2: 2017/09/19(火) 20:06:31.97 ID:CAP_USER9 ■地元の支援は根強いが…次期衆院選は苦戦必至 「豊田議員は暴言の原因が『秘書の度重なるミス』だったと釈明し、あれほどの状態になったのは初めてだったと明かしました。しかし、本当に初めてだったのなら元政策秘書がわざわざボイスレコーダーを用意していたのは不自然。また、元政策秘書の顔が腫れ上がるほど暴行したという報道については『私は非力な女で、格闘技を習っていたわけでもない。大けがさせたというのは違う』と釈明しましたが、これでは暴力行為への反省がまったく感じられない」(週刊誌記者) さらにネット上でも批判が殺到。あまりにお粗末な会見に「謝罪の態度が違うだろー!」「新潮の記者にキレた時が本性でしょ」「いかにも『計算して謝罪してます』って感じがする」「国会が解散しそうだから出てきただけでは」「会見が本気だったらもはや二重人格」などと非難の嵐が巻き起こっている。 この状況で次期衆院選に出馬するのは厳しそうだが……。 「会見前に行われた支援者向けの会合では『がんばれ!』という声援...