【第1回】BO攻略法実践記 ハイローオーストラリアでのデモトレード記録【1/4】

本記事ではこれから、バイナリーオプションで業界最高水準であるハイローオーストラリアのデモ取引を行っていき、その結果をもとに実戦投入を行ってまいりたいと思います。

high-lowaus

著者略歴

まずは自己紹介です。「らいふはっきんぐどっとねっと」の運営をしておりますが、投資経験についての略歴を申し上げておいたほうがより信頼性も上がると思いますので、改めて述べさせて頂きます。

FX経験等

  • FX経験:約10年
    大学のころからFXの投資を行ってまいりました。利用した口座はヒロセ通商、SBI、岡三証券、ひまわり証券です。
  • FX システムトレード(EA)経験:6年
    WallStreetForexRobot等を駆使したトレードを行って参りました。利用口座はAlpariNZ、Forex.com、FxOpen、ThinkForex です。今では日本のアフィリエイターに食いつぶされている分野なので、左記のブローカーはなかなか耳にしませんね。。

通算損益

+2,158,200 円

おもにAlpari PAMMにおける運用益です。

なぜBOか?

  • 短時間収益
  • スプレッドを考慮する必要なし
  • 損切り許容額を確実に設定できる

やはり短時間で収益があげられるという小回りの利きが魅力的に感じられました。ハイローオーストラリアの場合、ペイアウト1.8倍なので、勝率を56%にすればプラス域に持っていける計算となります。

スプレッドを考えることなく(オンデマンドの場合)勝率が上がるパターンのみに集中しトレードを行っていけば、長い目で見て勝ち続けることも全く夢ではないと考えられます。

あと、時間制の勝負なので、損切りができずにズルズル持っていかれることがない、というのも一つの強みかと思います。

確かにBOは負けた場合、掛け額を全部没収されますが、投資のサイジングさえ間違えなければ、FXでいうところの損切り許容額として考えることも可能です。

FXのマニュアルトレードの場合は、うまく損切りができず、負けをずるずる引きずってしまい破産してしまう、なんてこともありますが、BOはよほど過熱しないかぎり、そういった可能性を排除できるので魅力的であるように感じます。(過熱しないことが大事ですが・・汗)

戦略の開発

私自身の時間の制約もあるので、短時間で迅速なトレードを行えるよう、1分足(オンデマンド)での戦略を開発しました。

  • 時間軸:1分
  • テスト期間:12/14~12/29
  • 時間帯:AM10時~12時
  • 戦略:MT4(メタトレーダー4)チャート+ハイローオーストラリア指標のハイブリッド(一時停止中)
  • 対象通過:6通貨
  • テスト期間中勝率:62%

bo001

戦略は先人にお教えいただいた方法独自手法をプラスしたものとなっています。

日本時間でマーケットが激動しないタイミングに照準を合わせたトレードです。

勝率は60%以上を確保と上々です。いざ実戦!(デモトレ)です!

1/4(1日目)のトレード結果

新年からのスタートです。戦略をテストし、そのうえで徐々に修正をくわえていき完成形に近づけたいと思います。

※いずれも1回あたり10,000円の投資です。

2016年1月4日
AUDUSD ¥8,000
AUDUSD ¥8,000
AUDUSD ¥8,000
AUDUSD ¥8,000
AUDUSD ¥8,000
AUDUSD ¥-10,000
AUDUSD ¥8,000
合計 ¥38,000

勝率:85.7%

いずれもAM10時~12時の取引です。対象6通貨のうちAUD/USDのみがトレードシグナル対象でしたが、かなりの勝率を保つことができました。

(細かい時間帯についてはトレード履歴が残念ながら残らなかったので割愛させていだきます、スミマセン。)

反省点

本日は特にありません。負けトレードもかなり僅差で、読み自体外れてないので、良しとします。

ブログランキングに参加してます!

末永く研究していきたいと思いますので、皆様応援よろしくおねがいします♪

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ にほんブログ村

WallStreet ForexRobot 過去の結果

WSFR(FX自動売買ツール)の今までの結果をご紹介します。

pipsとは…利益の単位を表します。100万円で1ロット(10万通貨)固定で取引した場合、1pip=1,000円と大まかに計算することができます
トレードはデモでなく、TradeViewFXのリアルトレードの結果ですが、円換算は分かりやすくするための表記で、当方の実際のトレード利益ではありません。結果は測定タイミングが重複することなどがあり、実際の値とは多少異なる場合があります。

2017年5月~12月

  • +950.3pips(約95万円)

2018年 現時点トータル:421.5pips(421,500円)

  • 1月1週:+4.5pips(+4,500円)
  • 1月2週:+173.1pips(73,000円)
  • 1月3週:-108.1pips(-108,100円)
  • 1月4週:-215.1pips(-215,000円)
  • 1月5週:+126.4pips(+126,000円)
  • 2月2週:+185.1pips(+185,000円)
  • 2月3週:+98.9pips(+98,900円)
  • 2月4週:+134.6pips(+134,600円)
  • 3月1週:-16.0pips(-16,000円)
  • 3月2週:-57.3pips(-57,300円)
  • 3月3週:+88.9pips(+88,900円)
  • 3月4週:-99.8pips(-99,800円)
  • 3月5週:+66.7pips(+66,700円)
  • 4月:+187.2pips(+187,200円)

ざっくり…7月4日まで半年で約600pips…多い?少ない?

