【IT】世界の全広告費の25%を、GoogleとFacebookの2社だけで寡占(反応まとめ)

1: 2017/12/09(土) 18:21:18.27 ID:CAP_USER

GoogleとFacebookの2社が、圧倒的なシェアでオンライン広告市場を占めていることは、良く知られている。特に米国市場における寡占率の予測はあちこちで見かける。

そこで、放送のTV広告やオフラインの屋外・映画広告なども含めた、世界の全広告市場において、GoggleとFacebookの2巨人がどれくらいのシェアを占めているかも知りたくなる。できれば、巨大化している中国市場も含めたシェア率も知りたい。

その要望に応えた調査結果を、WARC(世界無線通信主管庁会議)がこのほど明らかにした。WARCでは加入国(96マーケット)を対象に、モバイルだけではなくて広告市場の動向も調べており、今回は2017年の予測も添えて発表している。
http://zen.up.n.seesaa.net/zen/image/TotalMediaAdRev2017WARC-thumbnail2.png?d=a47

no title

図1 GoogleとFacebookの2社による2017年の広告売上は、世界のオンライン広告市場の61%、世界の全広告市場の25%を占めている。

世界のオンライン広告市場における、2巨人(Goggle+Facebook)のシェアは、2012年の47%、2016年の58%、2017年の61%とはじき出している。今年(2017年)は、Googleが44%、Facebookが18%も占めている。

オンライン以外の広告市場となると、TV広告は多くの国ではオンライン広告を上回る主役に居座っているし、グローバルに見れば、新聞、雑誌、ラジオ、屋外、映画などの広告費も膨大だ。GoggleやFacebookの影響があまり及ばない市場も大きい。

そのためオンラインとオフラインを含めた全世界の広告市場となると、2巨人(Goggle+Facebook)のシェアは、2012年に9%、2016年に20%、2017年に25%となっている。今年(2017年)の内訳では、Googleが18%、Facebookが7%を占めると予測している。

オンライン広告市場と比べるとシェア率は低いが、全世界の広告市場ですでに25%も占めているということは、やはり凄い。GoogleとFacebookが完全に牛耳っているオンライン広告市場の急成長が見込まれており、一方でオンライン以外の広告市場は成長が鈍ったり縮小傾向にあるだけに、全広告市場でも2巨人のシェアは今後急激に高まることになりそう。TVの動画広告もオンライン広告に流れ出しているし、屋外広告すらもオンライン広告化しそうである。

WARCの調査では、かなりZenithMediaのデータを流用しているようである。そのZenithMediaが、今年の広告メディアの世界ランキングを発表していたので、そのトップ10を以下に掲げる。もちろん、トップ2はGoogleとFacebookとなっている。

Rank Media owner
1 Alphabet(Google)
2 Facebook
3 Comcast
4 Baidu
5 The Walt Disney Company
6 21st Century Fox
7 CBS Corporation
8 iHeartMedia Inc.
9 Microsoft
10 Bertelsmann
(ソース:ZenithMedia)
図2 Ranking of Top 10 Global Media Owners 2017
http://zen.seesaa.net/article/455412093.html

以下、反応

via:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1512811278/

2: 2017/12/09(土) 18:26:52.53 ID:yCrLoYpr
A8(´・_・`)

 

3: 2017/12/09(土) 18:29:25.69 ID:+tsZNP35
日本企業は蚊帳の外w

 

57: 2017/12/11(月) 00:21:46.95 ID:/wVY1GdX

>>3
日本のネットも盛り上がっていたのに
ライフドア事件で潰れてしまった。

そのため日本のオンライン広告費は殆ど外資に行く構造になった。

これは数十年は日本経済に禍根を残すよ

 

5: 2017/12/09(土) 18:30:19.94 ID:D3bzlK6D

中身のない虚業だな~

アメリカは衰退国だからね♪

 

16: 2017/12/09(土) 20:28:50.79 ID:To8yxDIc
>>5
成長産業のIT分野で世界で勝負できる企業がほぼ皆無の日本の方がやばい。

 

29: 2017/12/10(日) 00:39:32.54 ID:MDu4n3gl
>>5
つまり中国最強ってことか?

 

6: 2017/12/09(土) 18:46:44.67 ID:IfEaImwl
フェイスブックは廃れるかと思ったがしぶといな

 

14: 2017/12/09(土) 20:10:39.24 ID:uKEcGorO
>>6
顔認証なので
資産効果がばくだい
フェイスブックのIDがないと信用されない

 

15: 2017/12/09(土) 20:27:25.38 ID:ZBuKmr8E
Googleとか凄いことにやってる様でいて、メインの部分は結局は人に褌で相撲をとって広告で稼ぐビジネスなんだよな。

 

17: 2017/12/09(土) 20:30:34.76 ID:X+ieu/rh
>>15
いい見本があるのにその真似すらできないのが日本企業の現実

 

26: 2017/12/09(土) 23:25:54.11 ID:G6FPocCv
itなんて所詮は虚業だな♪
個人情報の開示を義務化すれば、アメリカはお仕舞いだね~

 

28: 2017/12/10(日) 00:18:58.53 ID:nUHetle2
25パセーントって多いの?

