【PC自作】M.2(NVMe)装着方法、クローン方法と体感速度の変化について。このご時世、やはり入れて起きたい。

自前のPCにM.2(NVMe)SSDを導入してみました。体感速度はどうなるでしょうか。

購入したもの

WD SSD 内蔵SSD M.2 512GB WD Black / PCIe Gen3 NVMe 8Gbs / 5年保証 / WDS512G1X0C

WD SSD 内蔵SSD M.2 512GB WD Black / PCIe Gen3 NVMe 8Gbs / 5年保証 / WDS512G1X0C

  • インターフェース:M.2 PCIe Gen3x4 8Gb/s NVMe
  • 容量:512GB
  • シーケンシャルRead:2,050MB/s
  • シーケンシャルWrite:800MB/s
  • ランダムRead:170,000 IOPS
  • ランダムWrite:134,000 IOPS
  • SSDモニターアプリ WD SSDダッシュボード利用可能
  • 保証期間:5年間

Samsungの960 EVO M.2 Type2280シリーズと比較すると、全体のスペックは半分程度劣りますが、ここは価格の安さだけで選択しました。

比較表は以下につくっておきますね。

項目 WD Samsung
インターフェース PCIe3.0×4
NVMe1.2
PCIe3.0×4
NVMe1.2
フォームファクタ M.2 M.2 (Type 2280)
搭載NAND サンディスク
15nm TLC
Samsung V-NAND
フラッシュメモリ
容量 525GB 500GB
シーケンシャルリード/ライト[MB/s] 2,050/800 3,200/1,800
4Kランダムリード/ライト(QD32) [IOPS] 170,000/134,000 330,000/330,000
保証期間 5年 3年
参考価格 25,000円 32,000円

アイネックス M.2 SSD用ヒートシンク HM-21

アイネックス M.2 SSD用ヒートシンク HM-21

こちらもコスパ重視で1000円以内のヒートシンクを選びました。

よく冷える、効果ありとの声が多かったことも後押しとなりました。

ただしType2280では短いという指摘もありましたが、これは私もそう思うところでした。

実際の作業

一通りお取り寄せをしたら、さっそく作業にとりかかります。

まずはヒートシンクの取り付け

まずは本体シールを剝がします。念のため確認しましたが、「剥がしたら保証外になるよ」という文言はありませんでした。

ヒートシンクには熱伝導両面テープが付属でついていますから大変つけやすくなっています。

これで、出来上がり。アマゾンレビューでの指摘のように、このタイプだと寸足らずで、両脇のチップがはみ出てしまいます。

惜しいですがしかたない。あとは本体に装着です。

筐体で作業を行う。

まずm2.SSDが装着できるような場所はマザボにあるかどうかが問題です。

マザーボードが対応しているか、また対応するマザーは何がいいか、考える際に参考になるのは、

当サイトの「マザーボード比較」記事です。一例として元記事から引用いたしました。

B250

比較表

メーカー MSI ASUSTek ASRock Gigabyte
製品名 B250M PRO-VH B250M-A B250M Pro4 GA-B250M-D3H
プラットフォーム Micro ATX Micro ATX Micro ATX Micro ATX
ソケット LGA1151 LGA1151 LGA1151 LGA1150
メモリ メモリ枚数 2 4 4 4
最大容量 32GB 64GB 64GB 64GB
映像出力 Display Port なし なし なし 1
HDMI 1 1 1 1
DVI-D なし 1 1 1
PCI-Eスロット x16 1 1 2 2
x1 2 2 1 0
ストレージ M.2 1 2 2 1
SATA3 6 6 6 6
USB Type-C なし 1 1 なし
3.1 なし なし なし 6
3.0 6 4 3 なし
2.0 6 6 2 6
ネットワーク 有線 Realtek Gigabit×1 Realtek Gigabit×1 Intel Gigabit ×1 Intel Gigabit ×1
無線 なし なし なし なし
実売価格 8,942円 12,150円 10,680円 11,534円

