1: 2017/10/16(月) 05:43:47.21 ID:CAP_USER9 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171016/k10011178881000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003 15日、福井市を流れる九頭竜川に小型機が不時着したことを受け、国の運輸安全委員会は、大事故につながりかねない重大インシデントに当たるとして、航空事故調査官2人を16日に現地に派遣し、原因を詳しく調べることにしています。 15日午後3時40分ごろ、福井市小尉町を流れる九頭竜川に60代から70代の男性4人が乗った小型機が不時着しました。 小型機は、その後、川に沈みましたが、乗っていた4人は自力で機体の外に脱出し、いずれもけがはありませんでした。 この機体はアメリカのビーチクラフト社が製造した単発のプロペラ機で、15日午後、山形県の庄内空港を出発し、新潟空港を経由して福井空港に向かう途中だったということです。 小型機を操縦していた66歳の男性によりますと、当時、...