埼玉県行田市で行われた自転車のロードレース「浮城のまち行田クリテリウム」のゴール前で自転車4台が絡む落車(転倒)事故があり、55歳の男性が死亡、53歳の男性が鎖骨を折る重傷を負いました。 概要 2月19日午前9時ごろ、埼玉県行田市で行われていた自転車ロードレース「浮城のまち行田クリテリウム」で、自転車2台が接触して転倒し、さらに後ろから走ってきた別の自転車2台も巻き込まれた。 この事故で、山形県東根市の自営業・西塔昭彦さん(55)が頭を強く打ち、意識不明の重体で病院に搬送されたが、約12時間後に死亡した。また、埼玉県鴻巣市の男性(53)も鎖骨骨折などの重傷を負った。 警察や主催者によると、事故はゴールから手前の直線道路で起きたという。事故当時は追い風だったこともあり、時速50キロ程度のスピードが出ていたということで、警察は当時の状況を詳しく調べている。 ソース:NHK 浮城のまち行田クリテリウムについて 本大会は市街地などで公道を交通規制して短い周回コースを作り、そこを何周もまわって順位を競うクリテリウムという形式で行われていました...