【FX EA研究】TradeViewに口座を移し替えて取引再開!手数料の安さとスプ狭で効率的な勝利を期待できるか?

2016年12月から毎週検証してまいりましたFX AutomaterのEA結果(Wallstreet Forex Robot、Forex Diamond EAなど)ですが、メインブローカーをXMに指定し、半年間取引を行った所、あまり目覚ましい成果を挙げることができませんでした。

といってもpipsレベルではプラスではあるのですが、やはり無駄な取引やストップロス、そして何より手数料が多い印象です。

また、サブアカウントとしてTradeviewというブローカーを稼働していたのですが、トレードのタイミングと利確だけでなく損切りのタイミングも非常に優れていることから、着実に資産を増やす結果となりました。

手数料についてもTradeviewが明らかに安いことから、今後はこちらをメインに取引を行い、その記録を紹介したいと思います。

前回の記事では休止宣言を申し上げましたが、環境を変えて新たに始動いたしますので、皆さまご応援の方、何卒よろしくお願い申し上げます。

XM(Zero)とTradeviewの差

この二者のブローカーの実力差ですが、手数料差とスプレッド差について挙げてみたいと思います。

往復手数料

これらのブローカーはスプレッドを最も狭いプランを利用する場合、取引に手数料が発生します。

手数料は以下の通りです。

  • XM…1LOT往復で10ドル
  • Tradeview…1LOT往復で5ドル

こちらは過去の記事でXMの手数料を詳しく分析したのですが、改めて解説します。

ドル円での取引ならば、現在のドル円レート(110.6円とします)をベースとして手数料が決定するということです。

  • XMならば1ロットの往復で10×110.6=1,106円
  • Tradeviewなら1ロット往復で5×110.6=553円

553円もの差額が出てきます。この差額、大きいと採るか小さいと採るか……ですが

…………

大き過ぎです!

このスプ差、トレード結果に直結すると言っても過言ではないレベルであると思います。

キャッシュバックを考慮しても高い

XMの場合は、PaybackFXなどのキャッシュバックで1ロット3ドルのリベートを得ることが可能です。
それを考えたときの実質手数雨量は、

(10-3)×110.6=774.2円

となり、CBを考慮しても、なおTradeviewよりも高くなります。

またリベートは報酬確定まで1~2ヶ月のタイムラグが生じるので、あまり使い物にならない?というのも現実です。

スプレッドの開きは?

察しの良い方であれば、結局のところ問題は、スプレッドの開き具合にかかってくるのでは?と思われるかたもいらっしゃるでしょう。

ここで二つを並べた同時刻のスプレッド差を見てみたいと思います。記事執筆時の画像をそのまま貼り付けます。

少しいびつですが左がTradeview、右がXMです。主要通貨であるユロドルとポンドルで見ていきましょう。

表にすると以下のようになります。

ブローカー 通貨 Bid Ask スプレッド
XM EURUSD 1.12409 1.12434 0.00025
GBPUSD 1.28776 1.28821 0.00045
TV EURUSD 1.12418 1.12422 0.00004
GBPUSD 1.28795 1.28822 0.00027

もちろん時間帯により変化する可能性がりますが、なんと、Tradeviewの方が狭いです。

私自身改めて検証してその差に驚きました。スプレッドも半分以下ですね……

ということは、

  • スプレッドは半分以下
  • 手数料は半額

ということで、言うことなしじゃないですか汗

XMを利用すればするほど手数料がかさんだり、不要なトレードで損失をもたらすと考えれば、一刻も早くTradeviewに移されることをおすすめしたいと思います。

…ということで、これからのWSFR等のFX AutomaterEAの研究結果は、このTradeviewに基づいた結果をを発表してまいりたいと思います。

XMは黒歴史…ということで(といっても1000pips以上取ったので、悪いブローカーではないんですがね

Tradeview開設はこちらからどうぞ!

また、論より証拠として、Tradeview口座の売買状況も参考にどうぞ。

今後、このブローカーによるWSFRやダイヤモンド等の投資記録について、随時発表してまいりたいと思います。

それでは!

WallStreet ForexRobot 過去の結果

WSFR(FX自動売買ツール)の今までの結果をご紹介します。

pipsとは…利益の単位を表します。100万円で1ロット(10万通貨)固定で取引した場合、1pip=1,000円と大まかに計算することができます
トレードはデモでなく、TradeViewFXのリアルトレードの結果ですが、円換算は分かりやすくするための表記で、当方の実際のトレード利益ではありません。結果は測定タイミングが重複することなどがあり、実際の値とは多少異なる場合があります。

2017年5月~12月

  • +950.3pips(約95万円)

2018年 現時点トータル:421.5pips(421,500円)

  • 1月1週:+4.5pips(+4,500円)
  • 1月2週:+173.1pips(73,000円)
  • 1月3週:-108.1pips(-108,100円)
  • 1月4週:-215.1pips(-215,000円)
  • 1月5週:+126.4pips(+126,000円)
  • 2月2週:+185.1pips(+185,000円)
  • 2月3週:+98.9pips(+98,900円)
  • 2月4週:+134.6pips(+134,600円)
  • 3月1週:-16.0pips(-16,000円)
  • 3月2週:-57.3pips(-57,300円)
  • 3月3週:+88.9pips(+88,900円)
  • 3月4週:-99.8pips(-99,800円)
  • 3月5週:+66.7pips(+66,700円)
  • 4月:+187.2pips(+187,200円)

ざっくり…7月4日まで半年で約600pips…多い?少ない?

