【Xiaomi Miija Mini】ミニアクションカメラ再降臨!Yi Cameraとは何だったのか・・・

ぶっちゃけて思うんですが…

Yi Cameraって黒歴史じゃないっすか?

Piston2ごろからシャオミの名前をご存知になられた方は、Yi Cameraの存在も知っていると思います。

結構全世界で売れたカメラですが、ふたを開けてみると背面にLCDはないためスマホ接続必須で、

撮りにくいことこの上ない…ということで、実は日本の某批評誌でもクソ評価でした。

シャオミの経営スタイルは私も全く詳しくないのですが、いろいろなOEMに乗っかっては分離して、分離先は新たな製品を出したりする、というのが多い感じです。(現時点で最高峰はフィリップスとのライトでしょうか。もはや大企業ですが)

例えば1MORE Piston。これはPiston2のOEMだったところですね。値段がやたら高いのが特徴です(?)

例えばYi Technology。ここが今では「Yi Camera」を出しています

これらのメーカーをシャオミの「姉妹ブランド」と呼んだりしますが、正直何がなんだかわからなくなっているのが本当のところ。シャオミのイヤフォンの真偽がどうとかという記事をやりましたが、今やどれがシャオミなのかさえわからなくなってきているレベルです。

という前提で出ましたのが、「Xiaomi Miija Mini」…Xiaomiという冠を戴いているのは久しぶりといったところでしょう。

値段的にはとても安い

4K30fpsの性能はかなり安いですね。

Yi Tec.ではYi4kあたりのカメラが出ていますが価格が300ドル。

うーん分離OEMは妙に高いという法則が発動しているように思います。だってそれだったらSJCAM買うじゃん的なやつですからね(´・ω・`)

1万円レベルで4k 30fpsで戦えるというのは、まあ考えようによってはデフレの恐怖みたいなところもありますが。。

主な仕様や気になったところをみていきましょう。

バッテリーが意外にでかい。

4kで2時間とか、つよいぞ。

そしてソニーセンサー。

Sony IMXセンサーって最近よく聞きますよね。

Xperiaがかなり窮地に立たされたソニーですが、このように中華ガジェの心臓にて生き続けるのでしょうか。

Mijia VS yi2

素晴らしいシャオミファンの方が、ライバル機種で撮影テストをしています。

あなたはどちらが好きですか?

Mijiaの価格がYiより50%以上安いと考えたら十分ありだと私は感じます。

売れてますよね

結構売れてるのね。まあデザイン的にも洗練感はあって、ちょっといままでのアクションカムとは違うぞ、といった雰囲気はあります。

現在フラッシュセール中ですが、すでに半分以上が売れているというなかなかの攻めっぷりです。

これは売れ筋商品になることは間違いなさそう。

丸みを帯びたスタイルは、「アクションカメラ!」という主張の激しい角ばった雰囲気とは異なった、なんだろう、旅にも持てるミニカメラといったささやかなたたずまいです。

アクションはいらない。日常の風景をあなたに。

こういったコンセプトが垣間見えますね。売れる要因となっていることでしょう。

セール&クーポン情報

  • フラッシュセール:92.11ドル  12月30日まで

PayPalで買える中国大手サイト、「GearBest」の激安クーポン一覧です。毎日更新しています。

クーポン適用は絶対的にお得!

※GearBestでの購入方法はこちら、当サイトメインレビュー対象のXiaomiカテゴリはこちら

▼クーポンの使い方を動画にしてみました▼

  • アカウント登録方法はこちら
  • 購入方法をじっくりご覧になりたい方はこちら

の記事をご覧ください。

保証規定について

主な保証は

  • 3日間の初期不良保証(送料GearBest負担)
  • 45日間返金保証(送料購入者負担)
  • 1年間修理保証(送料GearBest負担)

と充実!詳細は以下の公式ブログをご参考ください。

http://gearbestjapan.com/gearbest-service/

テック・ゲーム

【すごい写真多数】SONYだキヤノンだニコンだスマホだ言うけど、撮った写真が全てだろ?ちょっと貼ってみ?【ν速写真部】
1: アンクルホールド(東京都) 2019/11/12(火) 20:26:21.45 ID:lVbxxISo0 BE:416336462-PLT(12000) 2019年11月8日(金)に、キヤノン主催の文化支援プロジェクト「写真新世紀2019年度(第42回公募)」のグランプリ選出公開審査会が、東京都写真美術館(東京都・目黒区)で行われ、中村智道氏(受賞作品『蟻のような』)がグランプリを受賞しました。 中村智道氏のグランプリ受賞作品『蟻のような』 「写真新世紀2019年度(第42回公募)」は、4月17日(水)から6月12日(水)まで公募を行いました。国内外から多くの作品が集まり、1,959名(組)の応募がありました。 この中から、本年7月の優秀賞選出審査会で、優秀賞受賞者7名と佳作受賞者14名が選出されました。 11月8日(金)に行われたグランプリ選出公開審査会で、優秀賞受賞者7名は、それぞれプレゼンテーションおよび審査員との質疑応答に臨み、その後、審査員の合議により、中村智道氏のグランプリ受賞が決定しました。 中村智道氏には、奨励金として100万円

続きを読む

【悲報】最近のミラーレスカメラさん、カメラとの取り合わせが悪く本末転倒に…(2019Q3)
【あおり運転】360度車載カメラってすごいよな(´・ω・`)
【監視カメラ】富士フイルム、超望遠監視カメラを月内発売へ 参入第1弾
【アマゾンプライムデー】Amazonが誤って140万円以上のカメラレンズを1万円で販売 これもうわざとだろ…

「カメラ」記事をもっと見る

カメラ 人気記事

記事が見つかりませんでした。