新潟県の長岡消防署に勤務する消防士が、「人が信濃川に飛び込んだ」と虚偽の110番通報をして警察などに捜査をさせ、業務を妨害したとして逮捕されました。 概要 偽計業務妨害の容疑で逮捕されたのは、長岡市消防本部・新町出張所の消防士・加藤柊生容疑者(21)。 2月22日午前7時40分ごろ、「長岡大橋から人が信濃川に飛び込んだ」と虚偽の通報をした疑い。この通報により、警察と消防約70人と県警のヘリが捜索にあたった。しかし現場に通報者がおらず、警察が調べたところ、加藤容疑者の携帯電話から偽名で通報されていたことがわかったという。 調べに対し加藤容疑者は「ウソの110番をしたことは間違いないが、人に言われてやった」と供述しているという。 ソース:日テレNEWS24 事件発生場所 画像出典:日テレNEWS24 新潟県長岡市 容疑者について 名前:加藤柊生(かとうしゅう) 年齢:21歳 住所:新潟県長岡市 職業:消防士(長岡市消防本部・新町出張所) ネット上の反応 引用元:http://ai.2ch.sc/test/...