睡眠改善薬として販売されている「ドリエル」はロングセラー商品となっております。 一方、同成分が用いられている「レスタミンコーワ」は蕁麻疹、鼻炎などと行った症状を抑えるための薬です。 何れも全く同じ成分を使用しており、睡眠改善に用いるには、「レスタミン」を用いたほうが安上がりではないか? というのがもっぱらの噂なので、調査してみました。 成分の比較 ドリエルとレスタミンの成分を比較するとこんな感じです。 品名 錠数 主成分 成分量 ドリエル 2錠 ジフェンヒドラミン塩酸塩 50mg レスタミン 9錠 ジフェンヒドラミン塩酸塩 90mg ドリエルは1錠にジフェンヒドラミン塩酸塩が25mg、レスタミンは1錠10mg、 1錠あたりの量としてはレスタミンの方が少ないですね。 内容量と価格の比較 品名 内容量 実勢価格 1日(50mg)あたり ドリエル 12錠 1630円 271円 レスタミン 120錠 756円 31.5円 ...