黄色のマーカー部分がM.2スロットの数です。数があれば使用可能で、多ければその分装着が可能です。

マザーボードから選ぶときは、さきほどの記事から確認されるとよいでしょう。

私はM.2スロットが1つついているマザーボードだったので、そのまま装着することができました。

NVMeの装着

本体を倒したりしなくても、横の蓋をあけた状態のまま作業が可能です。

端子をスロット部分に挿してねじ止めするという方式です。

スロットにはねじがついており、それを外す必要があります。

ドライバは先端の細い形のものが求められるようです。精密ドライバでねじを外しました。

そのあとは端子にはめただけです。このままだと中空に浮いている感じですね。

これを、筐体側に抑えて、先ほど外したねじを止める必要があります。

こうして……

こうだ! 無事設置できました。

これで設置編はおわりです。拍子抜けですね。笑

マザボに開きがあったら、ドライバー1つでさせてしまいますので、一つご参考にされてはいかがでしょうか。

HDDのコピー

実はWDのこのNVMeを装着した理由は、クローンコピーしてくれるユーティティが用意されていたというのも一つの理由です。

Acronis True Image WD Edition Softwareですね。

これを用いてクローン……は特に滞りなく完了するのですが、無事クローンができたと思い、起動ドライブをNVMeに指定したら、起動しないんですね。

ウインドウズのロゴ表示が出て、そこから画面が真っ暗に。

いいところまでは行ってるんですけどね、システム構成の変更が検出され、グラフィックボードが読み込まないとかなのかもしれません。

対症療法もいろいろあるかと思いますが、結果として解決した方法は、もう一度NVMeのストレージを初期化して、別のソフトウェアでクローンを行ったことです。

使うソフトは、(当サイト)おなじみの、EASE US Todo Backup Freeです。

こちらを用いると30分程度でコピーが完了しました。SSD→NVMeなのですから、そりゃあ早いですよね。

なおコピーする際、メニューバーの「システムクローン」を選択することと、そして設定で、SSDに最適化およびセクタ倍セクタクローンにチェックを入れるとより精度の高い仕上がりになるかと思います。

コピーを終え、起動ドライブをNVMeに指定したら、‥‥…無事起動しました!

グーグルが見慣れないエラー一度だけを吐き出したのですが、それ以外は良好です。

ただし、たくさんのアプリをお持ちの方は、もしかしたらライセンスの関係などで問題が生じることもあるかもしれません。

いったん動かしてみて、ちょっと障壁があるな、と思われる場合には、もとのディスクを起動ディスクに戻せますので、そういった場合は、NVMeは作業用データやキャッシュなどの保存先にするなど、サブでの役割を検討してもよいかもしれません。

速度は?

気になるのが速度の違い。CrystalDiskMarkで計測します。

上が今回導入したWD SSD 内蔵SSD M.2 512GB WD Black

下が既存の120GBのSSDです。はっきり差が出ています。

体感的には?

Windows起動時間は少し早くなったレベルで、そこまで早くはないのかなというのは正直なところ。

しかし操作性は激変。画像を扱うとき、サムネイルで表示する場合、レスポンスを待つ必要があったのが、そのタイムラグがほとんどなくなりストレスフリーになりました。私の作業用ととしては、これが一番大きいかと考えています。

その他問題点は?

発熱問題ですね。CPU近くにNVMeを設置しなければならないためなのか、CPUのファンの回転数がやけにあがってしまって、音がうるさくなってしまいました。直近でグリスが不足している様子だったので、グリスアップなどでひとまずは対策をしておきたいと考えています(To Be Continued…

最後に

SSDをすでに起動ドライブにされている方であれば問題なく導入することが可能と思われます。

Acronisのクローンがダメというのは、オフィシャル商品なのでなかなか盲点ですね。

しかし実際にクローンソフトによってその精度が大きく異なるようですので、BIOS設定に挑戦するまえに、まずはクローンソフトウェアの見直しから始めてゆくのも良いかと思います。


WD SSD 内蔵SSD M.2 512GB WD Black / PCIe Gen3 NVMe 8Gbs / 5年保証 / WDS512G1X0C
Western Digital (2017-03-10)
売り上げランキング: 2,051

【Frontier】2019年BTOランキング【一強】

2019年1月概況と戦略

GTX1080の価格が7万円台とかなり押し込まれ買いやすくなった2018年。RTX系の台頭によりRTX2070がベーススペックになってきています。
intelのCPUは需要増で価格が上がる結果になった年末、価格の下落もなく微妙なライン。そのため、なかなか価格には転嫁されないのがBTOの宿命。

2019年も依然としてFrontierが圧倒的価格を誇っています。ノーパソも安い!

紹介ベーススペック

  • CPU:Corei7-8700(or 8700K)
  • MEM:16GB
  • グラボ:RTX2070
  • SSD:500GB
  • HDD:3TB
  • 電源:800W

アマゾンでi7-8700(16GB)+GTX1080マシンを自作したときの価格[2018/5]

項目 型番 参考価格
チップセット Z370 ¥24,000
CPU Corei7 8700 ¥41,000
グラボ RTX2070 ¥80,000
SSD 500GB ¥10,000
HDD 3TB ¥9,300
メモリ 16GB ¥18,000
OS win10 ¥13,000
ケース SAMA ¥5,000
電源 800W ¥11,800
合計 \212,100

悲しき哉。今年の第一四半期より約1.8万円高くなっています…212,100円をベース価格として覚えておいてください。

注:以下価格は税抜き表記です。

Frontier 👑

商品の変動が激しいので、セール会場からお探しください。

10月31日の月末セールからピックアップ。

最新グラボのPCがゲロ安

ベーススペックより良いグラボを実装し、それでいて価格がほぼ同じという脅威。850W電源は拡張性の面からも神です。

スタンダードモデルながらゲーマーも納得 それでいてこの価格

ゲーマーとして最低は欲しいGTX060。それを搭載し、i7-8700″K”とまだまだ最新世代CPUを載せてこの値段。自作するのをなげうちたくなること請け合いです。



Xiaomiのノートより安い…💦

私はXiaomiのノートを愛用していますが、8700Uに8GBメモリで11万くらいでした。
こちらは…GTX1050Tiに8750Hにメモリ16GBにSSD480…いやもう完全に常軌を逸していますよ。