設定ファイルは非公開記事にしました。WSFRを当サイトから購入された方にお伝えいたします。

TradeView(おすすめFXブローカー)

TradeViewは一流トレーダーの間でも評判が高いものです。(様々な事情通ブロガーが賞賛しています)

実際に、大手海外FX取引業者のXMと比較しても圧倒的な安さになります。下表をチェックしてください。

(1USD=110) TradeView XM
平均スプレッド 0.2 0.2
往復手数料/1lot 約400円 約1,200円

圧倒的に安いです。スプレッドの低さも魅力的です。是非登録をオススメします。

口座開設の選択は、”メタトレーダーILC口座”を選択しましょう。

自動売買を行う流れ

またご参考として、WSFRを用い、FXの自動売買を行うためのおもな流れを簡単に解説していきたいと思います。

①口座開設

口座開設は上述の例に習います。TradeViewがおすすめとなります。

②VPS開設

自動売買を行うためには、24時間PCを起動させておく必要があります。

そのPCをVPSと呼ぶのですが、自分のPCを24時間起動させていても問題アリません。ただしサーバーの位置関係から約定速度に問題が生じるなど細かい部分での差が出てくることは確実ですので、普通は海外のPCを借りてトレードを行います。

とりわけWin-VPSは非常に安価なので、こちらがおすすめです。(プランは検証の末、シルバープラン以上が必須といっていいかと思います。)→解説記事

※エラーが出る場合は、こちらからお進みください。

③自動売買ソフトの購入

最もおすすめはWSFRですが、その他にはDIAMONDが筆頭格です。

VPSを設置し終わるとWindows環境になるので、あとは直感的に操作をすることが可能です。

まずはTradeViewのMT4/EAソフトをインストールして実行します。(XMのMT4はこちらからDLします)
そしてWSFRなどのEAソフトはインストーラーファイルになっていますので、そのままインストールすればOK。

EA設定を行う

MT4を開き、トレード対象通貨を開きます。そこで使用したいソフト右側のツールバーからドラッグアンドドロップすれば、設定完了となります。動かない場合は各種チェックが入っていない場合がありますが、それほど難しい設定は必要ありません。

トレード時間の設定(Friday-Exit)や指標発表時のトレードストップなどについての設定は、当サイト経由でWallStreet Forex Robotをご購入された方にお送り致します。

購入された方は、フォームよりご連絡ください。購入が確認できましたら、設定方法をお知らせ申し上げます。それでは、良きシストレ生活を!

【注意事項】
FXのEA(システムトレード)運用に関する結果は、XMおよびTradeview口座を用いた結果であり、それ以外のブローカーについて同等の性能を保証するものではございません。また、投資には相応のリスクが存在していますので、最終的なご判断は、あくまで自己責任で行って下さい。
pips獲得高は、Myfxbookのデータに基づく正確なものでありますが、利益計算は、手数料やレート換算等を除いたおおまかな数値です。

株・マネー

【mql5.com】超絶セール!マクミクフルセットが1500ドルくらいで入手でき、永年サポートが受けられる件【Max Mixed Hedging DC/Twin Max-Mixed/Twin Hedge】
備忘録として残しておきます。 3月初旬現在 Max Mixed Hedging DC(セール終了) Twin Max-Mixed(今回ディスカウント中) に加え Twin Hedge が無料で貰え、伝説のヘッジEA3部作をコンプでできるっぽいです(;´・ω・) ちなみに2019年3月現在、上位を占めています。 価格がめちゃくちゃ高いのにこの人気ぶり! 備忘録としての画像 作者にしらばっくれられてもイクナイのでとりあえず画像を保存(´・ω・`) https://www.mql5.com/en/blogs/post/724197 日本語訳 あなたが今Twin_Max-Mixed_DC (現在利用可能な大きな割引)を買えば 、あなたはボーナスとして得るでしょう: Twin_HEDGE_DCは 絶対に無料で 、 他の追加の取引システムを含みます。 だからあなたは完全にあなたの取引の多様化のためのヘッジEAの完全なパッケージを持つことになります: 最大混合混合DC ツインマックスミックスDC Twin_HEDGE_DC MMH

続きを読む

【EA】WSFRの使用通貨の見直し ポンドルの政情不安 戦力外もやむなしか
【WSFR10月2週】-91.6pips! ポンドルの下落爆撃ワロタ 慌てるのはまだ早い(´・ω・`)))))【自動売買EA】
【WSFR9月4週】+30.4pips!ドルカナ複数出動で難なくこなす(´・ω・`)【自動売買EA】
【WSFR9月3週】特に問題なし 堅調すぎて怖いわ(´・ω・`)【自動売買EA】

「シストレ情報」記事をもっと見る