【2019Q2】CPU徹底比較!種類・スペック・性能差は?動画編集・ゲーミングにオススメのCPUは?全てが分かる完全保存版!【Ryzen9・3700Xが最強か?】

【特集】2019Q2徹底比較!

2019年第二四半期を主眼に入れた総合ランキングです。世代が増えてさすがにややこしいので、購入候補に入れるであろうCPUのみをピックアップしました。

また今回より、Passmarkのみならず、ゲームスコア・アプリスコアなどを含め総合的な観点からランキングを整理しています。

(主観が入ることに気を付けてください。)

主な登場プロセッサ

  • AMD(Ryzen)はZen、Zen+およびZen2
  • Intelは第9、第8、第7世代のプロセッサー

をランクに入れています。

1位~10位

Rank CPU 金額
(万)
Passmark ゲームスコア アプリケーションスコア CPUアーキテクチャ コア/スレッド ベース/ブースト TDP
1 AMD Ryzen 9 3900X 6.5 31815 Zen2 12/24 3.8 / 4.6 GHz 105W
2 Intel Core i9-9900K 6 20222 Coffe Lake-R 8/16 3.6 / 5.0 GHz 95W
3 Intel Core i9-9900KF 5.8 20370 Coffe Lake-R 8/16 3.6 / 5.0 GHz 95W
4 AMD Ryzen 7 3800X 5.1 24583 Zen2 8/16 3.9 / 4.5 GHz 105W
5 AMD Ryzen 7 3700X 4.3  23095  Zen2 8/16 3.6 / 4.4 GHz 65W
6 Intel Core i7-9700K 4.7 17206 Coffe Lake-R 8/8 3.6 / 4.9 GHz 95W
7 Intel Core i7-8700K 4.3 15963 100 70.4 Coffe Lake 6/12 3.7 / 4.7 GHz 95W
8 Intel Core i7-8700 3.7 15158 99.98 61.1 Coffe Lake 6/12 3.2 / 4.6 GHz 65W
9 Intel Core i9-7960X 23 26023 99.97 96.9 Skylake 16/32 2.8 / 4.2 GHz 165W
10 Intel Core i5-9600K 3.0 13528 Coffe Lake-R 6/6 3.7 / 4.6 GHz 95W

やはりテーマはインテルとAMD(Ryzen)のしのぎの削り合いというところです。

ねらい目は赤字のCPUです。安価とスレッド、Passmarkスコアで考えればAMD Ryzen7 3700Xに軍配が上がりそうです。なお、一つ上のランクの同3800Xの選択肢もありますが、3700Xの高クロックバージョンであると考えれば、多少のギークなら「Precision Boost Overdrive」で高クロック化すれば事足れるとも言えます。

したがって5位の3700Xは価格と性能で最も優れた選択でしょう。

ハイエンドで言えばCorei9-9900Kです。ゲーミングでは定評ですが、しかし今季の全体の底上げを図ったのはRyzen 9 3900Xです。コンシューマーモデルをハイエンド…スパコン顔負けのレベルにまで引き上げているといって過言ではないでしょう。6万円台モデルでつい手を出したくなるのが3900X…ですがさらなるメニ―コアのCPUの投入をQ3では予定しており、それを待つかどうかというのは悩みどころ。

一般ユーザーとしてはAMD Ryzen7 3700Xが最も手を出しやすいかな?というのが結論となります。

AMD Ryzen 7 3700X with Wraith Prism cooler 3.6GHz 8コア / 16スレッド 36MB 65W【国内正規代理店品】 100-100000071BOX

