【TOJ2016】ツアー・オブ・ジャパン堺ステージを現地観戦記録!新城幸也を間近で見られて感激!

2016年5月29日、大阪府堺市の大仙公園にてツアー・オブ・ジャパン(TOJ)の堺ステージが開催されました。

現地で観戦してきましたので、写真を交えつつ、その様子をお伝えできればと思います。

ツアーオブジャパンの概要、ステージ、出場チームや選手名につきましては、ツアー・オブ・ジャパン2016全まとめ!概要・コース・出場選手・歴代勝者について全部まとめました。をご覧ください。

会場に到着

会場は、堺市の大仙公園の周りを利用した周回コース。午前10時前に現地入り。

まだ開始まで50分近くあるため、場所取りは余裕だろうと思っていましたが、私が到着した時点で、かなり多くの人が集まっていました。
これはヤバいぞ~と思いスタート/ゴール地点に向かうと、案の定いい場所は埋まっています。

仕方なく、事前にチェックしておいた場所へ移動。

100131_01

少し下り基調なことと、先のコーナーも緩いため、スピードが乗りそうな場所です。
大きな望遠レンズを取り付けた、本格的な装備をお持ちの方が多かったので、もしかしたら隠れた人気ポイントなのかもしれません。

 

DSC00268_R

近くにマヴィックカーが停まっていました。目立ちますねぇ。

 

DSC00269_R

メカニックの方が入念に調整中。

堺国際クリテリウム開始

10時50分になりました、1週2.65kmのコースなので、予想では選手が来るのは約3~4分後。
カメラを構えて待ちます。

DSC00291_R

バイクの音が聞こえてきて……

 

DSC00302_R

しばらくすると選手が来ました!まずは2人が逃げを打ったようです。

DSC00307_R

ツアー・オブ・ジャパンに来るのはこれで3回目ですが、これまでは午後の個人タイムトライアルからの観戦だったため、集団でレースを行うのを見るのは初めて。
逃げ集団とメイン集団という構図を目の当たりにして、改めてロードレースを見ているんだなという実感がありました。

集団が通るとすごい風が巻き起こります。

 

DSC00368_R

4周目、逃げ集団は5人に。

 

DSC00336_R

メイン集団との差は15秒くらい。ランプレがコントロールしています。

 

DSC00413_R

前から3番目が新城選手。

DSC00443_R

後ろが新城選手。リラックスした表情に見えました。

 

DSC00551_R

先頭集団は8周目で吸収。今度はシマノレーシングがコントロール。
平坦コースは集団の大きさの差がもろに出ますね。

ゴール前ではスプリントとなり、チーム右京のジョン・アベラストゥリ選手が勝利したようです。

パドック拝見

表彰式が始まるまで少し時間があったため、チームパドックを見て回りました。

 

DSC00741_R

マトリックスパワータグのエース、ホセヴィセンテ・トリビオ選手。足長っ。

 

DSC00744_R

ランプレ・メリダのガン・シュー選手が後ろを通っていきました。

 

DSC01246_R

NIPPO・ヴィーニファンティーニのDE ROSA。いくらするんでしょう……?

ランプレのパドックだけ妙に人が多いので覗いてみると……

DSC00754_R

いました!新城幸也選手。手に持っているのは団子
ツアー・オブ・カタールで骨折し、オリンピックやツールの出場は危ぶまれていたのですが。すごい回復力。

 

DSC00767_R

チーム関係者の方と何やら話しこんでいました。

 

DSC00766_R

オリンピックやツール・ド・フランスも控えていますからね。元気そうで何よりです。

クリテリウム表彰式

DSC00783_R

優勝はチーム右京のジョン・アベラストゥリ選手(中央)

2位はアヴァンティ・アイソウェイスポートのアンソニー・ジャコッポ選手(左)

3位はNIPPO・ヴィーニファンティーニのニコラス・マリーニ選手(右)

という結果でした。

チームプレゼンテンション

クリテリウムが終わると、いよいよツアー・オブ・ジャパンの本番である個人タイムトライアルに向け、チームプレゼンテーションが始まります。

DSC00788_R

司会はJ-SPORTSの実況にもしばしば登場されるスポーツMCアリーさんと、シャンプーハットの2人。

紹介された順に写真を掲載いたします。

日本ナショナルチーム

DSC00798_R

キナンサイクリングチーム

DSC00802_R

シマノレーシング

DSC00809_R

宇都宮ブリッツェン

DSC00815_R

マトリックス パワータグ

DSC00822_R

愛三レーシングチーム

DSC00826_R

チーム右京

DSC00829_R

ブリヂストン アンカー サイクリングチーム

DSC00832_R

トレンガヌ サイクリングチーム

DSC00837_R

アヴァンティ アイソウェイ スポーツ

DSC00840_R

タブリーズ シャハルダリ チーム

DSC00843_R

アタック・チームガスト

DSC00845_R

ピシュガマン サイクリングチーム

DSC00847_R

ユナイテッドヘルスケア プロフェッショナルサイクリングチーム

DSC00851_R

NIPPO・ヴィーニファンティーニ

DSC00856_R

ランプレ・メリダ

DSC00867_R

UCIワールドチームが日本のレースに参戦してくれるのはうれしいですね。

TOJ第1ステージ観戦

午後はいよいよTOJ第1ステージとなる、個人TTが開催されます。

今年は、昨年の反省を踏まえ、タイムトライアルは実況席に近いところで観戦。

100131_02

DSC00870_R

スタート/ゴール地点の様子。観客の密度がえらく高い。

 

