1: 2017/10/15(日) 09:04:25.32 ID:CAP_USER9 関東地方や福島県の高校で野球部のバットやボールが相次いで盗まれ、茨城県水戸市の男2人が逮捕された事件をめぐって、証拠品を押収した栃木県警の「陳列技術」がインターネット上で反響を呼んでいる。 公開された押収品の野球用具は、まるで記念館や博物館の「展示」のように美しく並べられていた。これにツイッターで、「スゴすぎる」「職人の仕事」などと驚嘆の声が相次いだのだ。なぜ、そこまで力を入れて陳列したのか。J-CASTニュースは、押収品を公開した宇都宮東署の副署長に話を聞いた。 「まるで記念品」のように陳列された押収品(宇都宮東警察署提供) https://www.j-cast.com/assets_c/2017/10/news_20171013194725-thumb-645x380-123875.jpg ■「記念品コレクションの公開みたい」 話題の発端となったのは、関東地方(神奈川、埼玉、栃木、茨城、群馬)と福島の計6県の計20高校で、硬式野球部の野球用具が大量に盗難され...