11位以下

※展開してご自身のCPUなどを確認ください。

11位以下
Rank CPU Passmark ゲームスコア アプリケーションスコア CPUアーキテクチャ コア/スレッド ベース/ブースト TDP
11 Intel Core i5-8600K 12756 99.91 56.1 Coffe Lake 6/6 3.6 / 4.3 GHz 95W
12 AMD Ryzen 5 2600X 14369 98.2 57.9 Zen+ 6/12 3.6 / 4.2 GHz 95W
13 AMD Ryzen 7 2700X 17161 97.2 70 Zen+ 8/16 3.7 / 4.3 GHz 105W
14 Intel Xeon W-3175X Skylake 28/56 3.1 / 4.3 GHz 225W
15 Intel Core i9-9980XE 29798 Skylake 18/36 4.4 / 4.5 GHz 165W
16 Intel Core i9-7980XE 27823 97 99.9 Skylake 18/36 2.6 / 4.2 GHz 165W
17 Intel Core i9-7900X 21885 96 75 Skylake 10/20 3.3 / 4.3 GHz 140W
18 Intel Core i5-8600 12611 Coffe Lake 6/6 3.1 / 4.3 GHz 65W
19 Intel Core i7-7700K 12031 96.6 45.4 Kaby Lake 4/8 4.2 / 4.5 GHz 91W
20 Intel Core i5-8500 11902 Coffe Lake 6/6 3.0 / 4.1 GHz 65W
21位以下
Rank CPU Passmark ゲームスコア アプリケーションスコア CPUアーキテクチャ コア/スレッド ベース/ブースト TDP
21 Intel Core9400 / i5-9400F 12134 Coffe Lake 6/6 2.9 / 4.1 GHz 65W
22 Intel Core i5-8400 11649 95.6 45.8 Coffe Lake 6/6 2.8 / 4.0 GHz 65W
23 AMD Threadripper 2950X(GM) 25528 94 100 Zen+ 16/32 3.5 / 4.4 GHz 180W
24 Intel Core i7-7820X 18494 93.1 71.7 Skylake 8/16 3.6 / 4.3 GHz 140W
25 Intel Core i3-8350K 9218 93 34.3 Coffe Lake 4/4 4.0 /-GHz 91W
26 AMD Ryzen 7 2700 17161 92.9 69 Zen+ 8/16 3.2 / 4.1 GHz 65W
27 AMD Threadripper 1900X(GM) 16089 92.8 60 Zen 8/16 3.8 / 4.0 GHz 180W
28 Intel Core i7-7700 10728 92.7 41.6 Kaby Lake 4/8 3.6 / 4.2 GHz 65W
29 AMD Threadrippe 2990WX(GM) 23034 92.4 99.6 Zen+ 32/64 3.0 / 4.2 GHz 250W
30 AMD Ryzen 5 2600 14221 91.5 50.6 Zen+ 6月12日 3.4 / 3.9 GHz 65W
31位以下
Rank CPU Passmark ゲームスコア アプリケーションスコア CPUアーキテクチャ コア/スレッド ベース/ブースト TDP
31 Intel Core i7-7800X 14601 88.7 70 Skylake 6月12日 3.5 / 4.0 GHz 140W
32 Intel Core i5-7600K 9113 87.1 40 Kaby Lake 4月4日 3.8 / 4.2 GHz 91W
33 AMD Threadripper 1950X(GM) 21835 86.7 88 Zen 16/32 3.4 / 4.0 GHz 180W
34 AMD Threadripper 1920X(GM) 19742 86.4 77.5 Zen 12月24日 3.5 / 4.0 GHz 180W
35 AMD Ryzen 7 1800X 15420 86.1 59.2 Zen 8月16日 3.6 / 4.0 GHz 95W
36 Intel Core i5-7600 9113 85.9 57 Kaby Lake 4/4 3.5 / 4.1 GHz 65W
37 AMD Ryzen 7 1700X 15324 85.7 55 Zen 8月16日 3.8 / 3.9 GHz 95W
38 AMD Ryzen 5 1600X 13201 84.8 48 Zen 6月12日 3.6 / 4.0 GHz 95W
39 AMD Ryzen 5 1600 13201 82.6 46.5 Zen 6月12日 3.2 / 3.6 GHz 65W

データ集

ややこしいをすっきり解決!現行モデル比較

特に2017年後半のAMDとIntelとの熾烈な争いにより、ラインナップがやや複雑になりました。

現行のCPUを理解するにあたっては、おおむね

  • 8コア以下:ゲーマー・一般利用向け
  • 10コア以上:クリエイター(動画・画像編集)向け

と分類したほうがわかりやすいのではないかと思います。利用用途(ベンチマークソフト)によっては、8コア以下のCPUが8コア以上のCPUに上回る場合が多く、総合力では現状は8コア以下のCPU(i8700Kなど)が強いです。