DSC00874_R

UHCのカール・メンチジーズ選手。

 

DSC00895_R

カール・メンチジーズのシャオスオン・リュー選手。

 

DSC00930_R

愛三レーシングチームの平塚吉光選手。

 

DSC00943_R

ブリヂストン アンカー サイクリングチームのトマ・ルバ選手。

午後2時ごろ

DSC00991_R

何やらポツポツと嫌な感覚が。が降ってきました。
これは前半に出走した選手にとってかなり有利な展開ですね。

写真は、ピシュガマン サイクリングチームのアミ-ル・コラドゥーズハグ選手。

 

DSC01003_R

タブリーズ シャハルダリ チームのガーデル・ミズバニ・イラナグ選手。

 

DSC01023_R

トレンガヌ サイクリングチームのダディ・サリャディ選手。

 

DSC01034_R

日本ナショナルチームの岡本隼選手。

 

DSC01041_R

シマノレーシングチームの小橋勇利選手。

 

DSC01049_R

愛三レーシングチームの黒枝士揮選手。

 

DSC01207_R

ランプレ・メリダの新城選手!最後は腰を上げてもがきました。

表彰式

競技が終わったらすぐに表彰式の会場に移動。前の方に位置取ることに成功!

ステージ優勝

DSC01269_R

ステージ優勝は、午前のクリテリウムでも2位に入ったアヴァンティ・アイソウェイスポートのアンソニー・ジャコッポ選手。タイムは3分19秒00でした。

いかにも高出力を生み出せそうなスプリンターの足。筋肉がゴツゴツ盛り上がっていますね。

今年も、堺市長賞の副賞は堺の包丁でした。

ポイント賞

DSC01279_R

第1ステージの勝者の旨み。ブルージャージ(ポイント賞)も獲得です。

新人賞

DSC01280_R

新人賞は、同じくアヴァンティ・アイソウェイスポートのクリス・ハミルトン選手。21歳のオールラウンダーとのこと。総合7位の3分23秒27をマークしています。

これだけ細くてもTTで好タイムを出せるというのは大きな強みですよね。

第1ステージはアヴァンティ・アイソウェイスポートが独占。第2ステージ以降も頑張ってほしいです。

感想

今年は新城選手が参戦ということもあってか、観客の数がかなり多く、賑やかな応援の中での観戦となりました。そして結構、女性の方や子ども連れの方が多かったように思います。

私は新城選手を生で見られて感激しました。いつもテレビで見ている選手ですからね。

 

 

残念なことに自転車の盗難事件が発生してしまったようです。

ツイッターにも情報がありました。

上記の方はきちんと施錠されていたとのことです。
これからTOJに自転車で行かれる方は、こういった盗難にも気を付けてください。

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【悲報】アラフィリップさん、19stで陥落 最後は表彰圏外 レースのトリックスターとして賞賛
1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/07/27(土) 07:51:25.08 ID:KK1DGEq39 アルプス2日目はサン・ジャン・ド・モーリエンヌからティニュまでの126.5Kmの短期決戦、5つの山岳を常に上り続ける難関ステージ。アクチュアルスタートのあとダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ)、ヘスス・エラダ(コフィディス、ソリュシオンクレディ)、ヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ)、ペリョ・ビルバオ(アスタナ プロチーム)の4選手が抜け出すことに成功するも、メイン集団は容認する様子はなく追走グループが飛び出しては吸収するアクティブな状態を繰り返した。 3級サン・アンドレ峠をマーティンが先頭通過、個人総合5位のティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ)が左ひざの痛みで走行できなくなりリタイア、涙ながらにチームカーに乗り大会を去っていった。続く2級、3級山岳をダミアーノ・カルーゾ(バーレーン・メリダ)が先頭通過、山岳賞3位に上昇、中間スプリントポイントはアレクシー・ルツェンコ(アスタナ プロチーム)が先頭通過している。 トニー・ガロパン(アージェードゥ

続きを読む

【自転車】21歳女性「プロのチームでメカニックとして働きたいです」(原文ママ)
【自転車】とある女性漫画家のロードバイクがこちら
【世界新記録】〈動画あり〉自転車で時速296キロ、米国人女性が20年ぶり世界新記録
【スポーツ】ツール・ド・フランスで農家が干し草を置いたり羊を放つなどレースを妨害

「サイクルロードレース」記事をもっと見る

サイクルロードレース 人気記事

【2016年版】UCIワールドチームのロードバイク機材まとめ。トップ選手たちが使う機材はコレ!
【ロード】歴代ツール・ド・フランスの優勝者一覧 (まとめ)
【ロード】カンチェラーラのモータードーピング疑惑、ついに調査対象入りへ
ツアー・オブ・カリフォルニア2017全まとめ! 概要・コース・出場選手・歴代勝者について全部まとめました
【自転車/漫画】弱虫ペダルのルールっておかしくね?
【台湾】太魯閣(たろこ)渓谷で落石事故、日本人サイクリストが意識不明の重体 「太魯閣国際ヒルクライム」中止