【AMD】デュアルGPU搭載「Radeon Pro Duo」のスペックについて。シェア回復のきっかけとなるか!?

アメリカのAMDが、2016年4月26日(現地時間)に新グラフィックボードのRadeon Pro Duoを販売開始します。

20160426AMD

この記事では、Radeon Pro Duoの概要、詳細なスペック、ベンチマークテストの結果について紹介いたします。

概要

Radeon Pro Duoは、Dual Fiji、FuryX2などと呼ばれていたモデルで、その名の通りFijiコアを2つ搭載したデュアルGPUカード

AMDのデュアルGPUカードとしてはRadeon R9 295X2から2年ぶりの新モデル登場となります。

詳細スペック

20160426AMD01

Radeon Pro Duoの詳細なスペック表です。
比較用に、コアが1つのRadeon R9 Fury Xと、NIVIDIAのハイエンドデュアルGPUカードGeForce GTX TITAN Zのスペックも併記しています。

Radeon Pro Duo Radeon R9 Fury X GeForce GTX TITAN Z
GPU Fiji XT ×2 Fiji XT GK110
コア数 4096×2 4096 2816×2
TMU 256×2 256 240×2
ROP 65×2 64 48×2
演算性能 16.4TFLOPS 8.6TFLOPS 8.1TFLOPS
コア周波数 1000MHz 1050MHz 876MHZ
メモリ 4GB×2(HBM) 4GB(HMB) 4GB×2(GDDR5)
メモリ周波数 500MHz 500MHz 1750MHz
メモリインターフェース 4096bit×2 4096bit 512bit×2
メモリ帯域幅 512GB/秒×2 512GB/秒 512GB/秒×2
TDP 350W 275W 375W

Radeon R9 Fury Xと比べると、GPUコアを2つ搭載しているので、TDP(消費電力)は2倍になるかと思われていましたが、350Wとおよそ1.3倍程度にとどまっています。
これは、低電圧で駆動するコアの選別や電圧制御によって、消費電力を抑える仕組みが採用されているためと考えられます。

ベンチマークテストの結果

Radeon Pro Duoがどのくらいの実力を持っているのか見ていきましょう。

※以下、画像はexpreview.comより引用しました。

ゲームスコア

Radeon Pro Duoと、Radeon R9 Fury Xのベンチマーク結果の比較です。

測定に利用されたアプリケーションは

  • 3DMARK FireStrike
  • Heaven 4.0
  • Tom Clancy’s The Division
  • Crysis 3
  • Rise of Tomber Raider
  • The Witcher 3
  • GTA 5
  • Luxmark 2.0
  • ComputeMark

の9つです。

4K

まずは各アプリケーションを4K解像度で実行した結果です。

AMD-Radeon-Pro-Duo-Benchmarks-Results_4K

クリックで拡大

Heaven 4.0は82.35%アップ、GTA5では83.28%アップと大幅に向上するゲームもありますが、Compute Markは-8.32%というようにデュアルGPUに最適化されていないとパフォーマンスが下がってしまうアプリケーションもあります。

9つのアプリケーションの実行結果を平均すると、Radeon Pro Duoは、Radeon R9 Fury Xに比べて60.66%パフォーマンスが向上しています。

フルHD

今度は先ほどのアプリケーションをフルHDで動作させた結果です。

AMD-Radeon-Pro-Duo-Benchmarks-Results_1080P

クリックで拡大

Heaven 4.0は4K解像度で実行したときと同じく、74.56%のパフォーマンス向上がみられます。Compute Markは-8.32%と4K実行時と同じようにパフォーマンスが低下していることが確認できます。

4Kでは83.28%のパフォーマンス向上が見られたGTA5ですが、フルHDにおいては42.46%に留まっています。

実行結果を平均すると、Radeon Pro Duoは、Radeon R9 Fury Xに比べて50.43%パフォーマンスが向上しています。

まとめますと、パフォーマンスの平均向上率は、

  • 4K:60.66%
  • フルHD:50.43%

となりました。

このように、Radeon R9 Fury Xと比較すると、コアを2つ搭載していますが2倍のパフォーマンスが出せるわけではありません。

消費電力

Radeon Pro Duoと、Radeon R9 Fury X、GeForce GTX 980Tiの消費電力の比較です。

a6b50ea3

画像クリックで拡大

Furmarkに関しては、Radeon Pro Duoが279W、Radeon R9 Fury Xが397Wとなっており、コアが1つのFury Xよりもコアを2つ搭載したRadeon Pro Duoの方が低消費電力となっています。電力制御の最適化がうまく働いているのでしょうか。

GPU温度

Radeon Pro Duoと、Radeon R9 Fury X、GeForce GTX 980TiのGPUコア温度の比較です。

69d3002a

画像クリックで拡大

GPU温度に関しては、Pro DuoとFury Xはは60度以下に抑えられています。
80度を超えているGeForce GTX 980Tiと比較すると大幅に低いですね。

Pro DuoとFury Xは簡易水冷、GTX 980Tiは空冷なので、簡易水冷の効果はかなり大きいようです。

ひとこと

これまでのAMDのグラフィックカードは、熱い、消費電力が高い、パフォーマンス微妙・・・・・・という製品が多かった印象ですが、今回販売されるRadeon Pro Duoは高パフォーマンスかつ消費電力が抑えられていて魅力的です。