動画・画像・エンコードなどクリエイティブな処理を行う場合など、用途が専門・特化されている場合には10コア以上のメニーコアCPUが適しているかと思います。

8コア以下

まずは8コア以下のモデルを見ていきましょう。
価格帯やスペックも考慮し、以下の条件に適合するCPUを抽出しています。

  • 8コア以下
  • 5万円以下
  • PassMarkスコア10000以上

Intel

モデル名 投入時期 周波数 TB3.0 コア数 スレッド数 TDP 性能目安 価格 チップセット例
9900K   3.6GHz 5.0GHz 8 16 95W 20291 6.2万円~ Z390
9700K   3.6GHz 8 16 95W 17616 5万円~  Z390
9700F 2019Q2 3.6GHz 4.9GHz 8 65W 16811 4.2万円~ Z370
8700K   3.7GHz 4.7GHz 6 12 95W 17179 5万円~ Z370
8700   3.2GHz 3.2GHz 6 12 65W 15284 4.5万円~ Z370
7800X   3.5GHz 4.0GHz 6 12 140w 14529 5.0万円~ Z299
6850K   3.6GHz 4.0GHz 6 12 140W 14372 7.0万円
Z270
6800K   3.4GHz 3.8GHz 6 12 140W 13636 5.6万円
Z270
7740X   4.3GHz 4.5GHz 4 8 112W 12305 4.0万円~ Z299
7700K   4.2GHz 4.5GHz 4 8 91W 12222 4.7万円~ Z270
6700K   4.0GHz 4.2GHz 4 8 91W 11005 4.3万円~ Z270
7700   3.8GHz 4.2GHz 4 8 65W 10796 4.1万円~ Z270

AMD

モデル名 周波数 TB コア数 スレッド数 TDP 性能目安 価格帯 チップセット例
Ryzen
2700X
3.7GHz 4.3GHz 8 16 105W 16,961 3.6万円~ X370
Ryzen7
1800X

3.6GHz 4.0GHz 8 16 95W 15,405 2.6万円~ X370
Ryzen7
1700X
3.4GHz 3.8GHz 8 16 95W 14,600 2.6万円~ X370
Ryzen7
1700
3.0GHz 3.7GHz 8 16 65W 13,879 3.5万円~ X370
Ryzen5
1600X
3.6GHz 4.0GHz 6 12 95W 13,139 2.5万円~ X370
Ryzen5
1600
3.2GHz 3.6GHz 6 12 95W 12,372 1.9万円~ X370
Ryzen5
1500X
3.5GHz 3.7GHz 4 8 65W 10,719 1.7万円~ X370

PassMarkのみでいえばCorei7 8700Kが頭一つ抜けた印象でしたが、2018年11月の実勢では、Ryzen7 2700Xもパフォーマンスが高く、また価格も下がっている(intel⤴、AMD⤵)のため、コスパ狙いではAMDに軍配が上がりつつあります。

メニ―コアCPU

AMD Ryzen 9

モデル名 投入時期 周波数 TB3.0 コア数 スレッド数 TDP 性能目安 価格帯
3900X 2019Q2 3.8GHz 4.6GHz 12 24 105W 31855 6.5万円~

Intel Core i9

モデル名 周波数 TB3.0 コア数 スレッド数 TDP 性能目安 価格帯
7980XE 2.6GHz 4.4GHz 18 36 165W 29,908 23万円~
7960X 2.8GHz 4.4GHz 16 32 165W 25,364 18万円~
7940X 3.1GHz 4.4GHz 14 28 165W 24,727 14.5万円~
7920X 2.9GHz 4.4GHz 12 24 140W 23,291 13.2万円~
7900X 3.3GHz 4.5GHz 10 20 140W 22,974 11.8万円~

これらをご覧いただければわかる通り、コア数は多いです。最上位モデルでは18C36Tと最強レベル。
7980EはPassmarkのHPにおいても全機種で最高のパフォーマンスを叩きだしています。

国内未発売のものもありますが店舗ごとでの仕入れが行われている場合もあるので、日本でも購入できる場合があります。

AMD Threadripper

モデル名 周波数 TB コア数 スレッド数 TDP 性能目安 価格帯
2950X 3.5GHz 4.4GHz 16 32 180W 25,963 11.3万円~
1950X 3.4GHz 4.0GHz 16 32 180W 22,758 10.0万円~
1920X 3.4GHz 3.8GHz 12 24 180W 20,820 6.7万円~
1900X 3.0GHz 3.7GHz 8 16 180W 15,813 3.8万円~

