【薬物】”オピオイド”蔓延でトランプ大統領が非常事態宣言 ― アメリカ

1: 2017/10/28(土) 21:47:12.04 ID:CAP_USER

米国で処方鎮痛剤「オピオイド」の乱用が蔓延(まんえん)している問題で、トランプ米大統領は26日、
ホワイトハウスで演説し、公衆衛生上の非常事態を宣言した。「われわれはオピオイドの蔓延に終止符を打つ世代になることができる」としている。 

トランプ氏は演説の中で、オピオイドの蔓延について「公衆衛生上の国家的な非常事態だ」と言及。
「今起こっているような事態は誰も見たことがない」と指摘した。
そのうえで、「米国民として、この状況が続くのを容認することはできない。薬物中毒の災厄からわれわれの地域社会を解放すべき時が来た」などと述べた。

トランプ氏はまた、さらなる取り締まりの必要性を強調。メキシコとの国境に壁を建設する自身の計画を、 違法薬物の米国流入を阻止するための取り組みと結び付けた。

「米国内のヘロインの90%は国境の南から流入している」と述べ、
国境の壁建設がこの問題の解決に大きく資するとしている。

ただ一部の専門家は、オピオイドがもともと鎮痛剤として米国内で医師から処方されるものであることを踏まえ、
この問題に対処するうえでの国境の壁の有効性について懐疑的な見方を示している。

続きはリンク先
https://www.cnn.co.jp/usa/35109487.html

 

オピオイド (Opioid) とは、ケシから採取されるアルカロイドや、そこから合成された化合物、また体内に存在する内因性の化合物を指し、鎮痛、陶酔作用があり、また薬剤の高用量の摂取では昏睡、呼吸抑制を引き起こす[1]。このようなアルカロイド(オピエート)やその半合成化合物には、モルヒネ、ヘロイン、コデイン、オキシコドンなどが含まれ、また合成オピオイドにはフェンタニル、メサドン、ペチジンなどがある[1]。これらは本来的な意味で麻薬(narcotic)である[1]。

Wikipedia「オピオイド」

 

以下、反応

via:https://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1509194832/

3: 2017/10/28(土) 21:53:58.58 ID:ZX+2D7VX
コカインほど事件を起こさないから放置していたのが悪い。
中南米マフィアを潰すために、チャイニーズマフィアを放置した
わけだ。

 

4: 2017/10/28(土) 22:00:24.05 ID:2vWRWGWA
これ多分EUも将来この問題でジタバタしそうだな。

 

6: 2017/10/28(土) 22:07:20.51 ID:haWQ1jtG
全米オピオイド協会設立まだ?

 

7: 2017/10/28(土) 22:09:52.33 ID:jzrWlKEH
過度な禁煙運動の弊害じゃない?

 

9: 2017/10/28(土) 22:17:12.40 ID:J/tym72H

オピオイドか

大麻やれよ、

 

11: 2017/10/28(土) 22:41:33.51 ID:mTxxPRGV
中国が原産だよ。アヘン戦争の仕返しだってさ。

 

12: 2017/10/28(土) 22:59:26.40 ID:s7vCMqbB
オピオイドは確か、脳内麻薬のことじゃなかったけ?
アヘンののオピウムがその構造によく似てるので
幻覚をもたらすが、習慣性が強くて廃人化する

 

13: 2017/10/28(土) 23:31:43.56 ID:ObEOhvp/
Most of the 64,000 U.S. drug overdose deaths last year involved opioids, which include heroin and prescription painkillers such as Vicodin and Percocet. About 56 percent of opioid deaths in the 10 states studied involved fentanyl.
昨年のドラッグ中毒死の大半はオピオイド中毒だった─それにはヘロインと
処方鎮痛剤のVicodinやPercocetが含まれる。56%のオピオイド中毒死にはFentanylというドラッグが関与したと10つの州の調査結果で出ている。
Fentanylはヘロインの50-100倍強いOpioidである。これは末期がん患者などに
合法的に処方され入手可能なものだが、ヘロインより安いために
ディーラーがヘロインに混ぜて売る売買が加速。
供給業者には中国が多く絡んでおり2つの中国人業者が訴追されている。
https://www.cbsnews.com/news/fentanyl-opioid-overdose-deaths-rapid-increase/

 

14: 2017/10/28(土) 23:35:17.61 ID:ObEOhvp/
“Certain opioids such as fentanyl, morphine and diamorphine (heroin) tend to be particularly sedating,..”
https://en.wikipedia.org/wiki/Opioid
つまり、ヘロインはOpioidの一種であるということ、かな?

 

15: 2017/10/28(土) 23:37:44.55 ID:ObEOhvp/
つまり、末期がんの医療用鎮痛薬が、
闇に流れてる、ってことだね。。

 

17: 2017/10/29(日) 00:24:03.76 ID:F3rsIj2U
>>1、鎮痛剤の乱用は石できるからビタミンCと食物繊維とりなさい。

 

18: 2017/10/29(日) 00:37:28.59 ID:UgPb0L0x
「おおくの中毒死の原因であるFentanylというオピオイドの類似薬、carfentanilは、人間への使用は禁止だが象などの鎮痛薬に用いられ、
モルヒネの10000倍の効果がある」

 

19: 2017/10/29(日) 00:54:49.36 ID:F3rsIj2U

>>18

ははははw頭吹き飛ぶな・・・

銃乱射もこれ決めてぶっ放してるのか?