設定ファイルは非公開記事にしました。WSFRを当サイトから購入された方にお伝えいたします。

TradeView(おすすめFXブローカー)

TradeViewは一流トレーダーの間でも評判が高いものです。(様々な事情通ブロガーが賞賛しています)

実際に、大手海外FX取引業者のXMと比較しても圧倒的な安さになります。下表をチェックしてください。

(1USD=110) TradeView XM
平均スプレッド 0.2 0.2
往復手数料/1lot 約400円 約1,200円

圧倒的に安いです。スプレッドの低さも魅力的です。是非登録をオススメします。

口座開設の選択は、”メタトレーダーILC口座”を選択しましょう。

自動売買を行う流れ

またご参考として、WSFRを用い、FXの自動売買を行うためのおもな流れを簡単に解説していきたいと思います。

①口座開設

口座開設は上述の例に習います。TradeViewがおすすめとなります。

②VPS開設

自動売買を行うためには、24時間PCを起動させておく必要があります。

そのPCをVPSと呼ぶのですが、自分のPCを24時間起動させていても問題アリません。ただしサーバーの位置関係から約定速度に問題が生じるなど細かい部分での差が出てくることは確実ですので、普通は海外のPCを借りてトレードを行います。

とりわけWin-VPSは非常に安価なので、こちらがおすすめです。(プランは検証の末、シルバープラン以上が必須といっていいかと思います。)→解説記事

※エラーが出る場合は、こちらからお進みください。

③自動売買ソフトの購入

最もおすすめはWSFRですが、その他にはDIAMONDが筆頭格です。

VPSを設置し終わるとWindows環境になるので、あとは直感的に操作をすることが可能です。

まずはTradeViewのMT4/EAソフトをインストールして実行します。(XMのMT4はこちらからDLします)
そしてWSFRなどのEAソフトはインストーラーファイルになっていますので、そのままインストールすればOK。

EA設定を行う

MT4を開き、トレード対象通貨を開きます。そこで使用したいソフト右側のツールバーからドラッグアンドドロップすれば、設定完了となります。動かない場合は各種チェックが入っていない場合がありますが、それほど難しい設定は必要ありません。

トレード時間の設定(Friday-Exit)や指標発表時のトレードストップなどについての設定は、当サイト経由でWallStreet Forex Robotをご購入された方にお送り致します。

購入された方は、フォームよりご連絡ください。購入が確認できましたら、設定方法をお知らせ申し上げます。それでは、良きシストレ生活を!

【注意事項】
FXのEA(システムトレード)運用に関する結果は、XMおよびTradeview口座を用いた結果であり、それ以外のブローカーについて同等の性能を保証するものではございません。また、投資には相応のリスクが存在していますので、最終的なご判断は、あくまで自己責任で行って下さい。
pips獲得高は、Myfxbookのデータに基づく正確なものでありますが、利益計算は、手数料やレート換算等を除いたおおまかな数値です。

株・マネー

【第17回】BO(バイナリーオプション)攻略法実践記 +73,000円!ハイローオーストラリアでのデモトレード記録~5分足戦略~【1/25】
ハイローオーストラリアのデモトレード、16日目の結果です。 第16回から新戦略を採用しています。 →戦略の概要等はBO1日目をご参照ください。 16日目(2016/1/26)結果 ※1回あたり5万円で投資 ※収支0はドロー ※TCはトレーダーズ・チョイス 日付 時間 通貨ペア ベット 損益 TC 2016/1/27 10:42:10 USD/JPY down ¥41,000 48 2016/1/27 10:48:09 USD/JPY up ¥-50,000 50 2016/1/27 11:16:10 EUR/USD up ¥41,000 46 2016/1/27 11:52:21 EUR/USD up ¥41,000 45 損益:+73,000円  4戦 3勝 勝率 75%(引分けは母数から除く) 今日のポイント 特に無し 考察 今日はギリギリのトレードだったので、安心はできなかったです。 ただし勝率ベースでいうと上々

続きを読む

【第16回】BO(バイナリーオプション)攻略法実践記 +292,000円!ハイローオーストラリアでのデモトレード記録~5分足戦略~【1/25】
【第15回】BO(バイナリーオプション)攻略法実践記 -230,000円!ハイローオーストラリアでのデモトレード記録~1分足戦略~【1/25】
【第14回】BO(バイナリーオプション)攻略法実践記 +30,000円!ハイローオーストラリアでのデモトレード記録~1分足戦略~【1/22】
【第13回】BO(バイナリーオプション)攻略法実践記 +30,000円!ハイローオーストラリアでのデモトレード記録~1分足戦略~【1/21】

「バイナリーオプション~攻略研究~」記事をもっと見る

バイナリーオプション~攻略研究~ 人気記事

記事が見つかりませんでした。