2950Xの登場とAMDの低価格化により、形勢が一気に逆転し、AMDがより魅力的になってきました。

IntelのCorei9、 i7、Core i5、Core i3、AMDのRyzenシリーズ、FXシリーズ、Aシリーズの詳細スペックです。

各項目のTBやLLCと言った用語の解説は章末に記載しています。性能目安はPassMarkを参考にしています。

Intel

CoreiXの”X”はグレードを表すもので、数字が多いほど上位グレード、つまりハイスペックであることを示します。

CPUのCoreiシリーズは第七世代まで存在していますが、i3、i5、i7、i9の表記と対応しているわけではありません。
世代は4桁の数字の最初の数字で判別できます。(例:Corei 3770なら第3世代、ただし数字が3桁なら初代)

末尾にKとついたモデルは倍率ロックフリー(オーバークロック可能モデル)になっており、CPUクーラーが付属しません。

20151230intel

Corei9

Skylake-Xから”i9″が追加されました。AMD対抗の意味合いもあるネーミングと推測されます。
7940Xより上位モデルは国内未発売です。

モデル名 周波数 TB3.0 コア数 スレッド数 LLC TDP 性能目安 価格帯
7980XE 2.6GHz 4.4GHz 18 36 24.75MB 165W 29,908 23万円~
7960X 2.8GHz 4.4GHz 16 32 22MB 165W 25,364 18万円~
7940X 3.1GHz 4.4GHz 14 28 19.25MB 165W 24,727 14.5万円~
7920X 2.9GHz 4.4GHz 12 24 16.5MB 140W 23,291 13.2万円~
7900X 3.3GHz 4.5GHz 10 20 6MB 140W 22,974 11.8万円~

Core i7

ハイエンドCPU。動画編集や3Dゲームなど、処理能力が必要なユーザー向けです。

第8世代の8700Kは測定項目によっては最高のパフォーマンスを見せることがあるため、一番買いやすいかもしれません。

なお、第6世代以前のCPUは性能目安上、第9世代のCorei5(9600K)と同等スペックか、劣っています。

モデル名 投入時期 周波数 TB コア数 スレッド数 LLC TDP 性能目安 価格帯
6950X   3.0GHz 4.0GHz 10 20 25MB 140W 20019 17.1万円~
6900K   3.2GHz 4.0GHz 8 16 20MB 140W 17611 13.6万円~
8700K   3.7GH 4.7GHz 6 12 12MB 95W 17179 4.7万円~
9700F 2019Q2 3.6GHz 4.9GHz 8 8 12MB 65W 16811 4.2万円
5960X   3.0GHz 3.5GHz 8 16 20MB 140W 15993 13.6万円~
7800X   3.5GHz 4.0GHz 6 12 8.25MB 140w 14529 4.8万円~
6850K   3.6GHz 4.0GHz 6 12 15MB 140W 14372 6.2万円
6800K   3.4GHz 3.8GHz 6 12 15MB 140W 13636 5.1万円
5930K   3.5GHz 3.7GHz 6 12 15MB 140W 13618 7万円~
5820K   3.3GHz 3.6GHz 6 12 15MB 140W 12997 6万円~
7740X   4.3GHz 4.5GHz 4 8 8MB 112W 12305 5万円~
7700K   4.2GHz 4.5GHz 4 8 8MB 91W 12222 3.9万円~
6700K   4.0GHz 4.2GHz 4 8 8MB 91W 11005 3.5万円~
7700   3.8GHz 4.2GHz 4 8 8MB 65W 10796 3.5万円~
6700   3.4GHz 4.0GHz 4 8 8MB 65W 9928 3.0万円~
7700T   2.9GHz 3.8GHz 4 8 8MB 35W 9569 3.7万円~

(i7 モバイル向け)

デスクトップレベルの性能を実現した、9750H投入モデルはFrontierノートPCでリリースされており大好評を博しています。

モデル名 投入時期 周波数 TB コア数 スレッド数 LLC TDP 性能目安
9750H 2019Q2 2.5GKz 3.5GHz 6 12 8MB 45W 13647
8550U   1.8GHz 4.0GHz 4 8 8MB 15W 8029
7700HQ   2.8GHz 3.8GHz 4 8 6MB 45W 8914
6700HQ   2.6GHz 3.5GHz 4 8 6MB 45W 8135
4710HQ   2.5GHz 3.5GHz 4 8 6MB 47W 7812
4700MQ   2.4GHz 3.4GHz 4 8 6MB 47W 7707
3630QM   2.4GHz 3.4GHz 4 8 6MB 45W 7593
2670QM   2.2GHz 3.1GHz 4 8 6MB 45W 5919
2630QM   2.00GHz 2.9GHz 4 8 6MB 45W 5543
7500U   2.7GHz 3.5GHz 2 4 4MB 15W 5232

core i5

一般ユーザー向けの高性能CPU。性能や消費電力のバランスが良いです。
2019年第一四半期に投入された9400Fのコストパフォーマンスが異様に高いことが話題となっています。