 

50: 2017/12/10(日) 13:53:05.21 ID:eIQxjpEa
>>28
>図1 GoogleとFacebookの2社による2017年の広告売上は、世界のオンライン広告市場の61%、世界の全広告市場の25%を占めている。

 

35: 2017/12/10(日) 04:32:29.17 ID:UGGX4p3H
良い事だろ、競争の結果が寡占化なんだしね

 

40: 2017/12/10(日) 11:20:16.45 ID:FCh4WhMy
くだらない企業が乱立するよりはいいでしょ

 

41: 2017/12/10(日) 11:29:14.93 ID:+HzTuljo

所有してるのは深層学習のアルゴリズムだろもうすぐ人工知能になりかけの
所有というより 取引を食う感じかな

残りの75%は人が仲介 つまり巨大な利権 電通ももちろん 思いのまま なすがまま

米国株式市場の80%は自動システムトレード
以来 調整局面という人為的な下げ相場がなくなった

 

47: 2017/12/10(日) 13:13:35.03 ID:nM9qxMdE
NO.1は中華の百度でしよ

 

55: 2017/12/10(日) 21:05:14.62 ID:bsnz2y9U
日本のGoogleで検索すると、
必ず韓国ネイバーのまとめサイトかYahooが上位に食い込んでくる。
Googleなのか韓国ネイバーなのかわからなくなる。
あれはうっとおしいわ。
日本のYoutubeページでも必ず韓国系の宣伝押しネタみたいなのが多い。
韓国が商売ごり押しや背のりぱくり横取りスライド盗人野郎と言われるのも分かるなあ

 

62: 2017/12/11(月) 16:53:21.36 ID:At1QjsRI
>>55
youtubeへ行ってみたが100以上もずらずら出てくるお奨め動画に韓国がらみはひとつもない
あれはつまり、当人のこれまでの視聴履歴からだからww

 

58: 2017/12/11(月) 11:56:35.49 ID:f1M7bs25
フェイブックに出てくる金儲け的な広告は全部クリックしてる。見ないけどね。広告主潰しですわ。

 

61: 2017/12/11(月) 16:31:47.00 ID:si1pdGc6
>>58
それはフェイスブックが儲かる?

 

63: 2017/12/11(月) 17:01:07.93 ID:bIAkpomS
新聞広告が死んだのと、海外はTVの多チャンネル化が半端ないから媒体としてダメダメ。
新聞は業界紙が残ると思う。

 

参考になりましたら
いいね!お願いします

folder


ニュース

【電力】九電「もう太陽光、いりませ~ん」
1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) 2018/09/24(月) 10:28:46.06 ID:BsO11/Yp0 BE:439992976-PLT(15000) 「もう太陽光、いりません」九電、連休中8割もカバー、原発再稼働も一因 暮らしやすい気候を背景に電力需要が落ち込む秋に、電気が「余る」可能性が出ている。 太陽光発電が多い九州では、2018年の大型連休には電力需要の8割を太陽光発電でまかなう時間帯もあり、供給が需要を上回る可能性が出てきたためだ。 そのため、九州電力は18年9月、太陽光発電を行う事業者に稼働停止を求める「出力制御」を行う可能性があるとする「お知らせ」をウェブサイトに掲載した。 ただ、九電は原発の再稼働も進めており、これが結果として昼間の「電気余り」を後押ししている。 火力止め、揚水発電使い、本州に送っても「余る」可能性 送電網では、需要と供給の量をほぼ同じに保つ必要がある。 これが崩れると、本来は一定に保つべき周波数が低下し、機器が壊れるのを防ぐために連鎖的に停電が起こる可能性がある。 9月6日未明の地震直後に北海道で起きた

続きを読む

【北海道】新函館北斗駅、観光客が誰も立ち寄らず。テナントも撤退
【経済】西村ひろゆき氏「米中貿易戦争で負けるのはアメリカ」
【企業】実家が80人くらいの大根加工する工場なんだが、跡取りがいないから俺の代で終わりだな、ざまぁw
【企業】【かっぱ寿司】「寿司がおいしくなかった」、ネタがおいしくなった途端に客数増 食べ放題登場とサイドメニューが充実

「企業経済」記事をもっと見る

企業経済 人気記事

【北海道】新函館北斗駅、観光客が誰も立ち寄らず。テナントも撤退
【企業】実家が80人くらいの大根加工する工場なんだが、跡取りがいないから俺の代で終わりだな、ざまぁw
【電力】九電「もう太陽光、いりませ~ん」
【経済】西村ひろゆき氏「米中貿易戦争で負けるのはアメリカ」
【レオパレス訴訟】全国のオーナーが立ち上がる!レオパレス訴訟の経緯と原因は?
【朗報】シャープ、債務超過解消で東証一部に復帰申請 載社長「(一部復活は)社会的信用力などの面で非常に重要」
【JASRAC】美容室など全国352店舗に一斉法的措置 BGM利用の著作権手続き求め
【企業】【かっぱ寿司】「寿司がおいしくなかった」、ネタがおいしくなった途端に客数増 食べ放題登場とサイドメニューが充実
【楽天離れ】通販サイト、大手ECモールから撤退し、自前化が相次ぐ
【ホクレン】バター品薄はホクレンのせいだった?―『ガイアの夜明け』(番組内容まとめあり)