【Razer】GeekbuyingでRazerゲーミングマウスの新製品が販売開始!3ラインナップをチェック!

ゲーミングパッドでおなじみのRazerから新製品が投入されています。Geekbuyingではお得に購入することができます。新製品の3モデルについて、スペックを確認しておきましょう。

Razer Mamba Tournament Edition Ergonomic Laser

  • ボタン数:9
  • 右手専用
  • トラッキング解像度(DPI):16,000(5Gレーザーセンサー)
  • 有線
  • 色彩数:1680万画素
  • 加速度:50 G
  • トラッキング速度(IPS): 最大210
  • Ultrapolling:1000HZ
  • 価格:79.99ドル(約9,040円)

ラインナップ上ではベーシカルな仕様となっておりますが、ゲーミングにおいてはハイパフォーマンスを発揮することは間違いないでしょう。

Razer Naga Hex V2 Ergonomic MOBA Gaming Mouse With 7 Programmable Mechanical Thumb Buttons

  • ボタン数:14
  • 右手専用
  • トラッキング解像度(DPI):16,000(5Gレーザーセンサー)
  • 有線
  • 色彩数:1680万画素
  • 加速度:50 G
  • トラッキング速度(IPS): 最大210
  • Ultrapolling:1000HZ
  • 価格:79.99ドル(約9,040円)

ボタン数が14とラインナップではもっともキー割り当てが可能となっています。

Razer Lancehead Tournament Edition

  • ボタン数:9
  • 両手使用可能
  • トラッキング解像度(DPI):16,000(5Gレーザーセンサー)
  • 有線
  • 色彩数:1680万画素
  • 加速度:50 G
  • トラッキング速度(IPS): 最大450
  • Ultrapolling:1000HZ
  • 価格:79.99ドル(約9,040円)

左右どちらの手でも利用可能なのが一つの特徴で、トラッキング速度(IPS)が450とその他ラインアップの2倍以上あるのも特徴です。

買うなら?

いずれも基本性能と価格は同じなので、どれを選ぶかは好みに因るかと思います。左利きやトラッキング速度にこだわるのであれば一番最後にご紹介した”Razer Lanchhead Tounament Edition“になりますでしょうし、ボタン数を増やしたいのであれば真ん中に紹介した”Razer Naga Hex V2“でしょう。

最もベーシックかつパフォーマンスを追求するのであれば一番最初に示した”Razer Mamba Tournament Edition“になりそうです。

皆様のゲーム動作などの特性に合った商品を選ぶのが吉でしょう。

ご参考にどうぞ。

参考になりましたら
いいね!お願いします

Geekbuyingクーポン情報

更新分からお得でおすすめな商品を抜粋して(できるだけ)毎日紹介しています。

このカテゴリをブックマークに入れてくださると、常に最新情報を手に入れられるので、ご確認してみてくださいね。

10月12日更新分リスト

レートにより価格は変動します。割引額は概算です。

種類 メーカー モデル 特徴 コード 価格 割引額
(円)
期限
ドラレコ Xiaomi Mijia Car Dvr スマホ対応
ドラレコ
DDKTPZAD 4,800 1000 11/15
スマホ Huawei P10 Plus Kirin 960
最高スペック
 XRKFGTLF 58,760  16,000 11/10
スマホ Xiaomi Xiaomi Mi Max2 5300mAh
大容量
LEHRJFMR 25,200 -2,500 11/11
スマホ Xiaomi Mi Mix2 6 +256 スナドラ835
最高スペック
DENSLMUE 71,342 -3,000 11/3
ミニPC ECDREAM A9 Mini PC N3350
小型PC
CPXLKIOQ 11,088 -3,000 10/29
スマートウォッチ Huawei Amazfit  MSB5 リストバンド型
時計
GHPGRVRA 7,838 -1200 11/10

購入額割引

対象 コード 割引率
300$以上の購入で GKBSHOP15 15$ Off
200$以上の購入で GKBSHOP10 10$ Off
150$以上の購入で GKBSHOP8 8$ Off

テクノロジ・ゲーム

【PC】ファーウェイ(Huawei)、画面占有率91%の13.9型モバイルノート「MateBook X Pro」 発表 タッチ対応
1: ノチラ ★ 2018/02/25(日) 23:36:50.58 ID:CAP_USER https://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/1108/252/01_l.jpg 今週からスペイン・バルセロナで開催されるモバイル関連の展示会Mobile World Congress 2018にともない25日(現地時間)、Huaweiがバルセロナ市内で製品発表イベントを開催した。 同社コンシューマービジネスグループCEO Richard Yu氏が冒頭にステージに登壇し、今回のMWCにあわせて91%の画面占有率を持つタッチ対応1.33Kgの13.9 型ノート機 MateBook X Proを発表した。 会場のあちこちにインテルのロゴが散見されることからPC関連の製品が発表されることが期待されていた。HuaweiのTwitter公式アカウントがハッシュタグ #HUAWEIMateBookXPro を使ってツイートしている。 https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1108

続きを読む

【PC】Samsung、30TBという途方もないSSDを量産開始する[2/21]
【PC】PC広告「ゲームやるなら当然GTX1080使ってますよね!?」←は?
【SSD価格】4TBの2.5インチSSDが在庫販売中 実売価格は20万円[2/15]
【iPot】Windows搭載ポット型PCの出現、話題沸騰

「PC自作最前線」記事をもっと見る

PC自作最前線 人気記事

【2018】CPU徹底比較!種類・スペック・性能差は?動画編集・ゲーミングにオススメのCPUは?全てが分かる完全保存版!
【2018】マザーボード徹底比較! チップセットの種類・機能・拡張性の違いは?現行最新マザボ選びが分かる完全保存版!
M.2 SSDとSATA SSDの速度比較!M.2 SSDの価格は少々高いが、速度の速さは魅力的!
PCのサウンドデバイスはUSB DACが主流に!なぜサウンドカードは衰退してしまったのか?
【2017】グラボの選び方完璧指南!GPUの種類・命名方法から性能差、用途別おすすめモデルまで!!
【PC自作】M.2(NVMe)装着方法、クローン方法と体感速度の変化について。このご時世、やはり入れて起きたい。
グラボ2枚挿しによって得られる性能と発熱・消費電力対策について。とにかくハイエンドを目指す方にはおすすめ。
【激安】メルカリで売ってる自作PCめっちゃ安くてワロタ【マジック】
【Windows10中華タブレット】激安10インチ CoreM3搭載「Cube Mix Plus」は絶対に買い! 驚愕のスペック徹底解剖!!
3万円台でCorei5・SSD・メモリ16GBの快適なノートPCを調達する裏ワザとは!?~R731編~