モデル名 周波数 TB コア数 スレッド数 LLC TDP 性能目安 価格帯
9600K 3.7GHz 4.6GHz 6 6 9MB 65W 13700 3.3万円~
9400F 2.9GHz 4.1GHz 6 6 9MB 65W 12179 2.0万円~
8400 2.8GHz 4.0GHz 6 6 9MB 65W 10833 4万円~
7600K 3.8GHz 4.2GHz 4 4 6MB 91W 9305 3.3万円~
7600 3.5GHz 4.1GHz 4 4 6MB 65W 8956 3.1万円~
7600T 2.8GHz 3.7GHz 4 4 6MB 35W 8455 2.9万円~
7500 3.4GHz 3.4GHz 4 4 6MB 65W 7971 3.0万円~
7500T 2.7GHz 3.3GHz 4 4 6MB 35W 7014 2.9万円~
7400 3.0GHz 3.5GHz 4 4 6MB 65W 7432 3.0万円~
7400T 2.4GHz 3.0GHz 4 4 6MB 35W 6472 2.4万円~
6600K 3.5GHz 3.9GHz 4 4 6MB 91W 7795 3.6万円~
6600 3.3GHz 3.9GHz 4 4 6MB 65W 7560 3.1万円~
6500 3.2GHz 3.6GHz 4 4 6MB 65W 7043 2.6万円~
6400 2.7GHz 3.3GHz 4 4 6MB 65W 6512 2.7万円~

(i5モバイル向け)

モデル名 周波数 TB コア数 スレッド数 LLC TDP 性能目安
8250U 1.6GHz 3.4GHz 4 8 6MB 15W 7496
6200U 2.3GHz 2.8GHz 2 4 3MB 15W 3985
3230M 2.6GHz 3.2GHz 2 4 3MB 35W 3927
3210M 2.5GHz 3.1GHz 2 4 3MB 35W 3806
5200U 2.4GHz 3.4GHz 2 4 3MB 15W 3508
2410M 2.4GHz 3.4GHz 2 4 3MB 35W 3162

core i3

標準的な性能のCPU。インターネットや文書作成など、通常の使い方であれば十分な性能を有します。

モデル名 周波数 コア数 スレッド数 LLC TDP 性能目安 価格帯
7350K 4.2GHz 2 4 4MB 60W 6782 2.0万円~
7320 4.1GHz 2 4 4MB 51W 6491 1.8万円~
7300 4.0GHz 2 4 4MB 51W 6484 1.7万円~
7300T 3.5GHz 2 4 4MB 35W 1.7万円~
7100 3.9GHz 2 4 3MB 51W 5934 1.4万円~
7100T 3.4GHz 2 4 3MB 35W 5283 1.4万円~
6320 3.9GHz 2 4 4MB 51W 5773 1.7万円~
6300 3.8GHz 2 4 4MB 51W 5741 1.6万円~
6100 3.7GHz 2 4 3MB 51W 5500 1.2万円~
6100T 3.2GHz 2 4 3MB 35W 4728 1.2万円~

Pentium Dual-Core

低価格の廉価版CPU。とにかく安く抑えたい方に。
かつてはハイエンドだったPentiumブランドもCoreシリーズが登場してからは廉価版としての位置づけです。

モデル名 周波数 コア数 スレッド数 LLC TDP 性能目安 価格帯
G4620 3.7GHz 2 4 3MB 51W 5404 1.1万円~
G4600 3.6GHz 2 4 3MB 51W 5411 1.0万円~
G4560 3.5GHz 2 4 3MB 54W 5027 6.7千円~

Celeron

現在ではノートPCやWindowsタブレットに採用されているCPUです。
コストパフォーマンスが高く、安い機種などでよく見かけます。
Apollo Lake世代のN3450シリーズが現行では省電力でハイパフォーマンスとなっています。

