1: 2017/01/19(木) 16:09:24.42 ID:CAP_USER9 http://jp.reuters.com/article/toshiba-wd-idJPKBN1520BA 画像出典:ロイター [東京 18日 ロイター] - 東芝(6502.T)は18日、NAND型フラッシュメモリー事業の分社化を検討していると発表した。同社は昨年末、米原発事業で数千億円規模の減損を出す恐れがあると公表。稼ぎ頭のメモリー事業を分社し、外部資本の受け入れにより、減損の影響を相殺させたい考えだ。業界筋によると、東芝は提携先のハードディスク駆動装置(HDD)世界最大手、米ウエスタンデジタル(WDC.O)(WD)と出資受け入れ交渉に入った。 WDは、三重県四日市市でフラッシュメモリーを東芝と共同生産してきた米半導体メーカーのサンディスクを昨年5月に買収。東芝との提携関係を引き継いでおり、出資受け入れの有力候補との見方が多い。 <以下略、全文はソース記事をご覧ください> 関連記事 WestenDigitalがSanDiscを190億ドルで...