販売面において、CPUはインテル、グラボはNVIDIAに遅れを取っているAMDですが、これを機にシェアが少しでも回復するといいですね。

【市販PC】既に激安 2019Q2CPU投入済

(お知らせ)2017年より、

その他での価格比較を行ってまいりましたが、Frontierよりも価格が安い販売店が世界中を探してももはや見つからないことから、Frontierのマシンのみをご紹介することにいたしました。

迷ったらFrontierで間違いないと、自作PCを23台作成した管理人が太鼓判を押します。疑問があれば何なりとお申し付けください。

フロンティアおすすめ構成例

  • CPU:Corei7-9700F
  • MEM:16GB
  • グラボ:NVIDIA GeForce RTX 2060
  • SSD:512GB(NVNe)
  • HDD:2TB
  • 電源:600W

2019Q2に登場したばかりのTDP65Wの8コアCPU「Core i7-9700F」をすでに搭載しています。低消費電力でハイパフォーマンス。ミドルトップエンドのRTX2060を搭載。一体どこに不満が生じるのかという最強スペックです。

売れ筋の一角を担っていることは間違いありません。限定なので売り切れは必至でしょう。

神にでも挑戦するのか。無敵の最強ノート

  • CPU:Corei7-9750H
  • MEM:16GB
  • グラボ:NVIDIA GeForce GTX 1650
  • SSD:1TB(NVNe)

こちらも2019年第2四半期に販売された最新CPUを惜しげもなく投入。かつてゲーミングPCといえばGTX1060であったが、そのスペックの90%と肉薄するGTX1650投入、またバックライトも美しく、値段が10万円少々。

こんな奇跡があっていいのかと目を疑いたくなるくらいである。ノートパソコン選び、とりわけ自宅用ノートに迷っている方……これを買わずして何を買うというのだ……

その他限定品多数。急げ

堂々のスペックに文句なしの価格帯。

研ぎ澄まされたカスタマイズにより至高のコンピューティングが楽しめる。
Frontierの神髄をどうぞセール会場でご覧ください。

テック・ゲーム

【CPU速報】パソコンのCPUなんだが最新のi5と一世代前のi7どっちが性能がいいの?
1: 名無し募集中。。。 2019/07/15(月) 12:58:54.03 0 i7の方がいいなら形落ちで安くなってるからお得かもな 以下、反応 196: 名無し募集中。。。 2019/07/15(月) 22:11:13.72 0 >>1 i3でもi5でもi7でもコア数が同じなら性能はクロック数次第で大差ない   233: 名無し募集中。。。 2019/07/16(火) 15:27:48.75 0 最新のi5は 前世代よりクロック周波数を少し上げただけだから さすがに6コア12スレッドのi7には及ばない 8コア8スレッドの今世代のi7との比較を知りたかったのかな?>>1は それとも4コア8スレッド時代のi7とか 最近のintelのCPUはややこしいね   4: 名無し募集中。。。 2019/07/15(月) 13:01:43.26 0 同じぐらい   8: 名無し募集中。。。 2019/07/15(月) 13:03:51.91 0 ライゼン5 1400 使ってるけどゲームしな

続きを読む

【鬼安】最新CPUのZen2搭載、VRとレイトレーシング対応のRTX2060搭載、爆速NVMe SSD搭載のPCが税込み12万円!
【PC】BTOで稼動8年「50000時間」PC、壊れたパーツはたったこれだけだった
【朗報】インテルが表明「ムーアの法則は終わらない」AMD逆襲に賭ける想い
【´・ω・`】なぜ情弱はローエンドのノートパソコンを買ってしまうのか

「PC自作最前線」記事をもっと見る

PC自作最前線 人気記事

【PC】BTOで稼動8年「50000時間」PC、壊れたパーツはたったこれだけだった
【PC自作】M.2(NVMe)装着方法、クローン方法と体感速度の変化について。このご時世、やはり入れて起きたい。
【2019】CPU徹底比較!種類・スペック・性能差は?動画編集・ゲーミングにオススメのCPUは?全てが分かる完全保存版!【i5 9500F注目】
【Windows10中華タブレット】激安10インチ CoreM3搭載「Cube Mix Plus」は絶対に買い! 驚愕のスペック徹底解剖!!
M.2 SSDとSATA SSDの速度比較!M.2 SSDの価格は少々高いが、速度の速さは魅力的!
【2018】マザーボード徹底比較! チップセットの種類・機能・拡張性の違いは?現行最新マザボ選びが分かる完全保存版!
【CPU速報】パソコンのCPUなんだが最新のi5と一世代前のi7どっちが性能がいいの?
3万円台でCorei5・SSD・メモリ16GBの快適なノートPCを調達する裏ワザとは!?~R731編~
【ゲーム】PC厨「ああ…今年も10万のグラボとCPU買わなきゃ…」一般人「4万のPS4で遊び放題!」
【Frontier】ワイのPC、ついに届く!!!!!!!!!!!!!!!!!! (反応まとめ)