モデル名 周波数 TB コア数 スレッド数 LLC TDP 性能目安
N3450 1.1GHz 2.2GHz 4 4 2MB 6W 1810
N3160 1.6GHz 2.24GHz 4 4 2MB 6W 1693
N3150 1.6GHz 2.08GHz 4 4 2MB 6W 1678
3865U 300MHz 900MHz 2 2 2MB 15W 1679
3855U 300MHz 900MHz 2 2 2MB 15W 1736
3215U 300MHz 850MHz 2 2 2MB 15W 1657
N3350 1.1GHz 2.4GHz 2 2 2MB 6W 1141
N3060 1.6GHz 2.48GHz 2 2 2MB 6W 993
N3050 1.6GHz 2.16GHz 2 2 2MB 6W 884

AMD

20151230AMD

Ryzen

2017年3月3日に発売された最新のシリーズです。

Threadripper

モデル名 投入時期 周波数 TB コア数 スレッド数 LLC TDP 性能目安 価格帯
2950X 2018Q2 3.5GHz 4.4GHz 16 32 32MB 180W 25,963 11.3万円
1950X 3.4GHz 4.0GHz 16 32 32MB 180W 22,758 10.0万円~
1920X 3.4GHz 3.8GHz 12 24 32MB 180W 20,820 6.3万円~
1900X 3.0GHz 3.7GHz 8 16 16MB 180W 15,813 3.8万円~

Ryzen 7

モデル名 投入時期 周波数 TB コア数 スレッド数 LLC TDP 性能目安 価格帯
3700X 2019Q2 3.6GHz 4.4GHz 8 16 16MB 65W 23,984 4.3万円~
800X 2017Q1 3.6GHz 4.0GHz 8 16 16MB 95W 15,405 5.9万円~
1700X 3.4GHz 3.8GHz 8 16 16MB 95W 14,600 4.6万円~
1700 3.0GHz 3.7GHz 8 16 16MB 65W 13,879 3.9万円~

3700Xもまた、Ryzen9と同様低消費電力でハイパフォーマンスとなっており、同社の従来比でも爆発的進化を遂げていることがわかります。

Ryzen 5

モデル名 周波数 TB コア数 スレッド数 LLC TDP 性能目安 価格帯
Ryzen5 3.6GHz 4.0GHz 6 12 16MB 95W  13,139 3.2万円~
1600X
Ryzen5 3.2GHz 3.6GHz 6 12 16MB 95W  12,372 2.8万円~
1600
Ryzen5 3.5GHz 3.7GHz 4 8 16MB 65W  10,719 2.4万円~
1500X
Ryzen5 3.2GHz 3.4GHz 4 8 8MB 65W  8,459 2.1万円~
1400

消費電力が大きく、高性能を発揮できる分野と、性能を全然発揮できない分野の差が激しく、特性を理解していないと扱いづらいCPUです。

FX

インテルのCore iシリーズと比べて同時に多数のアプリケーションを起動しても速度低下が起こりにくいので、データベースや多重エンコードなどの目的には向いてるかもしれません。

モデル名 周波数 TB コア数 スレッド数 LLC TDP 性能目安 価格帯
9590 4.7GHz 5.0GHz 8 8 8MB 220W 10261 2.6万円~
8370 4.0GHz 4.3GHz 8 8 8MB 125W 8973 2.3万円~
8350 4.0GHz 4.2GHz 8 8 8MB 125W 8961 2.0万円~
8370E 3.3GHz 4.3GHz 8 8 8MB 95W 7828 2.0万円~
8320E 3.2GHz 4.0GHz 8 8 8MB 95W 7422 1.6万円~
6300 3.5GHz 4.1GHz 6 6 8MB 95W 6347 1.2万円~
4300 3.8GHz 4.0GHz 4 4 4MB 95W 4642 1.0万円~

AMD FXシリーズの場合は整数演算器は8個ありますが、浮動小数点演算器は4つしかなく、完全な8コアのCPUではありません
Windows上ではコア数4、スレッド数8のCPUとして扱われています。

20150104AMD出典:http://img.techpowerup.org/130622/bta213006.jpg

Aシリーズ

CPUとGPUを統合した製品で、AMDはAPUと呼んでいます。
低価格でそこそこの3D描画性能を持ったマシンを組めることが特徴なのですが、実際のところはあまり性能が良くありません。(→A10 7850Kで自作してみた記事)

CPU+GPUのコア数の違いで現在はA10~A6までが展開されています。

A10

4CPUコア+8GPUコアのモデルです。

モデル名 周波数 TB コア数 スレッド数 LLC TDP 性能目安 価格帯
7890K 4.1GHz 4.3GHz 4 4 4MB 95W 5774 1.7万円~
7870K 3.9GHz 4.1GHz 4 4 4MB 95W 5553 1.7万円~
7860K 3.6GHz 4.0GHz 4 4 4MB 65W 4978 1.2万円~
7850K 3.7GHz 4.0GHz 4 4 4MB 95W 5543 1.3万円~
7800 3.5GHz 3.9GHz 4 4 4MB 65W 5128 1.2万円~
A8

