福岡市博多区で2016年7月、警察官を装った男らに金塊が盗まれた事件で、福岡・愛知両県警は実行行為に関わったとして名古屋市の会社役員ら7名を逮捕しました。なお、認否は明らかにされていません。 概要 窃盗などの容疑で逮捕されたのは、名古屋市の土木作業員・野口和樹容疑者(42)ら6人。 6人のうち野口容疑者ら4人は、2016年7月8日午前9時半ごろ、福岡市博多区博多駅東1のビル1階で、警察官を装い貴金属会社役員男性(38)らが近くの貴金属店に売却する予定だった金塊160キロ(7億5千万円相当)を盗んだ疑い。他、2人は野口容疑者から依頼され、盗品と知りながら、金塊の一部を東京都内の貴金属店に4億円余りで売却した疑い。 警察は6人の認否を明らかにしていない。他にも数人の逮捕状を取って指名手配しており、逮捕者は10人以上にのぼる見通し。愛知・福岡両県警は事前に金塊取引の情報を得て計画を練った組織的事件とみて調べる。 ニュースソース:日テレNEWS24、朝日新聞 追記: 5月23日未明、窃盗の容疑で名古屋市の内田拓海容疑者(24)が逮捕され...