えます。

ご参考にどうぞ。

クーポン:GBPCPCS   $1104.14 (14% Off ) 2月28日まで

PayPalで買える中国大手サイト、「GearBest」の激安クーポン一覧です。毎日更新しています。

クーポン適用は絶対的にお得!

※GearBestでの購入方法はこちら、当サイトメインレビュー対象のXiaomiカテゴリはこちら

▼クーポンの使い方を動画にしてみました▼

  • アカウント登録方法はこちら
  • 購入方法をじっくりご覧になりたい方はこちら

の記事をご覧ください。

保証規定について

主な保証は

  • 3日間の初期不良保証(送料GearBest負担)
  • 45日間返金保証(送料購入者負担)
  • 1年間修理保証(送料GearBest負担)

と充実!詳細は以下の公式ブログをご参考ください。

http://gearbestjapan.com/gearbest-service/

【おまけ】Xiaomiレビュー一覧

過去にレビューした一覧です。Xiaomiカテゴリはこちらからご覧ください。

★★★★★★

  • ノートブック「Xiaomi Mi Notebook Pro」→記事へ
    i7モデルを10万円台で買えればコスパ最強間違い無し、性能も抜群でおすすめ。

★★★★★

  • Bluetootheイヤフォン「Mi Sports Earbuds Mini 」→記事へ
    BTイヤフォンの決定版です!
  • 体重計「Mi Smart Scale 2」→記事へ
    スマホ必須になりますが骨組成など10項目の検査が出来る最強体重計です。
  • 空気清浄機「Pro Air Purifier for Home」→記事へ
    でかいですが空気清浄力はすさまじいです。こちらもスマホ連動で楽しめます。
  • スマートウォッチ「AMAZFIT Bip」 →記事へ
    歩数や心拍計、睡眠時間などを計測できる素晴らしい時計です。液晶表示付きですが、体感的に30日充電なしでつかえそうなバッテリーの持ちの良さも◎。

★★★★

  • シーリングライト「Philips LED」→記事へ
    取り付けが特殊ですがPhilipsだけあって照度は素晴らしい。スマホ連動で楽しめます。
  • イヤフォン「Xiaomi Piston 2 or 3」→記事へ
    シャオミはイヤフォンで日本では名前を挙げましたが、Piston2~3は最高傑作に近いかと思います。
  • 電動歯ブラシ「Oclean SE」→記事へ
    スマホ連動での4万振動/分の圧倒的実力。価格も安いのが魅力的。

★★★

  • スマートバンド「Mi Band2」→記事へ
  • スマートバンド「Mi Band Pluse」→記事へ
  • イヤフォン「XiaoMi Iron Ring Earphones」→記事へ
  • イヤフォン「Xiaomi Piston 3」→記事へ

テック・ゲーム

【2019春】モバイルディスプレイの基本とおすすめ 500g、8000mAhのあのモデルがおすすめ?
モバイル環境において昨今必要となっているのがデュアルディスプレイ環境。1つの画面では効率性がなかなか達成できないという方も多いのではないでしょうか? 自宅で作業をする場合は、別モニタに接続すればいいのでそこまで思案することはないのですが、カフェなどの、出先での作業においても、あればいいなと思うもの。 そこで今回はモバイルディスプレイについて検討してみたいと思います。 ※★評価については、あくまで「持ち運びを前提」とした評価であり、ディスプレイそのものの絶対評価とはなっていません。 アクセサリ 接続はUSBタイプとHDMIタイプの二つに分かれています。 USBタイプ:microUSB Type-Cが一般的 HDMI:miniHDMIが一般的 となっています。販売されているディスプレイによって接続ケーブルが付属する場合としない場合があるので、注意が必要です。 参考アクセサリ miniHDMI to HDMIケーブル ミニHDMIから出力する場合、HDMIに変換する場合のケーブルです。 取り回しが重要なので、こういったL型のものが良いと

続きを読む

【超絶進化】グーグルさん、画像処理を自社PCにさせ、映像をエンドユーザーに提供するサービスを開始 これ世界変わるだろ
【PC】パソコン 異例の高値に CPU不足、需要鈍化も【2019春】
【ストレージ】30年前の俺「100MBのHDD20万で買ったわww」 今の俺「1TBのmicroSD5万で買ったわww」
【CPU】Intelは「Appleは2020年にMacをARMプロセッサに移行する」と予想している

「PC自作最前線」記事をもっと見る

PC自作最前線 人気記事

【PC自作】M.2(NVMe)装着方法、クローン方法と体感速度の変化について。このご時世、やはり入れて起きたい。
【2019】CPU徹底比較!種類・スペック・性能差は?動画編集・ゲーミングにオススメのCPUは?全てが分かる完全保存版!
【2019春】モバイルディスプレイの基本とおすすめ 500g、8000mAhのあのモデルがおすすめ?
M.2 SSDとSATA SSDの速度比較!M.2 SSDの価格は少々高いが、速度の速さは魅力的!
【2019】グラボの選び方完璧指南!GPUの種類・命名方法から性能差、用途別おすすめモデルまで!!
【2018】マザーボード徹底比較! チップセットの種類・機能・拡張性の違いは?現行最新マザボ選びが分かる完全保存版!
【Windows10中華タブレット】激安10インチ CoreM3搭載「Cube Mix Plus」は絶対に買い! 驚愕のスペック徹底解剖!!
PCのサウンドデバイスはUSB DACが主流に!なぜサウンドカードは衰退してしまったのか?
【PC】東大生に「東京大学 駒場モデルパソコン」がバカ売れ、一方社畜はHPエリートブックを使った
【激安】メルカリで売ってる自作PCめっちゃ安くてワロタ【マジック】