1: 2017/11/13(月) 10:24:39.16 ID:CAP_USER9 11/13(月) 5:00配信 北海道新聞 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00010001-doshin-hok ◆産業用大麻の実用化には冷や水 北海道オホーツク管内で野生大麻を使用目的で不正に刈り取り、所持する事件が後を絶たない。 管内での摘発者は年間十数人で推移。群生地が広大で、駆除にも限界があるのが現状だ。一方、 合法的に産業用大麻の実用化を目指す関係者は「真面目に事業に取り組む動きに水を差す」と憤りを隠せない。 道警北見方面本部捜査課によると過去5年間、オホーツク管内での大麻取締法違反容疑の摘発者数は年間11~17人で推移。 管内の群生地で大麻を刈り取り、倉庫などで所持する事例が目立つ。 道内で戦前、国策として生産が奨励されていた大麻は戦後、栽培や所持、譲り渡しなどが禁止された。 だが野生化した大麻が今も大量に群生しており、それを狙って管内に足を運ぶ者は後を絶たないという。 訓子府町の山間部...