【WSFR10月3週結果】-221.5pips…何もかもがかみ合わず。時期が悪いのか?

10月3週結果です。

恐るべきマイナスの躍進…すべてがかみ合わず仕舞いでした。

通貨別

歩み 損益(¥)
NZDUSD 5 -19.4 -5697.00
GBPUSD 4 27.1 7039.00
AUDUSD 1 2.4 690.00
GBPCAD 2 -50.2 -16012.00
EURJPY 3 -94.9 -23801.00
USDCAD 4 -24.6 -10101.00
EURCHF 1 -46.4 -12409.00
EURUSD 1 -15.5 -3382.00
合計 21 -221.5

トレード数はそこまで多くないものの、マイナストレードが多いイメージです。

今回で言えばWSFR標準実装ではないEURJPYがかなりマイナスを食らった印象がありますね。

今後負けが込んだらになりますが、使う通貨・使わない通貨の調整が必要になってくるかもしれません。

結びに

この時期は明らかに相性が悪いので、システムというよりは時期の問題のように感じます。

来週も不安ですが、とりあえずテスト要因として動かしてみたいとは考えております。

今後の動向にも乞うご期待……?

WallStreet ForexRobot 過去の結果

WSFR(FX自動売買ツール)の今までの結果をご紹介します。

pipsとは…利益の単位を表します。100万円で1ロット(10万通貨)固定で取引した場合、1pip=1,000円と大まかに計算することができます
トレードはデモでなく、TradeViewFXのリアルトレードの結果ですが、円換算は分かりやすくするための表記で、当方の実際のトレード利益ではありません。結果は測定タイミングが重複することなどがあり、実際の値とは多少異なる場合があります。

2017年5月~12月

  • +950.3pips(約95万円)

2018年 現時点トータル:421.5pips(421,500円)

  • 1月1週:+4.5pips(+4,500円)
  • 1月2週:+173.1pips(73,000円)
  • 1月3週:-108.1pips(-108,100円)
  • 1月4週:-215.1pips(-215,000円)
  • 1月5週:+126.4pips(+126,000円)
  • 2月2週:+185.1pips(+185,000円)
  • 2月3週:+98.9pips(+98,900円)
  • 2月4週:+134.6pips(+134,600円)
  • 3月1週:-16.0pips(-16,000円)
  • 3月2週:-57.3pips(-57,300円)
  • 3月3週:+88.9pips(+88,900円)
  • 3月4週:-99.8pips(-99,800円)
  • 3月5週:+66.7pips(+66,700円)
  • 4月:+187.2pips(+187,200円)

ざっくり…7月4日まで半年で約600pips…多い?少ない?

設定ファイルは非公開記事にしました。WSFRを当サイトから購入された方にお伝えいたします。

TradeView(おすすめFXブローカー)

TradeViewは一流トレーダーの間でも評判が高いものです。(様々な事情通ブロガーが賞賛しています)

実際に、大手海外FX取引業者のXMと比較しても圧倒的な安さになります。下表をチェックしてください。

(1USD=110) TradeView XM
平均スプレッド 0.2 0.2
往復手数料/1lot 約400円 約1,200円

圧倒的に安いです。スプレッドの低さも魅力的です。是非登録をオススメします。

口座開設の選択は、”メタトレーダーILC口座”を選択しましょう。

自動売買を行う流れ

またご参考として、WSFRを用い、FXの自動売買を行うためのおもな流れを簡単に解説していきたいと思います。

①口座開設

口座開設は上述の例に習います。TradeViewがおすすめとなります。

②VPS開設

自動売買を行うためには、24時間PCを起動させておく必要があります。

そのPCをVPSと呼ぶのですが、自分のPCを24時間起動させていても問題アリません。ただしサーバーの位置関係から約定速度に問題が生じるなど細かい部分での差が出てくることは確実ですので、普通は海外のPCを借りてトレードを行います。

とりわけWin-VPSは非常に安価なので、こちらがおすすめです。(プランは検証の末、シルバープラン以上が必須といっていいかと思います。)→解説記事

※エラーが出る場合は、こちらからお進みください。

③自動売買ソフトの購入

最もおすすめはWSFRですが、その他にはDIAMONDが筆頭格です。

VPSを設置し終わるとWindows環境になるので、あとは直感的に操作をすることが可能です。

まずはTradeViewのMT4/EAソフトをインストールして実行します。(XMのMT4はこちらからDLします)
そしてWSFRなどのEAソフトはインストーラーファイルになっていますので、そのままインストールすればOK。

EA設定を行う

MT4を開き、トレード対象通貨を開きます。そこで使用したいソフト右側のツールバーからドラッグアンドドロップすれば、設定完了となります。動かない場合は各種チェックが入っていない場合がありますが、それほど難しい設定は必要ありません。

トレード時間の設定(Friday-Exit)や指標発表時のトレードストップなどについての設定は、当サイト経由でWallStreet Forex Robotをご購入された方にお送り致します。

購入された方は、フォームよりご連絡ください。購入が確認できましたら、設定方法をお知らせ申し上げます。それでは、良きシストレ生活を!

【注意事項】
FXのEA(システムトレード)運用に関する結果は、XMおよびTradeview口座を用いた結果であり、それ以外のブローカーについて同等の性能を保証するものではございません。また、投資には相応のリスクが存在していますので、最終的なご判断は、あくまで自己責任で行って下さい。
pips獲得高は、Myfxbookのデータに基づく正確なものでありますが、利益計算は、手数料やレート換算等を除いたおおまかな数値です。

株・マネー

【EA】WSFRの使用通貨の見直し ポンドルの政情不安 戦力外もやむなしか
EUR/USD:あんまり目立ってはポジションを取らない感じ USD/CAD:最近主力感じありますね。 <戦力外> USD/CHF:存在感薄し USD/JPY:贔屓目に見てしまいがちだがいまいちらしい。 GBP/USD:2回儲けて調子に乗った3回目のエントリーで爆死するいつものやつ。

続きを読む

【WSFR10月2週】-91.6pips! ポンドルの下落爆撃ワロタ 慌てるのはまだ早い(´・ω・`)))))【自動売買EA】
【WSFR9月4週】+30.4pips!ドルカナ複数出動で難なくこなす(´・ω・`)【自動売買EA】
【WSFR9月3週】特に問題なし 堅調すぎて怖いわ(´・ω・`)【自動売買EA】
【Tradeview Forex】5秒でわかる、mybitwallet(マイビットウォレット)からの入金方法

「シストレ情報」記事をもっと見る