4CPUコア+6GPUコアのモデルです。

モデル名 周波数 TB コア数 スレッド数 LLC TDP 性能目安 価格帯
7670K 3.6GHz 3.9GHz 4 4 4MB 95W 4928 9.7千円~
7650K 3.3GHz 3.8GHz 4 4 4MB 95W 4954 9.5千円~
7600 3.1GHz 3.8GHz 4 4 4MB 65W 5181 8.3千円~
A6

2CPUコア+4GPUコアのモデルです。

用語解説・性能比較

用語解説

周波数

CPUが動作するクロック周波数のことです。同一のマイクロアーキテクチャ(内部の設計)の場合は周波数が高いほど高速にデータ処理を行うことができます。周波数が高いほど消費電力が高くなり、発熱も大きくなります。TBターボブーストといいます。CPUの温度と消費電力に余裕がある場合は規定のクロック周波数よりも高くし、一時的に高速な処理能力を得ることができます。

コア数/スレッド数

コア数はCPU内部のデータ処理を行う部分の数のことです。コアが多いほど同時に多くのデータを扱えます。スレッドはCPUが同時に実行できる仕事の数を表します。
通常はコア数=スレッド数です。インテルのCore i3とi7ではハイパースレッディングテクノロジー(HTT)といって、1つのコアで同時に2つのデータを処理できる仕組みが採用されています。HTTはCPU内部にいくつか備えられている演算器の稼働していない部分を有効利用することで実現しています。

LLCラストレベルキャッシュ

(Last Level Cache)の略です。
CPUにはキャッシュメモリという、CPUが処理するデータを一時的にデータを保存しておく場所があります。
その中でCPUとメインメモリとの間でやり取りされるデータを一時的に保存しておくための記憶領域がLLCです。

TDP熱設計消費電力

(Thermal Design Power)の略で、そのCPUを利用したときに要求される放熱性能の必要値の目安になります。
TDPが高いCPUほど高発熱・高消費電力、低いCPUほど低発熱・低消費電力と言えます。性能目安PassMarkというベンチマークテストの実行結果です。数値が高い方が性能が優れています。

BTOは?

安くて高速……一般的にはこのCPU搭載マシン一択でいいでしょう。


フロンティアで途轍もない価格で販売されていることも。

FXシリーズも価格の安さやDirextXやVRへにたいする対応力から再び脚光が上がっているモデルではありますので選定候補にどうぞ。最新の3Dゲーム用のマシンを組むゲームソフトは動画編集ソフトなどと比較すると、コア数の多いCPUへの最適化があまり進んでいませんので、シングルスレッド性能(CPUコア1つ当たりの性能)が高いモデルが向いています。

上記の3モデルが候補でしょう。

Frontierがダントツ

(お知らせ)2017年より、毎月ドスパラやマウスコンピューターなど、有名BTOサプライヤーとの徹底比較を行ってまいりましたが、Frontierに構成や価格で勝る所は存在しませんでした。

自作歴18年、自作PC数23台の管理人のおすすめ構成ですので、ご安心してお求めください。

月末祭開催!

  • Corei7-9700(45,000円)
  • M.2 NVMe 512GB + HDD 2TB (25,000円)

自作の場合、上記の時点ですでに7万円

  • 600W GOLD電源(8,000円)
  • 16GBメモリ(4,000円)
  • マザボ・ケース(20,000円)

10万円は絶対に超えてしまう商品がこの値段。( ^ω^)・・・

フロンティアおすすめ構成例

※常に在庫が変動している関係から、商品構成が変わっている可能性があります。
逐一チェックはしておりますが、不備がございましたらご容赦ください。

Ryzen

  • CPU:AMD Ryzen7 3700X
  • MEM:16GB
  • グラボ:NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPER
  • SSD:1TB(NVNe)
  • HDD:2TB
  • 電源:850W

Intelを性能・コストで完全に抜き去ったといわれる第3世代Ryzenを早速採用し、SSD1TB、HDD2TBの大容量、そして電源が850Wという衝撃仕様。(今までこの容量は激安BTOで見たことがありませんでした)