 

20: 2017/10/29(日) 01:03:42.30 ID:UgPb0L0x
オピオイド中毒の流行に関しては製薬会社のトップが訴追された
Insys therapeuticsの創業者、John Kapoorが木曜日にアリゾナ州フェニックスで
逮捕されたものの、100万ドルの保釈金を払って保釈された。
CBSによるとKapoolの会社はSubsysという癌患者の激痛の鎮痛薬だけに許される
Fentanylスプレー薬を作ったが、、
ドクターたちに賄賂を払って癌患者以外にもその薬を流させた
(2016年には18000人のドクターにSubsysを販売し2億ドルを得た)
過剰投与で死んだ患者もいる
https://www.cbsnews.com/news/insys-therapeutics-john-kapoor-fentanyl-spray-allegedly-bribed-doctors/

 

23: 2017/10/29(日) 01:14:17.13 ID:UgPb0L0x
>>20の一部訂正、
Kapoorはドクターやその助手スタッフたちを自らリクルートし、
高級レストランに招いて彼らに「ニセの講演会」をさせ、
Subsysの薬を販売したら彼らに
その分のキックバックを払うという計画に協力させた
─2016年にはドクターたちに18000件、2億ドルの支払いをおこなった。

 

24: 2017/10/29(日) 01:18:58.31 ID:rsApRx35

確かオキシコドンとかいうのも乱用されてると、ロサンゼルスタイムズが特別記事で詳しくやってたよ

なんか、依存性がなく、持続性があると宣伝したが、実際は依存性が強く
持続性がないから乱用になると。

大富豪のアメリカ人が創業家で
金狙いで、売りまくったらしい

 

26: 2017/10/29(日) 01:40:24.90 ID:UgPb0L0x
その製薬会社の創業者が末期がん専用の強い鎮痛薬を他の疾病の患者にも
売りまくったのは…単に利益を得たい為で、禁止薬でも病気の人が痛みを
抑えられれば越したことはないという意図だったのか?
それとも麻薬市場に流れるのを見越してたのだろうか

 

25: 2017/10/29(日) 01:34:22.56 ID:UazoQlgP
瞑想とか何十年もやってる人の講演とか若い人に聞かせる機会増やせばいいのにな
もちろん似非科学的な話や宗教性にからめた話は抜きで、健康とか精神的に落ち着く
作用があることを話して、絶対安全でコストもいらないって教えれば、多少なりとも
薬物に手出す人は減ると思うが

参考になりましたら
いいね!お願いします

folder


ニュース

【全国初】覚醒剤に変化する原液〈t-bocメタンフェタミン〉を製造した男逮捕 2017年12月から規制
画像:おはよう朝日です 1: 水星虫 ★ 2018/02/21(水) 23:42:46.85 ID:CAP_USER9 覚醒剤に変化する液体全国初摘発 *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/osaka/2005401341.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 薬品を加えると覚醒剤に変化する液体を隠し持っていたなどとして、 近畿厚生局麻薬取締部は大阪の59歳の男を覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕しました。 逮捕されたのは、大阪・鶴見区の製造業、横谷勝己容疑者(59)です。 麻薬取締部によりますと、横谷容疑者は去年12月、薬品を加えると覚醒剤に変化する液体を 車の中に隠し持ち、製造しようとしたとして、覚醒剤取締法違反の製造予備の疑いが持たれています。 この液体は「t-bocメタンフェタミン」で、化学変化を起こすことで覚醒剤になるため、 去年12月下旬に指定薬物として所持や輸入も禁止されました。 押収されたのはペットボトル15本に入ったあわせて14

続きを読む

【眠剤ハイ】若者が覚醒剤からマ○スリーにシフトしているとも 睡眠薬の密売が増加(大阪)
【悲報】ワイ、金パブを10錠キメる【OD体験】
【大麻輸入】木製ドアに乾燥大麻100キロ隠し南アから密輸入、組員ら4人逮捕 巧妙に見えて雑
【米軍】在日米兵、LSDやエクスタシーなどの売買・使用疑い 海軍が捜査中

「薬物関連」記事をもっと見る

薬物関連 人気記事

プッシャー(薬の売人)やってたけど何か質問ある?
大麻取締法で逮捕された大学生だけど質問ありますか?(体験まとめ)
【全国初】覚醒剤に変化する原液〈t-bocメタンフェタミン〉を製造した男逮捕 2017年12月から規制
中山直樹容疑者(52)ED治療薬を無許可で所持したとして医療関連会社社長が逮捕。
日本人ドーピング選手一覧(2chまとめ)
【宮本隆士容疑者(55)】危険ドラッグ所持の疑いで北九州の歯科医師が逮捕される。
【深層WEB】Torを使ってもバレるよ 覚せい剤を密売した容疑で男らが逮捕 購入者も無事摘発
【ダンサー君島かれん】麻薬を使ったとしてシリガール逮捕「コカインだとは知らなかった」
【薬物】覚せい剤密売組織のドン、中国で見つかり日本に強制送還 九死に一生を得る
【根本雄志容疑者(35)】北里大出身の東邦大医師、不倫相手の20代女性に覚醒剤を注射 逮捕