持ち運びはどうなのかな‥というくらいの揚げ足の取り方しかできないのが悲しい。

常に変動するセールでFrontierの神髄を心行くまで楽しんでください。

マウスコンピュータ

トップページからNEXTGEAR i670PA1-14と検索

189,800円(前月:179,800円)

変化なし

注意点:SSDなし、700W電源

少し値上がりしてしまいました。

第3位:ドスパラ

196,980円(前月:189,980円)

値上げ

残念、値上がりしてしまいました。分割購入にはおすすめです。

 

サイコム

277,520円税込

値上がり

サイコムは価格よりも独自路線での勝負です。水冷クーラー採用で冷却性能を高めグラボとCPUを冷やしまくってくれます。

この価格の標準搭載グラボは1070Tiですが、AMDのRadeon Vegaシリーズ後に投入されたものであり、GTX1080と同一性能と考えても差し支えありません。

イロモノ枠ですが、なかなか単純な自作ではここまでには至れないプロ仕様なので、ある意味1位の商品ではあります。夏場も静かで安定、快適なゲーミングを志す方にはうってつけでしょう。

パソコン工房

トップページからLEVEL-R037-i7K-VNR-GCPと検索

179,980円(前月:179,980円)

横ばい

注意:SSDなし、500W電源

最後に表を出しますが、やはり実装がさみしいため、順位を最下位にしました。

各社総合比較

  フロンティア マウス サイコム ドスパラ PC工房
CPU 8700 8700K 8700K 8700K 8700K
グラボ 1080 1080 1070Ti 1070Ti 1080
メモリ 16GB 16GB 16GB 8GB 16GB
HDD 1TB 1TB 2TB 1TB
SSD 240GB 500GB 640GB
電源 850W 700W 750W 500W 500W
その他 OSオプション
価格 159,800円 189,800 274,650 189,980 179,980

性能が他社PCと比較すると劣るものにはを、優れているものにはを着色しています。

こう見るとフロンティア一強のような気がするのですが……
その他が高いのではなく横並び(サイコムは特殊なので例外)なので、むしろフロンティアが安すぎるのかなと思います。

テック・ゲーム

【PC】「プログラミング教育推奨ノートパソコン」が酷いww これMacBookじゃダメなの?
1: 名無しさん@涙目です。(北海道) 2019/01/16(水) 15:24:22.93 ID:pCO7GenV0 BE:422186189-PLT(12015) 2020年から小学校でプログラミングが必修化する。 ならばいち早くプログラミングに挑戦してみたい。 最も手軽に始められる手段として、富士通が小学生に向けて開発した「じぶん」パソコンに挑戦してみた! 富士通 LIFEBOOK LH55/C2 実勢価格:9万9800円 Windows 10 Home 64ビット版 CPU インテル® Celeron® プロセッサー 3865U (1.80GHz) メモリ 4GB(4GB×1)(デュアルチャネル対応可能 DDR4 PC4-17000) ストレージ SSD 約128GB 光学ドライブ なし ディスプレイ 14型ワイドフルフラットファインパネル (ノングレア・LEDバックライト・タッチパネル式) (1366×768) グラフィック Intel® HD Graphics 610 カメラ 内蔵(有効画素数 約92

続きを読む

【半導体】「ムーアの法則は終わった」:NVIDIAのCEOがCES 2019でも明言 本当に終わったか
【GPU】NVIDIAが「GeForce RTX 2060」を発表! 349ドル(たぶん7万円くらい)で1月15日より発売
ゲーミングPC持ってない情弱おる?
【PC】ハイエンドノートPCって排熱とかに無理は無いの?

「PC自作最前線」記事をもっと見る

PC自作最前線 人気記事

【2019】CPU徹底比較!種類・スペック・性能差は?動画編集・ゲーミングにオススメのCPUは?全てが分かる完全保存版!
【PC自作】M.2(NVMe)装着方法、クローン方法と体感速度の変化について。このご時世、やはり入れて起きたい。
【PC】「プログラミング教育推奨ノートパソコン」が酷いww これMacBookじゃダメなの?
【ゲーム】PC厨「ああ…今年も10万のグラボとCPU買わなきゃ…」一般人「4万のPS4で遊び放題!」
M.2 SSDとSATA SSDの速度比較!M.2 SSDの価格は少々高いが、速度の速さは魅力的!
グラボ2枚挿しによって得られる性能と発熱・消費電力対策について。とにかくハイエンドを目指す方にはおすすめ。
3万円台でCorei5・SSD・メモリ16GBの快適なノートPCを調達する裏ワザとは!?~R731編~
【Windows10中華タブレット】激安10インチ CoreM3搭載「Cube Mix Plus」は絶対に買い! 驚愕のスペック徹底解剖!!
【2018】マザーボード徹底比較! チップセットの種類・機能・拡張性の違いは?現行最新マザボ選びが分かる完全保存版!
PCのサウンドデバイスはUSB DACが主流に!なぜサウンドカードは衰退してしまったのか?