ダメだこれは今すぐ買いだわ…

Intel

  • CPU:Corei7-9700F
  • MEM:16GB
  • グラボ:NVIDIA GeForce RTX 2060
  • SSD:512GB(NVNe)
  • HDD:2TB
  • 電源:600W

2019Q2に登場したばかりのTDP65Wの8コアCPU「Core i7-9700F」をすでに搭載しています。低消費電力でハイパフォーマンス。ミドルトップエンドのRTX2060を搭載。一体どこに不満が生じるのかという最強スペックです。

売れ筋の一角を担っていることは間違いありません。限定なので売り切れは必至でしょう。

神にでも挑戦するのか。無敵の最強ノート

  • CPU:Corei7-9750H
  • MEM:16GB
  • グラボ:NVIDIA GeForce GTX 1650
  • SSD:1TB(NVNe)

こちらも2019年第2四半期に販売された最新CPUを惜しげもなく投入。かつてゲーミングPCといえばGTX1060であったが、そのスペックの90%と肉薄するGTX1650投入、またバックライトも美しく、値段が10万円少々。

こんな奇跡があっていいのかと目を疑いたくなるくらいである。ノートパソコン選び、とりわけ自宅用ノートに迷っている方……これを買わずして何を買うというのだ……

その他限定品多数。急げ

堂々のスペックに文句なしの価格帯。

研ぎ澄まされたカスタマイズにより至高のコンピューティングが楽しめる。
Frontierの神髄をどうぞセール会場でご覧ください。

テック・ゲーム

【急募】ガチでPCに自信ニキ Ryzen7 3700XのBTOでええよな?
1: 風吹けば名無し 2019/08/16(金) 11:02:19.19 ID:umY5RsX3d 179980円でこれなんやがどうや? 用途は特にVRと動画編集であとはネッットサーフィン全般でかなりマルチタスクになる CPU Ryzen 7 3700X グラフィックス GeForce RTX2070 SUPER 8GB メモリ 16GB DDR4 SDRAM ストレージ 512GB NVMe SSD / 2TB HDD 以下、反応 66: 風吹けば名無し 2019/08/16(金) 11:15:01.94 ID:40x2pnbQx >>1 >>2 ドスパラって時点で止めとけ ドスパラで高い買い物はしちゃいけない   6: 風吹けば名無し 2019/08/16(金) 11:03:56.18 ID:6dzpV/Hx0 ちょっと高い気もするけどいいんでない   7: 風吹けば名無し 2019/08/16(金) 11:04:02.46 ID:XXD

続きを読む

【PC】PCって最近は急には性能上がらなくなったじゃん?いつ買えばいいんや?【2019Q2】
【PC】東芝メモリ、SLC技術でTLC比10倍高速なストレージクラスメモリ ~業界最速を謳う6.4GB/s転送可能な30TB SSDも
ゲーム用PC組むときって、、、、、グラボから決めればいいんですか????
【CPU】Intel、10nmの第10世代Coreを出荷開始。プロセッサー・ナンバー変更【命名ルール】

「PC自作最前線」記事をもっと見る

PC自作最前線 人気記事

【2019Q2】CPU徹底比較!種類・スペック・性能差は?動画編集・ゲーミングにオススメのCPUは?全てが分かる完全保存版!【Ryzen9・3700Xが最強か?】
PCのサウンドデバイスはUSB DACが主流に!なぜサウンドカードは衰退してしまったのか?
【PC自作】M.2(NVMe)装着方法、クローン方法と体感速度の変化について。このご時世、やはり入れて起きたい。
【Windows10中華タブレット】激安10インチ CoreM3搭載「Cube Mix Plus」は絶対に買い! 驚愕のスペック徹底解剖!!
【ゲーム】PC厨「ああ…今年も10万のグラボとCPU買わなきゃ…」一般人「4万のPS4で遊び放題!」
【他人垢】高学歴ワイ、ついにハイスペックPCを大量購入する模様wwwwwww【犯罪未遂】
3万円台でCorei5・SSD・メモリ16GBの快適なノートPCを調達する裏ワザとは!?~R731編~
【CPU】乾いたシリコングリスを塗り替えるとCPU温度が半分くらいになった話
【PC自作】第7世代CPUが認識しない原因はBIOSにあるかも!?旧世代マザボには要注意(Dr.Debug19)
【2018】マザーボード徹底比較! チップセットの種類・機能・拡張性の違いは?現行最新マザボ選びが分かる完全保存版!