千葉県大喜多町のコンクリート製造会社で、男性作業員が回転式選別機に挟まれて死亡する事故がありました。男性は1人で作業をしていたということで、県警が業務上過失致死の疑いも視野に調べています。 概要 4月26日午後1時35分ごろ、大多喜町猿稲のコンクリート製造会社「鴨川生コン大多喜工場」で、同社社員の鈴木克巳さん(57)がコンクリート資材を分別する回転式分別機に挟まれた。 鈴木さんは体を強く打っており、搬送先の病院で死亡が確認された。鈴木さんは1人でコンクリートや砂などを回転式選別機に入れる作業をしていたという。同僚男性が異変に気付いて駆け付け、事務員女性が119番通報した。 警察は業務上過失致死の疑いも視野に、当時の詳しい状況や事故の原因を調べている。 ニュースソース:千葉日報 参考:回転式選別機 https://youtu.be/PxFaRs-PTak 中で大きなローラー上のふるいが、結構ハイスピードで回っています。 事故発生場所 千葉県夷隅郡大多喜町猿稲 ネット上の反応 via:http://ai.2ch.s...