【野球】侍ジャパン、チャイニーズ・タイペイとの強化試合を実施。代表メンバーの戦力分析をしてみる。【2016】

2016年2月15日、野球日本代表の侍ジャパンは、3月5日と3月6日に行われる、チャイニーズタイペイとの強化試合に挑む代表メンバーを発表しました。
メンバーには、WBSC世界野球プレミア12に出場した、山崎康晃(DeNA)、武田翔太(ソフトバンク)、菅野智之(巨人)、山田哲人(ヤクルト)、中田翔(日本ハム)などが順当に選出。
プレミア12に出場しなかった選手からは、菊池涼介(広島)、秋吉亮(ヤクルト)、梶谷隆幸(DeNA)などが選ばれています。

20160215_5_1-1左から、大野、小川、平田、小久保監督、坂本、菅野、筒香
侍ジャパンオフィシャルサイトより

ここではチャイニーズタイペイ戦に挑むメンバーの戦力分析と、開催日程の紹介をします。

選手一覧&戦力分析

投手、捕手、内野手、外野手の4つのポジションに分けて戦力分析をします。
記載している成績は2015年シーズン終了時のものです。

投手

背番号 選手名 年齢 身長/体重 投/打 防御率 勝数 負数 セーブ 所属球団
11 菅野智之 26 185/90 右/右 1.91 10 11 0 巨人
12 秋吉 亮 26 182/73 右/右 2.36 6 1 0 ヤクルト
15 大瀬良大地 24 187/93 右/右 3.13 3 8 2 広島
19 増井浩俊 31 181/70 右/右 1.50 0 1 39 日本ハム
21 西 勇輝 25 171/80 右/右 2.38 10 6 0 オリックス
22 大野雄大 27 183/78 左/左 2.52 11 10 0 中日
24 山崎康晃 23 177/83 右/右 1.92 2 4 37 DeNA
26 西野勇士 24 182/82 右/右 1.83 1 2 34 ロッテ
29 小川泰弘 25 171/80 右/右 3.11 11 8 0 ヤクルト
30 武田翔太 22 186/85 右/右 3.17 13 6 0 ソフトバンク

先発型投手を中心に、増井や山崎、西野といった安定感のあるクローザーが選ばれています。
強化試合は2試合なので、1試合は菅野、もう1試合は武田あたりが先発となるでしょうか。
よっぽど調子が悪くない限りは、大きく試合を壊すようなことはないでしょう。

中継ぎに関しては、プレミア12で実績のある増井、小川、大野がいます。
大野や小川は長いイニングを投げることもできるので、万が一先発ピッチャーが早々に崩れてしまっても、残りのイニングを安心して任せられそうです。

捕手

背番号 選手名 年齢 身長/体重 投/打 打率 HR 打点 盗塁 所属球団
27 炭谷銀仁朗 28 180/93 右/右 .211 4 35 0 西武
37 嶋 基宏 31 179/82 右/右 .219 4 18 6 楽天
52 中村悠平 25 176/83 右/右 .231 2 33 3 ヤクルト

キャッチャーはプレミア12で活躍した3人です。最も経験豊かな嶋がメインで出場するでしょう。
今回選ばれている投手陣とはプレミア12で共に戦っているため、お互いの正確や癖もわかっているでしょう。
リード面で、意思疎通がうまく図れなかったり、迷ったりすることはなさそうです。

内野手

背番号 選手名 年齢 身長/体重 投/打 打率 HR 打点 盗塁 所属球団
2 今宮健太 24 175/66 右/右 .228 7 45 3 ソフトバンク
3 松田宣浩 32 180/89 右/右 .287 35 94 8 ソフトバンク
4 菊池涼介 25 171/69 右/右 .254 8 32 19 広島
5 川端慎吾 28 185/86 右/左 .336 8 57 4 ヤクルト
6 坂本勇人 27 186/83 右/右 .269 12 68 10 巨人
13 中田 翔 26 183/100 右/右 .263 30 102 1 日本ハム
23 山田哲人 23 180/76 右/右 .329 38 100 34 ヤクルト

