【2017】Windows10アップグレードがまだできるか試してみたよ【G580】

2017年3月になりましたが、未だにWindows7から10にアップグレードできるのか、試してみました。

試してみた理由は、オーディオドライバの調子が悪かったことです。

特にAT2020USB+と相性が悪かったのか、Audacityという音声編集アプリが全く動かなくなりました。

割と高性能マイクだけに、みすみす切り捨てるわけもいかず……

AUDIO-TECHNICA AT2020USB+ USBマイクロホン

ならばいっそOSをアップグレードしてみよう!

ということで、行動を開始しました。

果たしてDLとインストールは可能なのでしょうか?

※私が今回用いている機種はノートパソコンのLenovo G580です。

ダウンロード

ダウンロードは以下のリンクから行いました。

「今すぐアップデート」をクリック、

MediaCreationTools.exeをダウンロードして実行します。

DLには空き容量が8GB必要なのですが、SSDで64GBしか搭載していない私にはギリギリでした…汗

ともかくも…

右下の日時に注目!何事もないかのようにセットアップが進み、

1時間もかからずにWindows10にアップグレードが完了しました。

Drive Boosterで一気にドライバ更新

念のため、Drive Boosterという、一気にドライバ類を更新してくれるiOrbitのソフトを入手し起動しました。

iOrbit、色々諸説はありますが、私的には使い勝手がよく、重宝しています。

(更新したらアンインストールする、という都合の良いときだけ頼るパターンですがw)

特にサウンド系ではなかったのですが、一括で更新してみます。

2月末にも更新したのですが、「非常に古い」という表示、やはりOSがWi7→Win10に変わると勝手が変わってしまうのでしょうか。。

DriverMaxにも頼る

Windows7で起動しなくなっていたAudacity、やっぱり駄目でした。

そのため、DriverMaxなど他のツールにも頼りました。

あれ?こっちのほうがDrive Boosterより更新の数が多かったんですよね・・・

とまあ、あれこれあって…

【参考】

「Realtek High Definition Audio」だけはデバイスマネージャーから更新できました。

自動更新はしてくれなかったようです。

 

結局Win10とAudacityとの相性が悪いということがわかったので、こちらのHPからAudacityのアルファ版をダウンロードしました。

すると普通に使えるではありませんか! 今までの苦労は不要だったのかも(´・ω・`)

あるいはアルファ版はzip配布なので、もしかしたらインストーラー版でなければよかったのかもしれません。

もちろん、ドライバは最新版にしておくに越したことはないので プラスに考えておきます!

結論

Audacityの話ばかりになってしまいましたが、本題はWin7→Win10の更新です。

結果としては更新可能、ということがわかりました!

メーカーによる差はあるかもしれませんが、現在もWin7を利用している方は、まだ更新を検討するチャンスがあるかもしれませんよ。

参考にどうぞ!

folder

【自己PR】投資に興味がある方は!

私LHは、このたびTradeviewアンバサダー(紹介者)として、世界最高のホワイトラベルであるFXブローカー、Tradeview Ltdから認めていただくことになりました。
FX裏情報を語ったり、世界のトップEA開発者らと協同した日本向けEAの開発など、仮想通貨含め、FXに関するいろいろな事業を展開してゆく予定です。
Tradeviewは仮想通貨も10倍レバで取引できるブローカーであり、その観点から投資情報をお届けしたいと考えております。

Tradeviewは完全A-Book(注文を呑まない優良業者)であることが確定しており、
加えて手数料についても最大限の優遇をはかっています。
そして万一の際には3.5万ドル(約400万円)の補償と、フルバックアップシステムの
ブローカー。もちろん私のIBでは、BTCやXRPもトレードできます。

もちろんTVの宣伝だけではなく、投資全般に関係する上質な情報を提供してまいりますので、今後ともご愛顧賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

仮想通貨・FXに関する極上品質の専門サイトを作成しました!

必ず得する情報・裏情報が満載です。ぜひご覧ください。

TV×LH公式リーフレットです。各項目の解説はリンク先にあります。

テック・ゲーム

【PC】[半角/全角]キー不要に? WindowsのIME切り替えがMac方式に
1: 名無しさん@涙目です。(東京都) 2018/12/26(水) 22:03:04.14 ID:uELkNt3z0 BE:306759112-BRZ(11000)  Windowsでとの入力モードを切り替えるときはキーを使ってトグル切り替えする。 これが近々Macと同じ方式に変わりそうだ。 マイクロソフトWindows Blogの12月20日公開版によれば、Windows 10 Insider Preview 18305では、 IMEのオン/オフを切り替える設定を強化しているという。これにより、スペースバーの左右にあるとキーの動作が変わる。 従来は再変換などが割り当てられていたが、今回の変更によりはIMEオフに、はIMEオンとなる。 つまり、MacやiOSのJISキーボードと同じだ。 同ブログでは「フィードバックに基づき、 キーを IME オンに キーを IME オフにする設定を既定にしています」と説明。 Macと同じくスペースバーの左にあるキー(Macでは)で英数字(IMEオフ)、スペースバー右のキー(Macでは)でIMEオンが割り当てられ

続きを読む

【PC】Windows7のサポート終了まで後1年強だよ。Win10へ移行してないやつおりゅ?
【IT】SDカードの容量偽装が横行か。「128GB」の表記が実は3GB
【PC】ASUS(エイスース)新型スマホを発表、19万9500円
【PC】まさかまだWindows7使ってる奴いないよな?

「PC操作」記事をもっと見る