打力と守備力のバランスが良いメンバーが揃っています。
ファースト・中田、セカンド・山田、サード・松田、ショート・坂本が先発するでしょう。

山田はシーズンの疲れからか、プレミア12では期待されていたほど活躍できませんでした。
現在はオフシーズンを経て体力も回復していることでしょう。チャイニーズタイペイ戦が楽しみです。

外野手

背番号 選手名 年齢 身長/体重 投/打 打率 HR 打点 盗塁 所属球団
1 清田育宏 29 180/85 右/右 .317 15 67 10 ロッテ
7 中村 晃 26 175/84 左/左 .300 1 39 7 ソフトバンク
8 平田良介 27 177/88 右/右 .283 13 53 11 中日
25 筒香嘉智 24 185/97 右/左 .317 24 93 0 DeNA
28 梶谷隆幸 27 180/83 右/左 .275 13 66 28 DeNA
55 秋山翔吾 27 183/85 右/左 .359 14 55 17 西武

打力のある選手が中心に選出されています。守備はめちゃくちゃ良いという感じではありません。

レフト・筒香、センター・秋山、ライト・平田が先発しそうです。
この3人はプレミア12でも勝負強いバッティングを見せてくれていたため、今回の強化試合でも得点源として活躍してくれるでしょう。

試合日程

以下の日程で開催されます。

日程 場所 開始時間
3月5日(土) ナゴヤドーム 19:00
3月6日(日) 京セラドーム 18:30

いつもの東京ドームじゃなくて、名古屋と大阪で開催されるのですね。

ひとこと

プレミア12ではチャイニーズタイペイが予選リーグで敗退してしまったため、日本との対戦はありませんでした。なので小久保監督としては初めての対戦となりますね。
3月はオープン戦の真っ只中で選手も調子は万全でしょう。2試合とも気持ちよく勝ってもらいたいところです。

おすすめ野球漫画ランキング!

当サイトのライターJ.が厳選した野球漫画ランキングです。

往年の名作からマイナー作まで取り揃えたコアファンも満足な内容になっていると思います。

こちらからどうぞ!

スポーツ

【日本人すごい】(動画あり)オオタニサン、日本人メジャーリーガー初のサイクルヒット【俺すごい】
1: ばーど ★ 2019/06/14(金) 11:50:29.33 ID:SqAWX2pS9 https://twitter.com/baseballchosoku/status/1139359619753467904 ■エンゼルス大谷 日本人メジャーリーガー初のサイクル安打! またも伝説生む  エンゼルス・大谷翔平投手(24)が13日(日本時間14日)、敵地でのレイズ戦で日本人メジャーリーガー初のサイクル安打を達成した。大谷自身にとっても日本時代を含めて初。エンゼルスでは2013年のトラウト以来7人目(8度目)の偉業だ。  試合開始からエンジン全開だった。初回無死一、二塁で迎えた1打席目。昨季は3打数無安打2三振に抑えられた先発左腕・ヤーブローから打球角度は19度、打球速度111マイル(約178・6キロ)の弾丸ライナーを左中間席に運び、あいさつ代わりの2試合連続8号3ランを放った。  3回先頭の2打席目は初球のカットボールを捉えて、左中間への二塁打。4回裏には停電に見舞われて36分間試合が中断されるアクシデントもあったが、試合再開直後

続きを読む

【MLB】キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!大谷がマエケンを打ち崩す 今季7号HR
広島は長野の取説を守り、巨人は丸の取説を守らなかった
【悲報】松井秀喜、アムウェイに手を出してしまう…
【悲報】もはや悪徳レフェリー… ナゴヤドームの二塁塁審、とんでもない誤審をしてしまう

「野球」記事をもっと見る